伝統的なレシピ

トナカイは本当に何を食べますか?

トナカイは本当に何を食べますか?

にんじんを忘れて、サンタの小さなトナカイのために苔をバストアウトしてください!

ルドルフが今年本当に望んでいるものを見つけてください

文字通り一晩中世界中を旅した後、サンタはさまざまなクッキーの盛り合わせを試食して見る機会がありました。彼があなたの場所に到着するまでに、彼は100万をはるかに超えるクッキーをサンプリングしたと言っても過言ではありません。しかし、彼の愛らしい仲間はどうですか?サンタが火事でいっぱいになる間、一晩中押して飛んでいる人たちは、冷たい屋根の上に一人で残されましたか?かわいそうなトナカイは、クリスマスイブのおやつになると忘れられたり、サンタが実際に退廃的に入浴している間、食欲をそそるニンジンでいっぱいのボウルを与えられたりします。

あなたにあまりプレッシャーをかけないでください、しかし貧しい動物はあなたの子供を彼らができる最高のクリスマスにするために世界中で跳ね回っています。あなたは彼らが実際に欲しいいくつかの素晴らしい食べ物を彼らに与えるだけではないのは彼らのおかげです。トナカイやカリブーが、食べていると思われる果物や野菜に遭遇したかどうかは確かですが、鼻を上に向けることはありません。しかし、そのような上質な食事の贅沢は、野生にはあまり存在しません。彼らのパレットは、退屈な古いニンジンよりもはるかに明確です。

きのこを例にとってみましょう。トナカイは確かに彼らにshiitakスタイルを要求しませんが、これは彼らが実際に野生で遭遇するものであるため、彼らはセロリよりも彼らに完全に感謝します。広いオープンスペースが利用できる地域に住んでいる場合は、子供たちと一緒にトナカイの餌を集めるための採餌旅行を計画するのは楽しいかもしれません。あなたが完璧な一口を見つけるのを助けるために、私たちは彼らが食べるのが好きな食べ物のいくつかのリストをまとめました。付属のスライドショーで彼らが切望しているものをチェックしてください!


春の35の最高のルバーブレシピ

ミニハンドパイからマフィン、クラシックなクリスプまで、ルバーブの使い方は無限にあります。

それらの特徴的なピンクの茎が食料品店の通路にぶつかるとき、春は本当にここにあります。早い時期に始めて、余分なものを保存し(ルバーブを冷凍する方法については以下を参照)、この春野菜を使ったおいしいデザートとおいしいメインをできるだけ多く作ることで、短いルバーブの季節を最大限に活用してください(はい、それは野菜です) 、それはしばしば果物のように使用されますが)。私たちのお気に入りのルバーブレシピからインスピレーションを得て、それを保存する方法を含む、ここでルバーブについてもっと読んでください:


Akutaq&#8211エスキモーアイスクリームの歴史とレシピ

アラスカの先住民(先住民)は、Akutaq(エスキモーアイスクリームとしても知られています)と呼ばれる独特のバージョンのアイスクリームを持っています。私たちが知っているクリーミーなアイスクリームではありませんが、トナカイの脂肪や獣脂、アザラシの油、新たに降った雪や水、新鮮なベリー、そして時には挽いた魚から作られた調合です。空気は手で泡立てられ、ゆっくりと冷えて泡になります。彼らはこれを北極の御馳走akutaq(ah-goo-duck)、aqutuk、ackutuk、またはEskimoアイスクリームと呼んでいます。 Akutaqは、それらを混ぜ合わせることを意味するユピク語です。

これは、アラスカ先住民が何千年もの間繁栄してきた珍味です。このレシピは、はるか昔に先住民が生き残るために作ったもので、特別な旅行用食品として使用されていました。ハンターが狩りに出かけたとき、彼らはアクタックを持ってきました。

女性たちは伝統的に、ホッキョクグマやアザラシを最初に捕まえた後にエスキモーのアイスクリームを作りました。女性(祖母またはハンターの母親)は、特別な儀式の際にakutaqを準備し、コミュニティのメンバーと共有しました。

Akutaqは、ムースの肉と脂肪、カリブーの肉と脂肪、魚、アザラシの油、ベリー、その他のアラスカのもので作ることもできます。女性は伝統的にホッキョクグマやアザラシを最初に捕まえた後にアクタックを作りました。伝統的に、それは常に葬式、鍋の掛け金、男の子の最初の狩りのお祝い、または他のほとんどすべてのお祝いのために作られました。デザート、食事、おやつ、スプレッドとして食べられます。

今日、エスキモーのアイスクリームは通常、獣脂の代わりにクリスコのショートニングで作られ、レーズンと砂糖が時々加えられています。アラスカの住んでいる地域は通常、使用されるベリーを決定し、各家族は通常、エスキモーアイスクリームのお気に入りのレシピを持っています。エスキモーのアイスクリームを作るのに使われるベリーの選択は一生の決断だと言われています。他の人が作ったフレーバーを食べても大丈夫ですが、複数の種類を作っていることに気づいたら、社会的地位をすべて失うことになります。

北極圏の人々は、お気に入りの料理をcheechakos(アラスカの新参者)に提供するのが大好きです。ゲストが好きな食べ物を試してみると、イヌイットは自分たちの文化を共有することに誇りを感じます。最初は、ホストは拒否を恐れて食べ物を提供するのを恥ずかしがり屋かもしれません。あなたがゲストであり、いくつか提供されている場合(おそらく最初にゲストとして提供されます)、少なくとも少量を試してください。 &#8220yucks&#8221やその他の嘲笑の言葉を表現しないでください。あなたが本当にこの珍しい食べ物を食べることに自分自身を連れて行くことができないならば、サービングを受け入れて、部屋の中で最も年上の人を見つけて、彼または彼女に食べ物を提供してください。これは、あなたが良い味ではないにしても、良いマナーを持っていること、そしてあなたがあなたの年長者を尊重していることを示します。それからすぐに皿をつかんで、あなたが食べることができるものでそれを満たします。エスキモーのアイスクリームを試す人のほとんどは、美味しいと言っています。


ジゼル・ブンチェンとトム・ブレイディが実際に1日に食べるもの

ネタバレ:彼らが何のリスト しないでください 食べるのはずっと長いです。

ジゼル・ブンチェンとトム・ブレイディは、驚くべき体を持っているが、ハンバーガーやがらくたのように食べることを誓うカップルの1人だと思っているなら?ええ、違います。もう一度考えてみて。遺伝的に才能のあるカップルの元パーソナルシェフであるアレンキャンベルは、カップルが実際に1日に何を食べるかについて語りました。そして、彼は文字通りそして比喩的に何も砂糖でコーティングしていません。

体を揺さぶるのに何が必要か知りたいですか?パワーカップルのオーガニック、80%野菜、20%赤身の肉の食事を構成する主食をチェックしてください。しかし、それはデュオが何であるかかもしれません しません それが最も衝撃的なものを食べなさい。

後で使用するために固定することを忘れないでください!

