伝統的なレシピ

男はレストランでの強盗未遂を止めるために彼自身の提案から休憩を取ります

男はレストランでの強盗未遂を止めるために彼自身の提案から休憩を取ります

男は泥棒が逃げるのを止めるために彼の提案を一時停止しました

「彼は状況に対処する方法を知っていました」と彼の婚約者は賞賛して言いました。

ノースカロライナ州の男性、ニコラスアンダーソンは、「適切な場所に適切なタイミングで」いると言い、ガールフレンドへのプロポーズを一時停止して、カップルが食事をしているレストランでの強盗の企てを止めました。

NBC系列のWCNCにインタビューされたアンダーソンは、泥棒が実際にレジスターからお金を奪うことができたかどうかを明らかにしなかったが、強盗が逃げようとするとすぐに介入したと駅に語った。

「マネージャーがドアに来て、ドアをロックしました」と彼は言いました。 「マネージャーの後ろの男が彼を邪魔にならないように押し出し、ドアのロックを解除しました。」アンダーソンはなんとか強盗をつかんでレストランに引き戻し、男が気絶するまで絞め殺しで彼を鎮圧した。

「それは本当に迅速に起こりました。彼は状況に対処する方法を知っていました」と彼の称賛するガールフレンドであるDeannaDealは言いました(さらに数分間)。

すべての興奮の後、アンダーソンは代わりに近くの公園でプロポーズすることを選び、ディールは受け入れました。 「それがすべて起こった後、私と結婚するように彼女に頼むことはそれほど悪くはありませんでした」とアンダーソンは言いました。


外観

ダックテイル

スクルージ・マクダックは、彼のお金のゴミ箱を彼の邸宅から遠く離れた場所に移動することを余儀なくされた後、強盗からゴミ箱を守ることができるロボットを作るようにジャイロに要求しました。ジャイロの最初の試みの後、GICU-2は それも スクルージを含む誰もがマネービンに近づくのを防ぐのに効率的で、スクルージはジャイロに頭脳を持つ新しい警備員を作るように命じました。ジャイロは、「防弾、耐火、ナックルプルーフ」のサイバネティックスーツの製作を進めました。しかし、スクルージは頭脳のある警備員が欲しいと言っていたため、スーツを着る人を雇う必要がありました。そして、スーツが悪意のある人の手に渡るのを防ぐために、ジャイロは、着用者以外は誰も使用しないと考えた秘密のコードワード「ブラザースカイト」を使用してスーツをアクティブにするようにプログラムしました。

フェントンは初めてギズモダックになります。

スクルージの新しい会計士であるフェントン・クラックシェルは、ビーグル・ボーイズに盗まれた後、スクルージのナンバーワン・ダイムを取り戻すのに苦労していました。スクルージとジャイロがそれについて話しているのを耳にしたとき、フェントンはギズモスーツを借りてビーグル犬に対してそれを使うことに決めました。フェントンはスーツを着ようとして、2番目の単語がスーツのトリガーワードであることに気づかずにキャッチフレーズ「Blabberin'blatherskite」を発し、正式に初めてギズモダックになりました。それ以降、フェントンは常に「blabberin'blatherskite」を使用してギズモダックになりますが、2番目の単語だけが必要であるにもかかわらず、フレーズ全体を言う必要がないことに気付いていない可能性があります。

ギズモスーツを着用した後、ギズモスーツから身を引く唯一の方法は、テレビのリモコンでテレビに送信された電子信号を傍受することです。フェントンは、以前にカーポートで眠らせられた後、母親のテレビの前に立っているときにこれを発見しました。

フェントンの他に、他のいくつか ダックテイル キャラクターもギズモスーツを少なくとも1回は着用しています。 「スーパーダックテイルズ」の第3部では、フェントンの母親が誤ってテレビを破壊した後、息子のキャッチフレーズを叫んだときに、誤ってスーツを着てしまいました。彼女は「あまりにも多くを知っていたアヒル」で再びスーツを着るでしょう。 Launchpad McQuackはまた、エピソード「A Case of Mistaked Secret Identity」で、ギズモスーツを少なくとも2回着用しています。 ディズニーアドベンチャーズ コミックストーリー「スイッチインタイム」(スクルージはフェントンとランチパッドのスイッチジョブを持っていました)。さらに、「New Gizmo-Kids on the Block」では、Crackshell夫人が誤ってギズモスーツを縮小したため、コードワードが「何とか」に短縮されました。このため、ヒューイ、デューイ、ルーイ、ウェビーはすべて、エピソードの過程でスーツを着ることになりました。

ダークウィングダック

ギズモダックが登場したとき ダークウィングダック、ギズモスーツのデザインは著しく変更されており、やや小さく、上腕の黒い色が欠けていました。これは、 ダックテイル エピソード「金食い虫の襲撃」では、フリントハート・グロムゴールドの金食い虫がスーツを食べていたため、修理時に少しデザインが変更されました。

ダックテイル (2017)

再起動されたバージョンのGizmosuit。

ギズモスーツは2017年に再登場 ダックテイル シリーズを再起動します。元の連続性からの反復よりも著しくかさばり、前面にテレビ画面が著しく欠けていますが、に見られる「quack2」ギズモスーツのような「G」エンブレムもあります。 ダークウィングダック #8(以下を参照)。エピソード「グレートダイムチェイス!」の終わりジャイロが「ProjectBlatherskite」という名前で訴訟を起こすことについて熟考しているところを示しています。

「B.U.D.D.Y.システムに注意!」では、ジャイロはスーツの製作に取り掛かっていますが、まだプロトタイプ段階であり、(インターンを除く)誰にも見せることを拒否しています。以前のように、スーツのコードワードを言う人は誰でもスーツをアクティブにして現在スーツの着用者になりますが、それはフェントンの声にしか反応しません。 &#911&#93フェントンがジャイロと会社を制御不能なロボットから救う必要があるとき、彼はスーツを召喚するためのコードフレーズを発し、初めてギズモダックになりました。 Gizmoduckは、これまでテストされていないため、スーツの使用に問題があります。幸いなことに、訴訟にはギズモダックに警告し、彼の要求に応えるための支援プログラムがあります。 Launchpad、Dewey、およびGyroは、Fentonがスーツを使用したことを認識します。スーツを返却した後、ジャイロはフェントンにプロジェクトを覆い隠すことに同意させますが、彼がギズモダックであるときはいつでもスーツを使用することができます。しかし、マーク・ビークスは彼自身のために訴訟に暗い関心を持っています。

「ギズモダックって誰?!」では、フェントンがスーツを使って銀行強盗を止めようとしたが、スーツをマスターしていなかったため、誤って銀行を破壊してしまった。ジャイロの研究室でのテストラン中に、フェントンは自分でその能力を習得できるように、研究室の休憩で自分自身を許します。しかし、ジャイロとヒューイはフェントンを発見し、フェントンは誤ってビークスのヘリコプターにミサイルを発射しました。フェントンがビークを救った後、ビークスはフェントンがワドルのためにワドルダックとして働くことを提案します。フェントンは拒否しますが、すぐにジャイロに解雇されるので、ビークスの提案を受け入れます。ギズモスーツがワドルダックスーツとしてリブランドされたことで、フェントンはダックバーグ市民の日常業務を「支援」しました。そのようなタスクの1つで、彼はビーグルボーイの強盗を自分で止めようとしますが、オーバーライドされます。彼は仕事を辞めることにしました、しかしビークスは彼自身のためにワドルダックのスーツとマントを盗みます。 BeaksがWaddleduckとして自分自身を明らかにすると、Fentonは彼に警告しようとしますが、BeaksはFentonを無視し、訴訟は失敗に終わります。自分でスーツを着て、ヒューイがフェントンの脳をコアプロセッサにしたことで、フェントンは自分自身を犠牲にしているようです。しかし、病院では、スクルージとジャイロが新しいギズモスーツを提示し、スクルージの下でダックバーグを身に付けて救うことができます。

「TheShadowWar!」では、マジカがすべてのダックバーグ市民の影を召喚すると、フェントンはギズモスーツを召喚して影を止めます。しかし、彼の影はスーツを着て、マジカに加わる前にフェントンを無力化します。まだ訴訟を起こしているフェントンの影は、後にマネービンでドナルドダックと対峙する。訴訟はその後見られることはありません。

訴訟のオペレーティングシステムはジムラッシュによって声を上げられました。

記事のこのセクションはスタブです。あなたはそれを拡張することによってディズニーウィキを助けることができます.


外観

ダックテイル

スクルージ・マクダックは、彼のお金のゴミ箱を彼の邸宅から遠く離れた場所に移動することを余儀なくされた後、強盗からゴミ箱を守ることができるロボットを作るようにジャイロに要求しました。ジャイロの最初の試みの後、GICU-2は それも スクルージを含む誰もがマネービンに近づくのを防ぐのに効率的で、スクルージはジャイロに頭脳を持つ新しい警備員を作るように命じました。ジャイロは、「防弾、耐火、ナックルプルーフ」のサイバネティックスーツの製作を進めました。しかし、スクルージは頭脳のある警備員が欲しいと言っていたため、スーツを着る人を雇う必要がありました。そして、スーツが悪意のある人の手に渡るのを防ぐために、ジャイロは、着用者以外は誰も使用しないと考えた秘密のコードワード「ブラザースカイト」を使用してスーツをアクティブにするようにプログラムしました。

フェントンは初めてギズモダックになります。

スクルージの新しい会計士であるフェントン・クラックシェルは、ビーグル・ボーイズに盗まれた後、スクルージのナンバーワン・ダイムを取り戻すのに苦労していました。スクルージとジャイロがそれについて話しているのを耳にしたとき、フェントンはギズモスーツを借りてビーグル犬に対してそれを使うことに決めました。フェントンはスーツを着ようとして、2番目の単語がスーツのトリガーワードであることに気づかずにキャッチフレーズ「Blabberin'blatherskite」を発し、正式に初めてギズモダックになりました。それ以降、フェントンは常に「blabberin'blatherskite」を使用してギズモダックになりますが、2番目の単語だけが必要であるにもかかわらず、フレーズ全体を言う必要がないことに気付いていない可能性があります。

ギズモスーツを着用した後、ギズモスーツから身を引く唯一の方法は、テレビのリモコンでテレビに送信された電子信号を傍受することです。フェントンは、以前にカーポートで眠らせられた後、母親のテレビの前に立っているときにこれを発見しました。

フェントンの他に、他のいくつか ダックテイル キャラクターもギズモスーツを少なくとも1回は着用しています。 「スーパーダックテイルズ」の第3部では、フェントンの母親が誤ってテレビを破壊した後、息子のキャッチフレーズを叫んだときに、誤ってスーツを着てしまいました。彼女は「あまりにも多くを知っていたアヒル」で再びスーツを着るでしょう。 Launchpad McQuackはまた、エピソード「A Case of Mistaked Secret Identity」で、ギズモスーツを少なくとも2回着用しています。 ディズニーアドベンチャーズ コミックストーリー「スイッチインタイム」(スクルージはフェントンとランチパッドのスイッチジョブを持っていました)。さらに、「New Gizmo-Kids on the Block」では、Crackshell夫人が誤ってギズモスーツを縮小したため、コードワードが「何とか」に短縮されました。このため、ヒューイ、デューイ、ルーイ、ウェビーはすべて、エピソードの過程でスーツを着ることになりました。

ダークウィングダック

ギズモダックが登場したとき ダークウィングダック、ギズモスーツのデザインは著しく変更されており、やや小さく、上腕の黒い色が欠けていました。これは、 ダックテイル エピソード「金食い虫の襲撃」では、フリントハート・グロムゴールドの金食い虫がスーツを食べていたため、修理時に少しデザインが変更されました。

ダックテイル (2017)