OK、それでこれはそれが複雑になるところです。ジゼルと子供たちは果物を食べますが、トム?それほど多くはありません。キャンベルによれば、「彼はスムージーでバナナを食べるでしょう。しかしそうでなければ、彼は果物を食べたくないのです」。どうやらトムは野菜を好む。

しかし、特定の野菜だけがブレイディのためにカットをします。キャンベルは、ナス科植物は抗炎症作用がないと主張しているため、クォーターバックトマト、ピーマン、マッシュルーム、ナスは提供しません。

「トマトは時々滴りますが、たぶん月に一度だけです」とキャンベルは言います。 「私はトマトに非常に注意しています。トマトは炎症を引き起こします。」

シェフは可能な限り新鮮な食材を手に入れることに専念しており、時には1日2回食料品を買いに行きます。

ジゼルはキッチンで少し手伝い、息子のベニーが学校に行くための昼食を作ります。 「彼女はそれを自分で詰め込みます」とキャンベルは言います。しかし、彼女は青汁の熱狂的ファンでもあり、Instagramに投稿する前に、果物や野菜の飲み物を自分のために、そして明らかに彼女の小さな子供たちのためにむち打ちしています。

コンフォートフードと言えば、フライドチキンやチリが思い浮かぶかもしれませんが、ジゼルとトムにとって、コンフォートフードはキノアや玄米などの全粒穀物です。

「私はボウルで食事を提供することがすべてです。私はこのキノア料理をしおれた緑でやっただけです。ケールまたはスイスチャードまたはビートグリーンを使用します。ニンニクを追加し、ココナッツオイルでトーストします。次にトーストしたアーモンドまたはこのカシューソースを追加します。ライムカレー、レモングラス、そしてほんの少しの生姜が入っています。それは彼らにとってただの快適な食べ物です」とキャンペルは言いました。

彼はまた彼らに生のラザニアを提供しました。それが正確に何を意味するのかはわかりませんが、レシピを見てみたいと思います。

ジゼルのInstagramの投稿によると、彼女は毎朝、レモンを入れたお湯を1杯飲むことから始めます。したがって、彼女の水分補給ルーチンでさえ、私たちのルーチンよりもはるかに進んでいます。

カップルは赤身の肉に固執しますが、20パーセントの時間しか食べません。キャンベルのおすすめには、牧草飼育のオーガニックステーキ、アヒル(まれですが)、チキン、ワイルドサーモンなどがあります。


トナカイが赤い鼻を持っている科学的理由

一部のトナカイは、皮膚の表面近くに血管が密集しているため、実際に赤い鼻を持っています。画像提供:Kia Krarup Hansen

1939年、イラストレーターで子供向けの本の著者であるロバートメイは、赤鼻のトナカイのルドルフを作成しました。キャラクターは瞬く間にヒットし、5月の小冊子の8億2,125万部が、1年以内に配布されました。今後数十年で、ルドルフの歌とストップモーションTVスペシャルが、大切なクリスマスの伝承の規範に彼を固めました。

もちろん、物語は神話に根ざしています。しかし、実際には、私たちのほとんどが認識しているよりも多くの真実があります。トナカイの一部&#8212科学的に知られている鹿の種&#160トナカイtarandus、アラスカ、カナダ、グリーンランド、ロシアの北極圏に自生し、&#160スカンジナビア&#8212実際には、独特の赤い色合いで着色された鼻があります。

さて、ちょうどクリスマスに間に合うように、オランダとノルウェーの研究者グループが、この珍しい色の理由を初めて体系的に調査しました。彼らの研究は、昨日オンライン医学雑誌に掲載されました&#160BMJは、極端な環境で血液を供給し、体温を調節するために鼻に詰め込まれた、非常に密集した血管の配列による色であることを示しています。

&#8220これらの結果は、ルドルフの伝説的な明るい赤い鼻の固有の生理学的特性を強調しています。&#8221研究の著者を書いています。 &#8220&#160は、そりに乗っているときの凍結から保護し、トナカイの脳の温度を調整するのに役立ちます。これは、極端な温度でサンタクロースのそりを引くトナカイの飛行に不可欠な要素です。&#8221

明らかに、研究者たちはトナカイが実際にサンタクロースを引っ張って世界中に贈り物を届けないことを知っていますが、毎年さまざまな気象条件に遭遇しているため、高さを届けるためにこのような密な毛細血管のベッドが必要になる可能性があります血の量。

調査結果を得るために、科学者たちは、2人のトナカイと5人のボランティアの鼻を、個々の血管と血流をリアルタイムで見ることができる携帯型ビデオ顕微鏡で調べました。彼らは、トナカイの鼻の血管の濃度が平均して25%高いことを発見しました。

また、トナカイをトレッドミルに乗せ、赤外線画像を使用して、運動後に体のどの部分が最も熱を放出するかを測定しました。鼻と後ろ足は、トナカイにとって比較的高温の75&#176F&#8212に達しました。これは、このすべての血流の主な機能の1つが温度の調節を助け、大量の血液を動物が過熱すると表面になり、その熱が空気中に放射される可能性があります。

赤外線画像では、トナカイの鼻(矢印で示されている)が特に赤く表示されています。これは、その温度調節機能を反映しています。 Inceet。による画像al。


王室が実際に食べるものについての宮殿のシェフ

上司を喜ばせるのは難しいと思いますか?正確には、家族全員、つまり王室のためにフルタイムで料理をしてみてください。 10年余りの間、英国人シェフのキャロリン・ロッブはまさにその挑戦をしていました。