再起動されたバージョンのGizmosuit。

ギズモスーツは2017年に再登場 ダックテイル シリーズを再起動します。元の連続性からの反復よりも著しくかさばり、前面にテレビ画面が著しく欠けていますが、に見られる「quack2」ギズモスーツのような「G」エンブレムもあります。 ダークウィングダック #8(以下を参照)。エピソード「グレートダイムチェイス!」の終わりジャイロが「ProjectBlatherskite」という名前で訴訟を起こすことについて熟考しているところを示しています。

「B.U.D.D.Y.システムに注意!」では、ジャイロはスーツの製作に取り掛かっていますが、まだプロトタイプ段階であり、(インターンを除く)誰にも見せることを拒否しています。以前のように、スーツのコードワードを言う人は誰でもスーツをアクティブにして現在スーツの着用者になりますが、それはフェントンの声にしか反応しません。 &#911&#93フェントンがジャイロと会社を制御不能なロボットから救う必要があるとき、彼はスーツを召喚するためのコードフレーズを発し、初めてギズモダックになりました。 Gizmoduckは、これまでテストされていないため、スーツの使用に問題があります。幸いなことに、訴訟にはギズモダックに警告し、彼の要求に応えるための支援プログラムがあります。 Launchpad、Dewey、およびGyroは、Fentonがスーツを使用したことを認識します。スーツを返却した後、ジャイロはフェントンにプロジェクトを覆い隠すことに同意させますが、彼がギズモダックであるときはいつでもスーツを使用することができます。しかし、マーク・ビークスは彼自身のために訴訟に暗い関心を持っています。

「ギズモダックって誰?!」では、フェントンがスーツを使って銀行強盗を止めようとしたが、スーツをマスターしていなかったため、誤って銀行を破壊してしまった。ジャイロの研究室でのテストラン中に、フェントンは自分でその能力を習得できるように、研究室の休憩で自分自身を許します。しかし、ジャイロとヒューイはフェントンを発見し、フェントンは誤ってビークスのヘリコプターにミサイルを発射しました。フェントンがビークを救った後、ビークスはフェントンがワドルのためにワドルダックとして働くことを提案します。フェントンは拒否しますが、すぐにジャイロに解雇されるので、ビークスの提案を受け入れます。ギズモスーツがワドルダックスーツとしてリブランドされたことで、フェントンはダックバーグ市民の日常業務を「支援」しました。そのようなタスクの1つで、彼はビーグルボーイの強盗を自分で止めようとしますが、オーバーライドされます。彼は仕事を辞めることにしました、しかしビークスは彼自身のためにワドルダックのスーツとマントを盗みます。 BeaksがWaddleduckとして自分自身を明らかにすると、Fentonは彼に警告しようとしますが、BeaksはFentonを無視し、訴訟は失敗に終わります。自分でスーツを着て、ヒューイがフェントンの脳をコアプロセッサにしたことで、フェントンは自分自身を犠牲にしているようです。しかし、病院では、スクルージとジャイロが新しいギズモスーツを提示し、スクルージの下でダックバーグを身に付けて救うことができます。

「TheShadowWar!」では、マジカがすべてのダックバーグ市民の影を召喚すると、フェントンはギズモスーツを召喚して影を止めます。しかし、彼の影はスーツを着て、マジカに加わる前にフェントンを無力化します。まだ訴訟を起こしているフェントンの影は、後にマネービンでドナルドダックと対峙する。訴訟はその後見られることはありません。

訴訟のオペレーティングシステムはジムラッシュによって声を上げられました。

記事のこのセクションはスタブです。あなたはそれを拡張することによってディズニーウィキを助けることができます.


外観

ダックテイル

スクルージ・マクダックは、彼のお金のゴミ箱を彼の邸宅から遠く離れた場所に移動することを余儀なくされた後、強盗からゴミ箱を守ることができるロボットを作るようにジャイロに要求しました。ジャイロの最初の試みの後、GICU-2は それも スクルージを含む誰もがマネービンに近づくのを防ぐのに効率的で、スクルージはジャイロに頭脳を持つ新しい警備員を作るように命じました。ジャイロは、「防弾、耐火、ナックルプルーフ」のサイバネティックスーツの製作を進めました。しかし、スクルージは頭脳のある警備員が欲しいと言っていたため、スーツを着る人を雇う必要がありました。そして、スーツが悪意のある人の手に渡るのを防ぐために、ジャイロは、着用者以外は誰も使用しないと考えた秘密のコードワード「ブラザースカイト」を使用してスーツをアクティブにするようにプログラムしました。

フェントンは初めてギズモダックになります。

スクルージの新しい会計士であるフェントン・クラックシェルは、ビーグル・ボーイズに盗まれた後、スクルージのナンバーワン・ダイムを取り戻すのに苦労していました。スクルージとジャイロがそれについて話しているのを耳にしたとき、フェントンはギズモスーツを借りてビーグル犬に対してそれを使うことに決めました。フェントンはスーツを着ようとして、2番目の単語がスーツのトリガーワードであることに気づかずにキャッチフレーズ「Blabberin'blatherskite」を発し、正式に初めてギズモダックになりました。それ以降、フェントンは常に「blabberin'blatherskite」を使用してギズモダックになりますが、2番目の単語だけが必要であるにもかかわらず、フレーズ全体を言う必要がないことに気付いていない可能性があります。

ギズモスーツを着用した後、ギズモスーツから身を引く唯一の方法は、テレビのリモコンでテレビに送信された電子信号を傍受することです。フェントンは、以前にカーポートで眠らせられた後、母親のテレビの前に立っているときにこれを発見しました。

フェントンの他に、他のいくつか ダックテイル キャラクターもギズモスーツを少なくとも1回は着用しています。 「スーパーダックテイルズ」の第3部では、フェントンの母親が誤ってテレビを破壊した後、息子のキャッチフレーズを叫んだときに、誤ってスーツを着てしまいました。彼女は「あまりにも多くを知っていたアヒル」で再びスーツを着るでしょう。 Launchpad McQuackはまた、エピソード「A Case of Mistaked Secret Identity」で、ギズモスーツを少なくとも2回着用しています。 ディズニーアドベンチャーズ コミックストーリー「スイッチインタイム」(スクルージはフェントンとランチパッドのスイッチジョブを持っていました)。さらに、「New Gizmo-Kids on the Block」では、Crackshell夫人が誤ってギズモスーツを縮小したため、コードワードが「何とか」に短縮されました。このため、ヒューイ、デューイ、ルーイ、ウェビーはすべて、エピソードの過程でスーツを着ることになりました。

ダークウィングダック

ギズモダックが登場したとき ダークウィングダック、ギズモスーツのデザインは著しく変更されており、やや小さく、上腕の黒い色が欠けていました。これは、 ダックテイル エピソード「金食い虫の襲撃」では、フリントハート・グロムゴールドの金食い虫がスーツを食べていたため、修理時に少しデザインが変更されました。

ダックテイル (2017)

再起動されたバージョンのGizmosuit。

ギズモスーツは2017年に再登場 ダックテイル シリーズを再起動します。元の連続性からの反復よりも著しくかさばり、前面にテレビ画面が著しく欠けていますが、に見られる「quack2」ギズモスーツのような「G」エンブレムもあります。 ダークウィングダック #8(以下を参照)。エピソード「グレートダイムチェイス!」の終わりジャイロが「ProjectBlatherskite」という名前で訴訟を起こすことについて熟考しているところを示しています。

「B.U.D.D.Y.システムに注意!」では、ジャイロはスーツの製作に取り掛かっていますが、まだプロトタイプ段階であり、(インターンを除く)誰にも見せることを拒否しています。以前のように、スーツのコードワードを言う人は誰でもスーツをアクティブにして現在スーツの着用者になりますが、それはフェントンの声にしか反応しません。 &#911&#93フェントンがジャイロと会社を制御不能なロボットから救う必要があるとき、彼はスーツを召喚するためのコードフレーズを発し、初めてギズモダックになりました。 Gizmoduckは、これまでテストされていないため、スーツの使用に問題があります。幸いなことに、訴訟にはギズモダックに警告し、彼の要求に応えるための支援プログラムがあります。 Launchpad、Dewey、およびGyroは、Fentonがスーツを使用したことを認識します。スーツを返却した後、ジャイロはフェントンにプロジェクトを覆い隠すことに同意させますが、彼がギズモダックであるときはいつでもスーツを使用することができます。しかし、マーク・ビークスは彼自身のために訴訟に暗い関心を持っています。

「ギズモダックって誰?!」では、フェントンがスーツを使って銀行強盗を止めようとしたが、スーツをマスターしていなかったため、誤って銀行を破壊してしまった。ジャイロの研究室でのテストラン中に、フェントンは自分でその能力を習得できるように、研究室の休憩で自分自身を許します。しかし、ジャイロとヒューイはフェントンを発見し、フェントンは誤ってビークスのヘリコプターにミサイルを発射しました。フェントンがビークを救った後、ビークスはフェントンがワドルのためにワドルダックとして働くことを提案します。フェントンは拒否しますが、すぐにジャイロに解雇されるので、ビークスの提案を受け入れます。ギズモスーツがワドルダックスーツとしてリブランドされたことで、フェントンはダックバーグ市民の日常業務を「支援」しました。そのようなタスクの1つで、彼はビーグルボーイの強盗を自分で止めようとしますが、オーバーライドされます。彼は仕事を辞めることにしました、しかしビークスは彼自身のためにワドルダックのスーツとマントを盗みます。 BeaksがWaddleduckとして自分自身を明らかにすると、Fentonは彼に警告しようとしますが、BeaksはFentonを無視し、訴訟は失敗に終わります。自分でスーツを着て、ヒューイがフェントンの脳をコアプロセッサにしたことで、フェントンは自分自身を犠牲にしているようです。しかし、病院では、スクルージとジャイロが新しいギズモスーツを提示し、スクルージの下でダックバーグを身に付けて救うことができます。

「TheShadowWar!」では、マジカがすべてのダックバーグ市民の影を召喚すると、フェントンはギズモスーツを召喚して影を止めます。しかし、彼の影はスーツを着て、マジカに加わる前にフェントンを無力化します。まだ訴訟を起こしているフェントンの影は、後にマネービンでドナルドダックと対峙する。訴訟はその後見られることはありません。

訴訟のオペレーティングシステムはジムラッシュによって声を上げられました。

記事のこのセクションはスタブです。あなたはそれを拡張することによってディズニーウィキを助けることができます.


外観

ダックテイル

スクルージ・マクダックは、彼のお金のゴミ箱を彼の邸宅から遠く離れた場所に移動することを余儀なくされた後、強盗からゴミ箱を守ることができるロボットを作るようにジャイロに要求しました。ジャイロの最初の試みの後、GICU-2は それも スクルージを含む誰もがマネービンに近づくのを防ぐのに効率的で、スクルージはジャイロに頭脳を持つ新しい警備員を作るように命じました。ジャイロは、「防弾、耐火、ナックルプルーフ」のサイバネティックスーツの製作を進めました。しかし、スクルージは頭脳のある警備員が欲しいと言っていたため、スーツを着る人を雇う必要がありました。そして、スーツが悪意のある人の手に渡るのを防ぐために、ジャイロは、着用者以外は誰も使用しないと考えた秘密のコードワード「ブラザースカイト」を使用してスーツをアクティブにするようにプログラムしました。

フェントンは初めてギズモダックになります。

スクルージの新しい会計士であるフェントン・クラックシェルは、ビーグル・ボーイズに盗まれた後、スクルージのナンバーワン・ダイムを取り戻すのに苦労していました。スクルージとジャイロがそれについて話しているのを耳にしたとき、フェントンはギズモスーツを借りてビーグル犬に対してそれを使うことに決めました。フェントンはスーツを着ようとして、2番目の単語がスーツのトリガーワードであることに気づかずにキャッチフレーズ「Blabberin'blatherskite」を発し、正式に初めてギズモダックになりました。それ以降、フェントンは常に「blabberin'blatherskite」を使用してギズモダックになりますが、2番目の単語だけが必要であるにもかかわらず、フレーズ全体を言う必要がないことに気付いていない可能性があります。