Rackedは公開されなくなりました。長年にわたって私たちの作品を読んでくださった皆様、ありがとうございました。アーカイブは、新しいストーリーのためにここで引き続き利用できます。Vox.comにアクセスしてください。ここでは、スタッフがVoxによるTheGoodsの消費者文化をカバーしています。こちらからサインアップして、現在の状況を確認することもできます。

ロブはケンジントン宮殿の厨房で王室のキャリアを始めました。そこで、1989年から2000年まで、彼女はチャールズ皇太子、ダイアナ妃、ウィリアム王子とハリー王子に食事を与えました。

ロイヤルシェフのキャロリン・ロッブ。写真:ロイヤルタッチ

ケータリングとパーソナルシェフとして宮殿を離れた後、ロブはついに自分の料理本を書きました。タイトル 「ロイヤルタッチ," それは今日棚にぶつかり、王室との彼女の時代からのお気に入りのレシピが含まれています。 RackedはRobbとチャットして、彼女がどのようにギグを手に入れたか、どの材料が冗長であるか、そして若いハリーとウィリアムにスパゲッティを作るように教えるのはどのようなものかを調べました。

一体どうやってケンジントン宮殿に就職したのですか?

私がロンドン郊外のコルドンブルークッカリーにいたとき、ケンジントン宮殿で、女王のいとこであるグロスター公爵夫人と一緒に仕事が始まりました。そのために面接に招待されました。私は仕事を得て、彼らはウェールズの王子と王女のすぐ隣に住んでいました(宮殿で、彼ら自身のアパートで)。公爵と公爵夫人のために約18か月間料理をした後、チャールズ皇太子とダイアナ妃が夕食に来ました。その後まもなく、私は彼らと一緒に仕事を提供されました!私は適切なタイミングで適切な場所にいました。

宮殿でしか料理をしませんでしたか?

彼らがどこにいても、私は行って料理をしたので、ケンジントン宮殿のハイグローブにある彼らのカントリーハウスに行きました。彼らはたくさん旅行したので、たくさんの食べ物を詰めたり移動したりしました。ロンドンで昼食をとり、スコットランドで夕食をとったかもしれません。計画を立てるために、私たちは本当に組織化され、少し先を行く必要がありました。

ダイアナからの手紙。写真:ロイヤルタッチ

絶対に作らないと言われたことはありますか?

禁じられていたのはにんにくだけでした。そしてその理由は、彼らが明らかに多くの公的関与を行い、人々の近くにいて、ニンニクを食べたくなかったからです。

彼らの好きな食べ物は何でしたか?

チャールズ皇太子は彼の狩猟からゲームをするのが大好きでした。ハイグローブでは、彼らは自分たちで果物や野菜を栽培していたので、ほとんどすべてが自家製でした。それは彼が何よりも好きだったようなものでした—庭からのもの、不動産からのもの。彼とダイアナ妃はどちらも本当に健康的な食事をしていました。

あなたは彼らがトリムを維持したことを確認するためにカロリーを数える必要がありましたか?

いいえ、そのようなことは何もありません。しかし、それはすべて自家製であるという点で健康的な食事でした。パン、パスタ、アイスクリーム、マヨネーズなどの材料はすべてゼロから作られました。シェフとして、あなたがその種のことをすることができる仕事にいることは本当の特権です!

料理はとても豪華だと思いますか?

驚くべきことに[ない]。製品の多くは庭から来ました。子羊は地所から来て、牛乳は地所の牛から来ます。キジとゲームは無料で撮影されたので、野生のキジは一年中選んで使用していました。それは非常に経済的で、キッチンの運営方法でした。もし私たちが楽しませていたら、もっと贅沢なことをするでしょう。

食事はどんな感じでしたか?何かのような正式なイベントを描いています ダウントンアビー.

それは依存しました。もし彼らが面白かったなら、そうです、それはあなたと私が持っているよりもはるかにフォーマルでした:執事が食事をテーブルに出し、食べ物は銀の大皿にありました。しかし、それが夕方の2人分のハイネスの食事だけだったとしたら、それははるかに非公式でした。それはおそらく火の前のトレイに座っているでしょう。

超贅沢な食材を使ったことはありますか?

[彼らの]食べ物に対する多くの人々の印象は、いつものキャビアのように、それが高級であるということです。しかし、彼らは本当にそのような食事をまったくしていませんでした。彼らが家にいたとき、彼らは本当にシンプルで新鮮な自家製の食事を好みました。でも、野生のキノコのようなものがありましたが、実際にはスコットランドの土地で選びました。毎年夏に出かけて、それらを選んで乾燥させ、冷凍して、一年中持っていました。キャビアやトリュフをプレゼントすることもあったので、それを使いましたが、絶対に買いませんでした。 [チャールズ皇太子]がそのようなことを意識していたのは、人々を驚かせるかもしれないと思います。

王室がタッパーウェアに残り物を詰め込んでいるのは本当ですか?

はい、王子は非常に経済的で、無駄になるものは何もないと非常に信じていました。残り物があった場合、それらは何らかの方法で使用されます。彼がいなければ、次の日に再ハッシュして食事に使用しました。しかし、私たちは常に非常に注意を払いました。彼は皿に大量の食べ物を入れたくなかったのです。彼らは常に非常に倹約的で経済的でした。子羊のローストを作って残り物があったら、次の夜にシェパーズパイを作りに行くでしょう。

ハリー王子とウィリアム王子について話してください。彼らは子供の頃、好き嫌いがありましたか?

彼らは驚くほど良かった。ダイアナ妃は彼らが何を食べるかを決めた人でした。すべての子供たちと同じように、彼らは好きなものを食べましたが、ローストチキン、シェパーズパイ、自家製の白身魚のフライを食べました。そしてかなり早い段階で、彼らはゲームを食べ始めました。幼い頃、彼らは男の子たちにみんなが食べていたものを食べさせようとしました。そうすれば、後の人生で彼らは外に出て、奇妙で素晴らしいものを食べる奇妙で素晴らしい場所にいることができます。

あなたは女王のために料理をしましたか?彼女は何が好きでしたか?

はい、何度かやりました。彼女はハイグローブで昼食をとり、バッキンガム宮殿でいくつかの主要なチャリティーイベントに参加しました。彼女はかなりシンプルで伝統的な英国の食事をしていると思います。ある時キジを料理したのを覚えています。チャールズ皇太子のように、彼女は自分の土地の1つからの農産物や自家製のものを食べることを楽しんでいました。

女王のために料理をするのは怖かったですか?またはダイアナ妃?