ギズモスーツを着用した後、ギズモスーツから身を引く唯一の方法は、テレビのリモコンでテレビに送信された電子信号を傍受することです。フェントンは、以前にカーポートで眠らせられた後、母親のテレビの前に立っているときにこれを発見しました。

フェントンの他に、他のいくつか ダックテイル キャラクターもギズモスーツを少なくとも1回は着用しています。 「スーパーダックテイルズ」の第3部では、フェントンの母親が誤ってテレビを破壊した後、息子のキャッチフレーズを叫んだときに、誤ってスーツを着てしまいました。彼女は「あまりにも多くを知っていたアヒル」で再びスーツを着るでしょう。 Launchpad McQuackはまた、エピソード「A Case of Mistaked Secret Identity」で、ギズモスーツを少なくとも2回着用しています。 ディズニーアドベンチャーズ コミックストーリー「スイッチインタイム」(スクルージはフェントンとランチパッドのスイッチジョブを持っていました)。さらに、「New Gizmo-Kids on the Block」では、Crackshell夫人が誤ってギズモスーツを縮小したため、コードワードが「何とか」に短縮されました。このため、ヒューイ、デューイ、ルーイ、ウェビーはすべて、エピソードの過程でスーツを着ることになりました。

ダークウィングダック

ギズモダックが登場したとき ダークウィングダック、ギズモスーツのデザインは著しく変更されており、やや小さく、上腕の黒い色が欠けていました。これは、 ダックテイル エピソード「金食い虫の襲撃」では、フリントハート・グロムゴールドの金食い虫がスーツを食べていたため、修理時に少しデザインが変更されました。

ダックテイル (2017)

再起動されたバージョンのGizmosuit。

ギズモスーツは2017年に再登場 ダックテイル シリーズを再起動します。元の連続性からの反復よりも著しくかさばり、前面にテレビ画面が著しく欠けていますが、に見られる「quack2」ギズモスーツのような「G」エンブレムもあります。 ダークウィングダック #8(以下を参照)。エピソード「グレートダイムチェイス!」の終わりジャイロが「ProjectBlatherskite」という名前で訴訟を起こすことについて熟考しているところを示しています。

「B.U.D.D.Y.システムに注意!」では、ジャイロはスーツの製作に取り掛かっていますが、まだプロトタイプ段階であり、(インターンを除く)誰にも見せることを拒否しています。以前のように、スーツのコードワードを言う人は誰でもスーツをアクティブにして現在スーツの着用者になりますが、それはフェントンの声にしか反応しません。 &#911&#93フェントンがジャイロと会社を制御不能なロボットから救う必要があるとき、彼はスーツを召喚するためのコードフレーズを発し、初めてギズモダックになりました。 Gizmoduckは、これまでテストされていないため、スーツの使用に問題があります。幸いなことに、訴訟にはギズモダックに警告し、彼の要求に応えるための支援プログラムがあります。 Launchpad、Dewey、およびGyroは、Fentonがスーツを使用したことを認識します。スーツを返却した後、ジャイロはフェントンにプロジェクトを覆い隠すことに同意させますが、彼がギズモダックであるときはいつでもスーツを使用することができます。しかし、マーク・ビークスは彼自身のために訴訟に暗い関心を持っています。

「ギズモダックって誰?!」では、フェントンがスーツを使って銀行強盗を止めようとしたが、スーツをマスターしていなかったため、誤って銀行を破壊してしまった。ジャイロの研究室でのテストラン中に、フェントンは自分でその能力を習得できるように、研究室の休憩で自分自身を許します。しかし、ジャイロとヒューイはフェントンを発見し、フェントンは誤ってビークスのヘリコプターにミサイルを発射しました。フェントンがビークを救った後、ビークスはフェントンがワドルのためにワドルダックとして働くことを提案します。フェントンは拒否しますが、すぐにジャイロに解雇されるので、ビークスの提案を受け入れます。ギズモスーツがワドルダックスーツとしてリブランドされたことで、フェントンはダックバーグ市民の日常業務を「支援」しました。そのようなタスクの1つで、彼はビーグルボーイの強盗を自分で止めようとしますが、オーバーライドされます。彼は仕事を辞めることにしました、しかしビークスは彼自身のためにワドルダックのスーツとマントを盗みます。 BeaksがWaddleduckとして自分自身を明らかにすると、Fentonは彼に警告しようとしますが、BeaksはFentonを無視し、訴訟は失敗に終わります。自分でスーツを着て、ヒューイがフェントンの脳をコアプロセッサにしたことで、フェントンは自分自身を犠牲にしているようです。しかし、病院では、スクルージとジャイロが新しいギズモスーツを提示し、スクルージの下でダックバーグを身に付けて救うことができます。

「TheShadowWar!」では、マジカがすべてのダックバーグ市民の影を召喚すると、フェントンはギズモスーツを召喚して影を止めます。しかし、彼の影はスーツを着て、マジカに加わる前にフェントンを無力化します。まだ訴訟を起こしているフェントンの影は、後にマネービンでドナルドダックと対峙する。訴訟はその後見られることはありません。

訴訟のオペレーティングシステムはジムラッシュによって声を上げられました。

記事のこのセクションはスタブです。あなたはそれを拡張することによってディズニーウィキを助けることができます.


外観

ダックテイル

スクルージ・マクダックは、彼のお金のゴミ箱を彼の邸宅から遠く離れた場所に移動することを余儀なくされた後、強盗からゴミ箱を守ることができるロボットを作るようにジャイロに要求しました。ジャイロの最初の試みの後、GICU-2は それも スクルージを含む誰もがマネービンに近づくのを防ぐのに効率的で、スクルージはジャイロに頭脳を持つ新しい警備員を作るように命じました。ジャイロは、「防弾、耐火、ナックルプルーフ」のサイバネティックスーツの製作を進めました。しかし、スクルージは頭脳のある警備員が欲しいと言っていたため、スーツを着る人を雇う必要がありました。そして、スーツが悪意のある人の手に渡るのを防ぐために、ジャイロは、着用者以外は誰も使用しないと考えた秘密のコードワード「ブラザースカイト」を使用してスーツをアクティブにするようにプログラムしました。

フェントンは初めてギズモダックになります。

スクルージの新しい会計士であるフェントン・クラックシェルは、ビーグル・ボーイズに盗まれた後、スクルージのナンバーワン・ダイムを取り戻すのに苦労していました。スクルージとジャイロがそれについて話しているのを耳にしたとき、フェントンはギズモスーツを借りてビーグル犬に対してそれを使うことに決めました。フェントンはスーツを着ようとして、2番目の単語がスーツのトリガーワードであることに気づかずにキャッチフレーズ「Blabberin'blatherskite」を発し、正式に初めてギズモダックになりました。それ以降、フェントンは常に「blabberin'blatherskite」を使用してギズモダックになりますが、2番目の単語だけが必要であるにもかかわらず、フレーズ全体を言う必要がないことに気付いていない可能性があります。

ギズモスーツを着用した後、ギズモスーツから身を引く唯一の方法は、テレビのリモコンでテレビに送信された電子信号を傍受することです。フェントンは、以前にカーポートで眠らせられた後、母親のテレビの前に立っているときにこれを発見しました。

フェントンの他に、他のいくつか ダックテイル キャラクターもギズモスーツを少なくとも1回は着用しています。 「スーパーダックテイルズ」の第3部では、フェントンの母親が誤ってテレビを破壊した後、息子のキャッチフレーズを叫んだときに、誤ってスーツを着てしまいました。彼女は「あまりにも多くを知っていたアヒル」で再びスーツを着るでしょう。 Launchpad McQuackはまた、エピソード「A Case of Mistaked Secret Identity」で、ギズモスーツを少なくとも2回着用しています。 ディズニーアドベンチャーズ コミックストーリー「スイッチインタイム」(スクルージはフェントンとランチパッドのスイッチジョブを持っていました)。さらに、「New Gizmo-Kids on the Block」では、Crackshell夫人が誤ってギズモスーツを縮小したため、コードワードが「何とか」に短縮されました。このため、ヒューイ、デューイ、ルーイ、ウェビーはすべて、エピソードの過程でスーツを着ることになりました。

ダークウィングダック

ギズモダックが登場したとき ダークウィングダック、ギズモスーツのデザインは著しく変更されており、やや小さく、上腕の黒い色が欠けていました。これは、 ダックテイル エピソード「金食い虫の襲撃」では、フリントハート・グロムゴールドの金食い虫がスーツを食べていたため、修理時に少しデザインが変更されました。

ダックテイル (2017)

再起動されたバージョンのGizmosuit。

ギズモスーツは2017年に再登場 ダックテイル シリーズを再起動します。元の連続性からの反復よりも著しくかさばり、前面にテレビ画面が著しく欠けていますが、に見られる「quack2」ギズモスーツのような「G」エンブレムもあります。 ダークウィングダック #8(以下を参照)。エピソード「グレートダイムチェイス!」の終わりジャイロが「ProjectBlatherskite」という名前で訴訟を起こすことについて熟考しているところを示しています。

「B.U.D.D.Y.システムに注意!」では、ジャイロはスーツの製作に取り掛かっていますが、まだプロトタイプ段階であり、(インターンを除く)誰にも見せることを拒否しています。以前のように、スーツのコードワードを言う人は誰でもスーツをアクティブにして現在スーツの着用者になりますが、それはフェントンの声にしか反応しません。 &#911&#93フェントンがジャイロと会社を制御不能なロボットから救う必要があるとき、彼はスーツを召喚するためのコードフレーズを発し、初めてギズモダックになりました。 Gizmoduckは、これまでテストされていないため、スーツの使用に問題があります。幸いなことに、訴訟にはギズモダックに警告し、彼の要求に応えるための支援プログラムがあります。 Launchpad、Dewey、およびGyroは、Fentonがスーツを使用したことを認識します。スーツを返却した後、ジャイロはフェントンにプロジェクトを覆い隠すことに同意させますが、彼がギズモダックであるときはいつでもスーツを使用することができます。しかし、マーク・ビークスは彼自身のために訴訟に暗い関心を持っています。

In "Who is Gizmoduck?!", Fenton attempts to use the suit to stop a bank robbery, but due to not having mastered the suit, accidentally destroys the bank. During a test run at Gyro's lab, Fenton excuses himself with a lab break so he can master its abilities on his own. However, Gyro and Huey discover Fenton, and Fenton accidentally fires a missile at Beaks's helicopter. After Fenton saves Beaks, Beaks proposes that Fenton work for Waddle as Waddleduck. Fenton refuses, but he is soon fired by Gyro, so he accepts Beaks's proposal. With the Gizmosuit rebranded as the Waddleduck suit, Fenton "aids" Duckburg citizens in mundane tasks. During one such task, he attempts to stop a Beagle Boy heist on his own, but is overridden. He decides to quit the job, but Beaks steals the suit and the mantle of Waddleduck for his own. As Beaks unveils himself as Waddleduck, Fenton tries to warn him, but Beaks ignores Fenton and the suit goes haywire. Donning the suit himself, and with Huey making Fenton's brain the core processor, Fenton seemingly sacrifices himself. In the hospital, however, Scrooge and Gyro present a new Gizmosuit for him to don and save Duckburg under Scrooge.

In "The Shadow War!", Fenton summons the Gizmosuit to stop his shadow once Magica summons every Duckburg citizen's shadow. However, his shadow dons the suit and incapacitates Fenton before joining Magica. Fenton's shadow, still in the suit, later confronts Donald Duck in the Money Bin. The suit is never seen afterwards.

The suit's operating system was voiced by Jim Rash.

This section of the article is a stub. You can help Disney Wiki by expanding it.


Appearances

DuckTales

After being forced to move his Money Bin to a location farther away from his mansion, Scrooge McDuck requested Gyro to build a robot who could guard the Bin from robbers. After Gyro's first attempt, the GICU-2 proved to be それも efficient at preventing anyone, including Scrooge, from getting close to the Money Bin, Scrooge ordered Gyro to build a new security guard that would have a brain. Gyro proceeded to build a cybernetic suit that would be "bulletproof, fireproof, and knuckleproof." However, due to Scrooge saying that he wanted a security guard with a brain, they would need to hire a person to wear the suit. And to prevent the suit from falling into the wrong hands, Gyro programmed it to be activated by use of a secret code word that he figured nobody but the wearer would ever use - "blatherskite."