はい、本当に恐ろしいことでした。しかし、あなたはすべてが完璧であることを確認するために一生懸命働いているので、本当に緊張する時間はありませんでした。

大規模な混乱があったことはありますか?

いいえ、大きな災害はありません。かつて、ウェールズの城に行ったことがありましたが、その城には行ったことがありませんでしたが、すべての材料と備品を持ってくるために、そこに着く前にメニューを計画する必要がありました。私がそこに着いたとき、キッチンは絶対的なほうきの戸棚でした—そしてダイニングルームから長い散歩でした。しかし、私たちが正式な夕食を食べたので、明らかにメニューはすでに決定され、印刷されていました。私は最初の夜にメニューにスフレを食べました、そしてそれらがオーブンからテーブルにまっすぐに行かなければならないので、そのようなものは悪夢になる可能性があります。私は執事に文字通り廊下を駆け下り、スフレをテーブルに運び込もうとしました。これらの古い城の1つを訪れて、ダンジョンに身を置くまで、あなたは実際にそれに夢中になっているとは思いません。

かつてはどこの真ん中の畑のテントで大きなチャリティーイベントがあり、機材を借りてこれらの巨大なオーブンを持っていました。デザートを出そうとすると、取っ手が折れて出せませんでした!私たちは、10分で何か他のものをすばやく一緒に投げようとするために少し気が狂ったダッシュをしました。

王室にそのような人はいますか 欲しかった 料理する?もしそうなら、彼らはそうすることができましたか、それともそれは選択肢ではありませんでしたか?

はい。キッチンはそこにあり、彼らが望むなら彼らは料理をすることができたでしょう。男の子たちは幼い頃、キッチンに来るのが好きで、クッキーやメレンゲなどを一緒に作りました。彼らが年をとるにつれて、彼らは大学でさえ、料理を学ぶことに本当に非常に興味を持っていました。彼らは15歳のときにキッチンを利用できたと思います。週末に学校から帰ってきたとき、スパゲッティボロネーゼの作り方や自分で作ることを許可された他のレシピを教えてほしいと頼まれました。ほとんどの場合、彼らは自分で料理をしませんでした。

ケイトの現在のロイヤルシェフについて何か知っていますか?

私の知る限り、彼らには現在シェフがいません。彼らは小さな世帯を持っており、自分で身を守ることができます。彼らはおそらく、できる限りそれをやりたいと思うでしょう。執事や乳母がいて料理をしていると、それは本当に変わるので、通常の家族生活を送ってください。家はもはやあなた自身のものではありません。彼らは普通の家庭生活を送りたいと思っていると思います。

待って、ケイトは家族のために料理をしているのですか?

はい、ケイトは現在かなり多くの料理をしています。彼女は王族ではないことを覚えておく必要があります。彼女は通常のバックグラウンドと通常の家から来ており、いつも自分で料理をしています。そして、私がいつも聞いているのは、ウィリアムは家族と一緒に時間を過ごすことを楽しんでいるということです。なぜなら、彼らは普通の家族のように台所のテーブルで一緒に食事をするからです。それが彼らが今でもしていることだと確信しています。


トナカイについて知らなかった7つのこと

「トナカイが人々の心を占領し、セーターを飾る季節です。しかし、これらのカリスマ的なサーバインは、休日のアイコン以上のものであり、文化的に重要でありながら奇妙な北極圏の動物です。ここに、トナカイである独特の生き物についてのいくつかの驚くべき事実があります。

1.クリスマスの漫画は物事をすべて間違った

1964年の古典的なアニメーション映画では、赤鼻のトナカイのルドルフは薄く、茶色で弱虫です。

ほとんどのクリスマスデコレーションはトナカイを同じように描いていますが、これらの描写は実際のトナカイよりも他の鹿種の融合に近いものです。

トナカイには14の亜種があり、そのうち2つは絶滅しています&#8212で、漫画の亜種とはまったく異なります。色やサイズはさまざまですが、トナカイは常にずんぐりしていて、首が太く、ひづめが大きく、鼻が四角いです。

10月から11月にかけてのオスのトナカイの変身。

2.トナカイはカリブーと同じ種です。

&#8220トナカイ&#8221は&#8220caribou、&#8221は&#8220donkey&#8221は&#8220ass。&#8221です。これらは同じ動物ですが、トナカイという言葉は、ロバのように、飼いならされた動物や半家畜化されたもの。それでも、雄大なカリブーを見たことがあれば、その種、Rangifer tarandus&#8212またはトナカイを見ていました。

3.メスのトナカイには枝角があります。

枝角は枝角で、毎年脱落して成長します。これらの装飾品は、ムースとエルクを含む鹿の家族専用です。

鹿は性的二形性を示します。つまり、オスとメスは別々の識別可能な身体的特徴を持っています。ほとんどの鹿では、異常がなければ、オスには枝角があり、メスには枝角がないことを意味します。一部の鹿の種には枝角がまったくありません。

しかし、トナカイは雌が枝角を持っている唯一の鹿種です。

12月から2月にかけてのオスのトナカイの変身。

4.彼らの目は夏と冬に変わります。

トナカイは主に北極圏に住んでおり、冬は夏よりも大幅に寒くて暗いです。トナカイのひづめは暖かい季節には柔らかくなりますが、冬になるとひづめが硬く鋭くなり、氷を突破して植生を探します。

光のレベルの季節変化の結果として、トナカイの目は順応します。彼らのタペータム&#8212虹彩の後ろの目の部分&#8212は、夏の金色から冬の青に色が変わります。ただし、動物の目に光を当てない限り、この変化に気付くことはありません。

トナカイはまた、夏にふわふわの冬のコートを脱ぎます。オスとメスはどちらも枝角を落とし、毎年成長させますが、季節は異なります。

5.トナカイフロート。

糖尿病研究者のAndyKarterは、ノルウェーに住み、トナカイを10年間放牧していました。気温が非常に低かったため、衣類には暖かい素材が必要でした。それで彼らはトナカイの皮で頭からつま先まで服を着せたと彼は言った。

トナカイには2層の毛があり、密な下塗りと上層の中空の毛があるため、皮膚はとても暖かいです。空気で満たされた髪は「コルクのように浮かんでいる」とカー​​ター氏は語った。これは移動に役立つ。一部の人口は最大3,000マイルを移動し、途中で長距離を泳ぎます。人々はライフジャケットを埋めるためにトナカイの毛を使ったことさえあります、とカーターは言いました。

3月から5月にかけてのオスのトナカイの変身。

6.トナカイは家畜のスイスアーミーナイフです。

スカンジナビア出身のサーメ人にとって、トナカイの放牧は遺産と経済の主要な部分です。彼らは、北極圏および亜北極圏の他の先住民とともに、主に肉のためにトナカイを飼育し、それを食べて販売しています。

「彼らは多くの先住民文化の生命線です」とカーターは言いました。 「それは単にお金を稼ぐ方法ではなく、ライフスタイルです。彼らは群れの周りに住んでいて、群れと一緒に住んでいます。 [トナカイは]彼らの文化にとって非常に重要です。」

伝統的に、トナカイは牛乳、皮、毛皮、血液にブラッドソーセージを作るために使用され、そりにはシヌーが使用されていました。サミはナイフの柄や道具に枝角を使います。他の亜種よりも大きいシベリアのトナカイに乗る人もいます。

しかし、現代のトナカイの収穫によって状況は変わりました。

「現在、トナカイは認定された食肉処理場で屠殺され、切り上げはヘリコプター、オートバイ、スノーマシンで行われます」とカーター氏は述べています。 「それは高度に組織化されています。彼らはまだフリーレンジの伝統を保持していますが、ほとんどの場合。」

7.気候変動は、トナカイとそれに依存する人々に害を及ぼしています。

トナカイは「ハナゴケ」を食べ、冬には地面の氷の中を足で餌を探す必要があります。

気温が高くなると、氷が溶けて水が露出します。水が蒸発し、空気が湿り、雨が降ります。 2013年には、前例のない降雨がシベリアの地面を覆い、凍りつき、動物が突破して食べることを非常に困難にしました。代わりに、それらの60,000人が飢えて死にました。 2006年にも同様の状況が発生し、2万人が死亡した。 11月の調査では、これらのイベントを気候変動に関連付けました。

7月から8月にかけてのオスのトナカイの変身。

シベリア政府は、今年のクリスマス前に25万頭のトナカイの処分を提案しました。当局は、これらの殺害は動物の過密を減らすために行われていると主張している。彼らは、食物への十分なアクセスがない動物が多すぎること、そして動物の密度が潜在的に病気を広める可能性があることを心配しています。トナカイの放牧者は、エネルギーへの関心が殺害の根源にあると主張しています。

上:ケアンゴームの群れのトナカイは、2014年12月14日にスコットランドのケアンゴーム国立公園で餌を与えられるのを待っています。 —トナカイは、1952年にスウェーデンのサーミ人トナカイ飼育者であるMikelUtsiによってスコットランドに紹介されました。ほんの数頭のトナカイから始めて、群れは今では何年にもわたって数が増えており、現在、繁殖を制御することによって約130頭になっています。ジェフJミッチェル/ゲッティイメージズによる写真


トナカイフードバッグトッパーのみを購入する

SNOWMAN SOUP BAG TOPPERもお気に召すかもしれません!

マジックトナカイフードをお子様のクリスマスイブボックスに追加しましょう!とても楽しいです!


北極圏では、トナカイは栄養と神聖な存在です

動物を飼育している先住民のコミュニティにとって、死にゆく料理の伝統を守ることは、単に食べることだけではなく、長年の生き方を守ることでもあります。

北部サーミ語、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドの最上部で話されている言語、 eallu 群れ、より正確には、 NS 群れ—常に、話者がその生活に依存しているトナカイの群れ。 400〜500語を使用して、ロープに抵抗する勇敢な女性から、色、胴回り、姿勢、人生の段階、枝角の分岐パターン、さらには平均律によって、群れ内の各動物を選び出すことができます(njirru)ひづめが地面からほとんど離れないプロダーに(slohtur)フリンジでホバリングして、独自の助言を維持するものに(ravdaboazu)。これが詩的であるということは偶然であり、生き残るために不可欠なのは最初の知識です。語源的には、「eallu」はウラル祖語の語源を介して親族です エラ、 に ealat、牧草地と放牧に適した条件の両方を含み、 eallin:ealluとealatが可能にする人生。

何世紀にもわたってトナカイを飼育してきたサーミ人を含む29人の先住民がいます。動詞は人間を権威の位置に置きますが、群れに提出することは多くの方法であります:動物の口述を受け入れること。 「私たちは彼らをフォローしますが、彼らは私たちをフォローしません」と、ノルウェーの小さなサミ村、Guovdageaidnuに拠点を置く世界トナカイ牧畜業者協会(W.R.H.)の47歳の事務局長であるAndersOskalは言いました。何人かの遊牧民は、土壌の地下が一年中凍ったままである樹木のないツンドラを横切ってトナカイを追いかけ、他の遊牧民は、北極圏のすぐ南(66度、北34分)の数千マイルの湿地原生林であるタイガを通ります。厳しい冬と地球上で最も低い気温のいくつかに。これには、1933年にシベリア東部のオイミャコンで華氏マイナス89.9度まで下がったと報告されており、イブニーは雪がちりばめられた群れの世話をしています。 「銃声のような音で木が爆発し、息を吐き出すレベルが、結晶のちらつきで地面に落ちます。」

そのような場所は、少なくとも温暖な気候に劈開する人々の観点からは、人間にとって住みにくいと見なされることがよくあります。しかし、最も高い緯度で家を建てる人々にとって、歴史的に環境とその中に巻き込まれていない生活との間の区別はあまりありません。周極星文学のアメリカの学者であるキャスリーン・オスグッドが指摘しているように、サミのコア語彙における「風景」の西洋の概念に対応する用語はありません。これは、現代性を容易にするために野生を認めたポストラプサリアンだけが、自然との一体感を、必要性から解放された難解な古代の知恵と見なすだけで、単純に実用的です。アメリカの環境史家ウィリアム・クロノンは、1995年のエッセイ「荒野のトラブル」で、自然をロマンチックにすることに対して、まるで私たちから離れているかのように警告しました。 」は、「倫理的で持続可能なものを発見するという希望はほとんどありません。 立派な 自然界の人間の場所は実際には次のように見えるかもしれません。」