Fenton becomes Gizmoduck for the first time.

As fate would have it, Scrooge's new accountant, Fenton Crackshell was at the moment having trouble trying to retrieve Scrooge's Number One Dime after it was stolen by the Beagle Boys. Upon overhearing Scrooge and Gyro talking about it, Fenton decided to borrow the Gizmosuit and use it against the Beagles. In his attempt to put the suit on, Fenton uttered his catchphrase, "Blabberin' blatherskite," unaware of the second word being the trigger word for the suit, and officially became Gizmoduck for the first time. From then on, Fenton always uses "blabberin' blatherskite" to become Gizmoduck, despite only needing the second word it is possible that he does not realize he doesn't have to say the entire phrase.

Once the Gizmosuit has been donned, the only way to extricate oneself from it is to intercept the electronic signal sent to a television by a television remote control. Fenton discovers this while standing in front of his mother's television, after having previously been made to sleep in the carport.

Aside from Fenton, several other DuckTales characters have also worn the Gizmosuit at least once. In the third part of "Super DuckTales", Fenton's mother accidentally ended up wearing the suit when she shouted her son's catch phrase after he accidentally destroyed her TV. She would wear the suit again in "The Duck Who Knew Too Much". Launchpad McQuack has also worn the Gizmosuit at least twice, in the episode "A Case of Mistaken Secret Identity" and the Disney Adventures comic story "A Switch in Time" (in which Scrooge had Fenton and Launchpad switch jobs). Additionally, in "New Gizmo-Kids on the Block", Mrs. Crackshell accidentally shrank the Gizmosuit, which also somehow resulted in the code word being shortened to "blah." Due to this, Huey, Dewey, Louie, and Webby all ended up wearing the suit over the course of the episode.

Darkwing Duck

When Gizmoduck appeared on Darkwing Duck, the Gizmosuit had a noticeably altered design it was somewhat smaller and lacked the black coloring in the upper arms. This may be because, in the DuckTales episode "Attack of the Metal Mites", the suit was eaten by Flintheart Glomgold's Metal Mites, and thus it was slightly redesigned when it was repaired.

DuckTales (2017)

The rebooted version of the Gizmosuit.

The Gizmosuit reappears in the 2017 DuckTales reboot series. It is noticeably bulkier than the iterations from the original continuity, and also noticeably lacks the TV screen on the front, but also has a "G" emblem like the one from the "quack 2" Gizmosuit seen in Darkwing Duck #8 (see below). The end of the episode "The Great Dime Chase!" shows Gyro pondering about making the suit under the name "Project Blatherskite".

In "Beware the B.U.D.D.Y. System!", Gyro has gotten around to making the suit, but it is still in its prototype stage and refuses to let anyone (aside from his interns) see it. Like before, whoever says the suit's code word will activate the suit and become the suit's wearer currently, however, it only responds to Fenton's voice. Ώ] When Fenton needed to save Gyro and company from an out-of-control robot, he utters the code phrase to summon the suit, becoming Gizmoduck for the first time. Gizmoduck has trouble on using the suit as it has not been tested before. Fortunately, the suit has an assistance program to warn Gizmoduck and respond to his requests. Launchpad, Dewey, and Gyro are made aware that Fenton used the suit. After returning the suit, Gyro has Fenton agree to keep the project under wraps but can use the suit whenever he is Gizmoduck. However, Mark Beaks takes a dark interest in the suit for his own.

In "Who is Gizmoduck?!", Fenton attempts to use the suit to stop a bank robbery, but due to not having mastered the suit, accidentally destroys the bank. During a test run at Gyro's lab, Fenton excuses himself with a lab break so he can master its abilities on his own. However, Gyro and Huey discover Fenton, and Fenton accidentally fires a missile at Beaks's helicopter. After Fenton saves Beaks, Beaks proposes that Fenton work for Waddle as Waddleduck. Fenton refuses, but he is soon fired by Gyro, so he accepts Beaks's proposal. With the Gizmosuit rebranded as the Waddleduck suit, Fenton "aids" Duckburg citizens in mundane tasks. During one such task, he attempts to stop a Beagle Boy heist on his own, but is overridden. He decides to quit the job, but Beaks steals the suit and the mantle of Waddleduck for his own. As Beaks unveils himself as Waddleduck, Fenton tries to warn him, but Beaks ignores Fenton and the suit goes haywire. Donning the suit himself, and with Huey making Fenton's brain the core processor, Fenton seemingly sacrifices himself. In the hospital, however, Scrooge and Gyro present a new Gizmosuit for him to don and save Duckburg under Scrooge.

In "The Shadow War!", Fenton summons the Gizmosuit to stop his shadow once Magica summons every Duckburg citizen's shadow. However, his shadow dons the suit and incapacitates Fenton before joining Magica. Fenton's shadow, still in the suit, later confronts Donald Duck in the Money Bin. The suit is never seen afterwards.

The suit's operating system was voiced by Jim Rash.

This section of the article is a stub. You can help Disney Wiki by expanding it.


Appearances

DuckTales

After being forced to move his Money Bin to a location farther away from his mansion, Scrooge McDuck requested Gyro to build a robot who could guard the Bin from robbers. After Gyro's first attempt, the GICU-2 proved to be それも efficient at preventing anyone, including Scrooge, from getting close to the Money Bin, Scrooge ordered Gyro to build a new security guard that would have a brain. Gyro proceeded to build a cybernetic suit that would be "bulletproof, fireproof, and knuckleproof." However, due to Scrooge saying that he wanted a security guard with a brain, they would need to hire a person to wear the suit. And to prevent the suit from falling into the wrong hands, Gyro programmed it to be activated by use of a secret code word that he figured nobody but the wearer would ever use - "blatherskite."

Fenton becomes Gizmoduck for the first time.