私たちが食料の供給源から遠く離れて成長した世界の一部では、近年、私たちが望むものを単に取り、残りを捨てるだけでなく、鼻から尾まで食べるという考えが多くなされてきました。持続可能性の指針の1つが無駄を最小限に抑えている場合、トナカイほど完全に、そして長い間、尊敬されている動物はほとんどいません。その骨は、パリのすぐ南にあるセーヌ川沿いの12、000年前のキャンプ場に散らばっています。寒さのために作られ、厚いアンダーコートと中空のチューブのような外毛によって暖められ、空気を閉じ込めて氷の湖や川を泳いで泳ぎ続けます。牧草地が雪に覆われ、一見不毛に見えるとき、それはひづめを使って埋められた地衣類、ハーブ、草を発掘します。ツンドラとタイガでは、毛皮と皮が衣服、毛布、テントに縫い付けられ、その枝角は縫い目として、枝角はナイフの鞘に研ぎ澄まされています。 (タイガの遊牧民は、四肢の時を除いて飼いならされたトナカイを食べませんが、牛乳を飲んで乗って、野生のトナカイを狩ります。)遊牧民とトナカイの関係は単に相互関係ではなく、共生しています。イヌイットのクジラやラコタの水牛のように、動物は同時に日常の事実であり、神聖な存在です。象徴的にはそうではありませんが、神聖なものはすべてのものに内在し、世界、土地、そしてそれの人々。

今日でも、多くの遊牧民にとって、トナカイは毎日の食事です。その胃は、洗浄されて逆さにされ、調理用の鍋または肉や椎骨のブラケットを保存するための貯蔵容器になる可能性があります。そのミルクはヨーグルトとチーズのために酸っぱいです。肉は赤身で子牛のようにマイルドで、清潔で繊細で、牧草地や山の泉の味がします。 It might be flash-frozen raw and shaved fine, barely melting in the mouth or hung to dry, smoked, fried, baked in embers or boiled with little more than salt, rye flour, and a crumble of dried, tart cloudberries in shades of orange and red, bearing precious vitamin C. Almost every part of the animal is eaten, not just the great tenderloins but the creamy thymus, the trachea cut in rings, the hooves simmered until they leach jelly, the eyes submerged in soup, the mineral-rich blood reserved for sausages and pancakes and as a dip for raw meat, or drunk warm after a fresh slaughter. To the Nenets, who live on the West Siberian Plain, the heart is revered and must never be cut against the grain or eaten raw. One rule is universal: No one eats the tip of the tongue the Sami believe it will make you lie.

When we say that what we eat tells us what we are, in keeping with the 19th-century adage of the French epicure Jean Anthelme Brillat-Savarin, most of us speak nostalgically. We might see in ourselves a sum of remembered tastes, each conjuring a time, place, childhood or heritage. For the reindeer herders, food is more immediate, its pursuit an organizing principle of life in spartan regions where vigilance determines survival. These dishes are almost impossible to recreate outside the conditions from which they came. And those conditions are changing: Surface air temperatures are rising faster here, at more than twice the global mean, altering growing seasons, greening the tundra and inviting nonnative species to thrive and compete for the limited resources. The permafrost is thawing, turning summer pastures to sludge. Winter rains sometimes freeze into a shield of ice that the reindeer can’t break through to reach the lichen — itself receding as the soil gets warmer, encouraging shrubs that cast shadows over the lichen, depriving it of sunlight — and so the animals starve. Grazing lands are further threatened by industrial logging, hydroelectric dams, wind farms and roads by mining for nickel, platinum, diamonds and palladium, ironically a key element in combating climate change, used in making catalytic converters for automobiles to cut down on toxic emissions and by drilling for oil and natural gas. (Arctic fields account for a tenth of the world’s existing reserves, along with estimated billions of barrels of oil and trillions of cubic meters of natural gas as yet untapped.)

In the past two decades alone, the reindeer population has declined by more than half, to 2.3 million in 2019. And only a fraction of those descended from the original reindeer-herding peoples still work with the animals that kept their ancestors alive. In their number are thousands from the Sami, along with the Chukchi, Evenki, Eveny and Nenets in Siberia. But among the Soyot and Tofalar, near Lake Baikal, only a few dozen remain and among the Kets in the Yenisei River Basin and the Negidal on the Sea of Okhotsk, almost none at all.

AT ONE IN the afternoon in late September, the sky was pale over Guovdageaidnu, at 69 degrees north. Oskal carried his laptop to the window of his office to show me the view, all the way in New York. He wore a gakti (tunic), royal blue with appliquéd red ribbons, their patterns and placements a kind of heraldic device, designating his family and siida, a community and geographic unit that includes both the physical area covered by his clan’s herds and the relationships of the people within it. The leaves have fallen, he told me. Each night the sun is quicker to bed. But when I asked him when it would stop rising entirely, when the dayless days would begin, he furrowed his brow and for a moment couldn’t remember, despite having spent his entire life above the Arctic Circle. December? January? “We just live it,” he said. He tapped the top of his wrist, which was bare. We think of time differently here, he explained: “Time is not passing. Time is coming.” When you work with the herd, you don’t look at your watch. You work until you are finished.

Oskal, who also serves as the executive director of the International Center for Reindeer Husbandry (I.C.R.), a group funded in part by the Norwegian government to document Indigenous knowledge, was born in a rural county to the west. His was a “stubborn” family, he said, determined to preserve the Sami culture. In early childhood, he and his brother had to take a bus an hour and a half to get to school, where there were few students of Sami descent and even fewer who openly embraced their heritage. Eventually, Sami parents in the area were able to establish a Sami-language school, a victory in a country with a legacy of forced assimilation, from the Lutheran missionaries of the 17th century, who tried to stamp out local shamanism, to the separation of children from their families to send them to boarding schools — a trauma that the Sami share across Fennoscandia and with other Indigenous peoples around the world — which were originally instituted by the church and then taken over by the government in the 19th century and maintained through the 1960s. Oskal was the first in his family to pursue higher education, a path that took him away from the herd, and then returned him to it, as an advocate.

Three years ago, just before the reindeer spring migration, he and his colleagues filed a 161-page report on food security and sovereignty with the Arctic Council, an intergovernmental forum established in 1996 to address issues of environmental change, whose members include representatives from native peoples and the eight nations with borders that extend above the northern tree line: Canada, Denmark, Finland, Iceland, Norway, the Russian Federation, Sweden and the United States. (In 2018, China declared itself a “near-Arctic state” with a stake in the fate of the region and, pointedly, in “the exploration for and exploitation of oil, gas, mineral and other non-living resources.”) The report, titled “Eallu: Indigenous Youth, Arctic Change and Food Culture — Food, Knowledge and How We Have Thrived on the Margins,” was in fact a cookbook — a compendium of oral recipes recorded by young people from the tundra and the taiga, in consultation with their elders, as part of a larger project to protect and revive ancient traditions. Formal policy recommendations shared the pages with tips on preserving reindeer meat in buckets of salt and snow and the difference in cooking times for walrus (long) and bearded seal (short).

A diligent reader could learn to prepare seal intestine, preferably from a young seal (“not as stringy”), braided and stuffed with fat, heart, kidney or lungs, and eaten cold with mustard — or, better, hot, when “it almost tastes like corned beef,” advises Lucy Kenezuroff, an Aleut born in 1930 in the Alaska Territory. For a reindeer version of the Russian dish kholodets, the Sami of the Kola Peninsula simmer hooves and tongues for much of a day, then shred the meat and ladle the broth over it to cool and thicken into jelly. Most recipes require just a handful of ingredients, but these might be difficult to come by as Sandy and Marjorie Tahbone, Inuit from Nome, Alaska, write in an entry on seal blubber and innards, “It is not like you can go to the store and pick up a few pounds of meat and intestines and they are ready to cook.” Half the work is done before the meat arrives in the kitchen: knowing how to choose the right animal to slaughter, and then how to kill it. The Nenets lasso the reindeer by the neck and strangle it swiftly, believing this brings less suffering, spilling none of the treasured blood. The Sami plunge a knife to the heart, so the blood leaks inward, collecting under the ribs.

Instead of shoving the report into a suitcase or handing it off to an underling, the delegates on the council did what was apparently unthinkable: They read it. Oskal recalled Rex Tillerson, then the U.S. secretary of state, asking if he could adapt the recipes for the whitetail deer he hunted back home. Only 70 copies had been printed, and they almost immediately disappeared. The book wasn’t glossy or destined for a coffee table the photographs — a crowded platter of reindeer eyes, reindeer being butchered in bloodstained snow — were documentarian in approach and intentionally unaestheticized. The young researchers wanted “to show the reality,” Oskal said. “To show everything.”

A YEAR LATER — after the calving and the reindeer shedding their thick coats for summer, after the nubs of their antlers grew back to regal height, after the notching of ears to mark the herds and then the long night of winter and hooves scrabbling at the snow — “Eallu” won the top prize, Best Book of the Year, at the Gourmand World Cookbook Awards, administered by the Madrid-based Gourmand International. More than 10,000 cookbooks from 216 countries had been submitted for consideration “Eallu,” which had never been formally published, was up against clothbound volumes from the likes of a chef of a three-Michelin-star restaurant in France. At the outdoor ceremony in Yantai in eastern China, Oskal and nine colleagues, including five teenage contributors, lined up onstage, stunned. Taking the microphone, Oskal said, “The food traditions of Arctic Indigenous peoples are probably among the least explored in world cuisine.”

They are not entirely unknown: A few Arctic ingredients have made their way to balmier zones, via Nordic cooking, which gained 21st-century renown under the banner of René Redzepi’s Noma in Copenhagen, prompting chefs from Cleveland to Houston to experiment with reindeer lichen, a composite organism of fungus and alga, faintly bitter to the taste, that some Indigenous peoples harvest from the stomach of the animal, half-digested. But this ascendance has rested in large part on a celebration of terroir, the unique character of an area’s ingredients, that focuses on the land without necessarily taking into account the people in it, especially those at its fringes.

Magnus Nilsson, the chef of the now shuttered Faviken in western Sweden, broadened that notion of terroir in his weighty testament “The Nordic Cookbook” (2015), for which he traveled across the region, interviewing people and “eating with them in their homes,” he writes, to give his readers context for not only what but “why and how” they eat. Out of more than 700 recipes in his book, three are Sami: reindeer heart stew, thick rye flatbreads plush with reindeer fat and pancakes suffused with golden syrup and reindeer blood. They come from the chef Elaine Asp, a Swede who until this year ran the restaurant Havvi i Glen in a Sami village in Jamtland with her now ex-husband, Thomas Johansson, a reindeer herder, serving a luxe, nine-course tasting menu that once featured salted smoked reindeer meat with crispy elk nose, potato gratin and a pesto of angelica, an herb used in Sami medicine, suggesting a bridge across both cultures and time.

Still, the wonder of “Eallu” lies not in its recipes alone but in the youth of its authors, who are neither trained chefs nor writers, and are as much rescuers as chroniclers. Edouard Cointreau, the French founder of Gourmand, said after the ceremony that “Eallu” was a book that could “change the life of Indigenous families, their nomadic communities and villages,” whose very existence has been a point of contention since outsiders began to encroach on their territory in the 16th century. In Sweden, from the 1920s through the 1950s, the Sami were subjected to medical experiments by the State Institute for Racial Biology Indigenous remains were taken from burial grounds and tested to support theories of racial difference, and some Sami women were forcibly sterilized. Soviet collectivization policies in the 1930s tried to turn herding into just another job that workers punched in and out of, rather than a way of life. Wheeler writes that during the economic crisis in the Russian Federation in the 1990s, doctors witnessed scurvy among Chukchi who, suddenly bereft of modern food supplies, had “forgotten which berries or whale organs to eat to fulfill their vitamin C requirements.”

More recently, the Norwegian government has called for the culling of herds, ostensibly for environmental concerns, to protect the land from overgrazing, even as controversial mining projects have been allowed to proceed. In 2016, the Sami artist Maret Anne Sara stacked 200 severed heads of freshly killed reindeer on the lawn of the courthouse in Tana in northeastern Norway, in support of her brother, who was suing the government to protest the reduction of his herd a year later, in front of the Parliament building in Oslo, she hung a curtain of 400 reindeer skulls embedded with bullets — a nontraditional means of slaughter, revealing “the colonial killing system’s disrespect for Indigenous processes that would have preserved and utilized every part of the dead animals,” Katya García-Antón, the director of the Office for Contemporary Art Norway, later wrote — and arranged in weathered tones to evoke the stripes and blocks of color in the Sami flag. Shortly after, Norway’s highest court ruled against the artist’s brother, concluding that his rights had not been violated.

IN EARLY MARCH, Guovdageaidnu was readying for the first Arctic Indigenous Peoples’ Food Congress, organized in part by W.R.H. Then the number of Covid-19 cases in Norway began to rise. There is a history of dangerous illnesses in the Arctic, including the tuberculosis epidemic brought to what is today Alaska by European and American visitors in the late 18th century — as recently as 1934, more than a third of native deaths in the area were because of TB — and the Spanish flu, whose mortality rate in Guovdageaidnu was four times higher than in the rest of the country. Viruses and bacteria may sleep in the ice for centuries in 2016, scientists theorized that high summer temperatures in Siberia’s Yamal Peninsula had caused the permafrost to thaw and disclose the decades-old carcass of an animal felled by anthrax, releasing spores that infected reindeer by the thousands, along with dozens of their herders. W.R.H. thought it wise to cancel the food event, and shortly after, Norway went into lockdown.

But Oskal still hopes to build on the momentum from the “Eallu” win. “The most important thing about this prize is that it reinforced the faith of our youth in their own cultures, their own knowledge,” he said. One of the cookbook’s 55 authors, Elvira Okotetto, a computer-science and engineering student born into a Nenets reindeer-herding family on the Yamal Peninsula, was astonished that outsiders had even noticed. “I thought it was just us,” she told him. “Just me and my friends who were interested.” Among these unexpected allies from afar is the New Zealand-based chef Robert Oliver, who grew up in Fiji, and who today hosts the TV show “Pacific Island Food Revolution,” a crusade to revitalize Indigenous foodways in the guise of a genial cooking competition. His cookbook “Me’a Kai: The Food and Flavors of the South Pacific” (co-written with Tracy Berno and Shiri Ram) was Gourmand’s 2010 Book of the Year, and at a 2019 Gourmand event at UNESCO headquarters in Paris, he and Oskal announced a culinary north-south alliance — a pact between the regions most vulnerable to climate change. As ice melts in the north, seas grow warm and rise in the south.

To achieve sustainability, Oliver and Oskal agree, they must affirm the resilience of original food systems. W.R.H. is trying to expand the global market for reindeer meat — a product that was promoted with some success in the U.S. in the 1920s, when the Minnesota-born meatpacker Carl Lomen arranged for Santa to ride on a reindeer-drawn sleigh in Macy’s Christmas parades across the country, before the cattle lobby pressured Congress to limit reindeer ownership to Native Americans — although Oskal wonders if this could cause the price to escalate “to the point that people can’t afford to eat their own food anymore,” he said. “Are we going to be producing the best meat but eating industrial sausages?”

Processed foods have increasingly come to replace the old ingredients in both the Arctic and the Pacific, out of convenience and a sense, enforced by the long-imposed hierarchy of native and intruder, that anything modern must be superior to what’s in your own backyard. That attitude is slowly changing, although in the rest of the world, those who preach seasonality and localism are most often those who can pay to do so. In a recent Zoom, late evening in Norway and early morning in New Zealand, Oliver joked that doctors talk about an apple a day when guavas have more than 60 times as much vitamin C. Oskal said simply, “Cloudberries.”

HOW DOES A culture on the world’s periphery survive? “We could all turn around, leave this ancient civilization behind,” Oskal said. “Or we could stay in the tent and close our eyes.” Neither is a solution: “We have to do something in between.”

In the 272nd poem in “The Sun, My Father” (1988), a collection by the Sami multimedia artist Nils-Aslak Valkeapaa, who was born in Enontekio in northwestern Finland, eallu takes shape in the form of words moving across seven and a half pages that are otherwise as white and blank as the tundra. Harald Gaski, a Norwegian professor of Sami literature, notes in the introduction to the book’s 1997 English edition how the words of poem No. 272 denote each reindeer individually, this one inky black and pale-bellied, that one ringed white around the eyes, along with the herders among them and their movements, some inscriptions pure sound, the landscape responding to each hoof and footfall. But the poem exists only in Northern Sami: Valkeapaa requested that it be left untranslated. To those who do not know the language — all but perhaps 25,000 people in the world — it is unreadable, “an ironic commentary upon the inability of the majority language to fully express Sami experience,” Gaski writes.

Yet there is still a possibility of understanding. John M. Weinstock, a professor emeritus at the University of Texas at Austin, has put together an online glossary to accompany an animation of the text, pages scrolling horizontally, first the lead reindeer and herder in single file, then the widening formation, antlers swaying, matching the rumble that is both of hooves and of the tundra below. We meet the herd, but it doesn’t meet us it moves toward and then away from us, until we are left in its wake, tracks of ellipses drifting across the page. The procession of words is slow, befitting the pace of the migration. Here is the coarse rasp of an angular bell, there the creak of a lumbering, weighed-down sleigh. At times verbs stand in for the animals themselves, as if there were no division between action and being: the desire to get somewhere, the tentative gallop, the sudden bolt. The one that refuses to be held. And late, toward the end, at the snowy edge, the appearance of an unknown reindeer, a stranger to the crowd, which opens nevertheless which takes it in.


8. Reindeer evolved for life in cold, harsh environments.

Geoffrey Reynaud/iStock via Getty Images

Life in the tundra is hard, but reindeer have it easy-ish thanks to their amazing evolutionary enhancements. Their noses are specially adapted to warm the air they breathe before it enters their lungs and to condense water in the air, which keeps their mucous membranes moist. Their fur traps air, which not only helps provide them with excellent insulation, but also keeps them buoyant in water, which is important for traveling across massive rivers and lakes during migration.

Even their hooves are special. In the summer, when the ground is wet, their foot pads are softened, providing them with extra grip. In the winter, though, the pads tighten, revealing the rim of their hooves, which is used to provide traction in the slippery snow and ice.


Chocolate Coconut Banana Smoothie

Jason Donnelly

Chocolate and bananas clearly make for a magical combination! This smoothie recipe also calls for some Greek yogurt, which is loaded up with gut-healthy probiotics and protein. All you need is just five minutes, and this smoothie is ready for you. (And if you're looking for more, this 7-day smoothie diet will help you shed those last few pounds.)