As fate would have it, Scrooge's new accountant, Fenton Crackshell was at the moment having trouble trying to retrieve Scrooge's Number One Dime after it was stolen by the Beagle Boys. Upon overhearing Scrooge and Gyro talking about it, Fenton decided to borrow the Gizmosuit and use it against the Beagles. In his attempt to put the suit on, Fenton uttered his catchphrase, "Blabberin' blatherskite," unaware of the second word being the trigger word for the suit, and officially became Gizmoduck for the first time. From then on, Fenton always uses "blabberin' blatherskite" to become Gizmoduck, despite only needing the second word it is possible that he does not realize he doesn't have to say the entire phrase.

Once the Gizmosuit has been donned, the only way to extricate oneself from it is to intercept the electronic signal sent to a television by a television remote control. Fenton discovers this while standing in front of his mother's television, after having previously been made to sleep in the carport.

Aside from Fenton, several other DuckTales characters have also worn the Gizmosuit at least once. In the third part of "Super DuckTales", Fenton's mother accidentally ended up wearing the suit when she shouted her son's catch phrase after he accidentally destroyed her TV. She would wear the suit again in "The Duck Who Knew Too Much". Launchpad McQuack has also worn the Gizmosuit at least twice, in the episode "A Case of Mistaken Secret Identity" and the Disney Adventures comic story "A Switch in Time" (in which Scrooge had Fenton and Launchpad switch jobs). Additionally, in "New Gizmo-Kids on the Block", Mrs. Crackshell accidentally shrank the Gizmosuit, which also somehow resulted in the code word being shortened to "blah." Due to this, Huey, Dewey, Louie, and Webby all ended up wearing the suit over the course of the episode.

Darkwing Duck

When Gizmoduck appeared on Darkwing Duck, the Gizmosuit had a noticeably altered design it was somewhat smaller and lacked the black coloring in the upper arms. This may be because, in the DuckTales episode "Attack of the Metal Mites", the suit was eaten by Flintheart Glomgold's Metal Mites, and thus it was slightly redesigned when it was repaired.

DuckTales (2017)

The rebooted version of the Gizmosuit.

The Gizmosuit reappears in the 2017 DuckTales reboot series. It is noticeably bulkier than the iterations from the original continuity, and also noticeably lacks the TV screen on the front, but also has a "G" emblem like the one from the "quack 2" Gizmosuit seen in Darkwing Duck #8 (see below). The end of the episode "The Great Dime Chase!" shows Gyro pondering about making the suit under the name "Project Blatherskite".

In "Beware the B.U.D.D.Y. System!", Gyro has gotten around to making the suit, but it is still in its prototype stage and refuses to let anyone (aside from his interns) see it. Like before, whoever says the suit's code word will activate the suit and become the suit's wearer currently, however, it only responds to Fenton's voice. Ώ] When Fenton needed to save Gyro and company from an out-of-control robot, he utters the code phrase to summon the suit, becoming Gizmoduck for the first time. Gizmoduck has trouble on using the suit as it has not been tested before. Fortunately, the suit has an assistance program to warn Gizmoduck and respond to his requests. Launchpad, Dewey, and Gyro are made aware that Fenton used the suit. After returning the suit, Gyro has Fenton agree to keep the project under wraps but can use the suit whenever he is Gizmoduck. However, Mark Beaks takes a dark interest in the suit for his own.

In "Who is Gizmoduck?!", Fenton attempts to use the suit to stop a bank robbery, but due to not having mastered the suit, accidentally destroys the bank. During a test run at Gyro's lab, Fenton excuses himself with a lab break so he can master its abilities on his own. However, Gyro and Huey discover Fenton, and Fenton accidentally fires a missile at Beaks's helicopter. After Fenton saves Beaks, Beaks proposes that Fenton work for Waddle as Waddleduck. Fenton refuses, but he is soon fired by Gyro, so he accepts Beaks's proposal. With the Gizmosuit rebranded as the Waddleduck suit, Fenton "aids" Duckburg citizens in mundane tasks. During one such task, he attempts to stop a Beagle Boy heist on his own, but is overridden. He decides to quit the job, but Beaks steals the suit and the mantle of Waddleduck for his own. As Beaks unveils himself as Waddleduck, Fenton tries to warn him, but Beaks ignores Fenton and the suit goes haywire. Donning the suit himself, and with Huey making Fenton's brain the core processor, Fenton seemingly sacrifices himself. In the hospital, however, Scrooge and Gyro present a new Gizmosuit for him to don and save Duckburg under Scrooge.

In "The Shadow War!", Fenton summons the Gizmosuit to stop his shadow once Magica summons every Duckburg citizen's shadow. However, his shadow dons the suit and incapacitates Fenton before joining Magica. Fenton's shadow, still in the suit, later confronts Donald Duck in the Money Bin. The suit is never seen afterwards.

The suit's operating system was voiced by Jim Rash.

This section of the article is a stub. You can help Disney Wiki by expanding it.


Appearances

DuckTales

After being forced to move his Money Bin to a location farther away from his mansion, Scrooge McDuck requested Gyro to build a robot who could guard the Bin from robbers. After Gyro's first attempt, the GICU-2 proved to be それも efficient at preventing anyone, including Scrooge, from getting close to the Money Bin, Scrooge ordered Gyro to build a new security guard that would have a brain. Gyro proceeded to build a cybernetic suit that would be "bulletproof, fireproof, and knuckleproof." However, due to Scrooge saying that he wanted a security guard with a brain, they would need to hire a person to wear the suit. And to prevent the suit from falling into the wrong hands, Gyro programmed it to be activated by use of a secret code word that he figured nobody but the wearer would ever use - "blatherskite."

Fenton becomes Gizmoduck for the first time.

As fate would have it, Scrooge's new accountant, Fenton Crackshell was at the moment having trouble trying to retrieve Scrooge's Number One Dime after it was stolen by the Beagle Boys. Upon overhearing Scrooge and Gyro talking about it, Fenton decided to borrow the Gizmosuit and use it against the Beagles. In his attempt to put the suit on, Fenton uttered his catchphrase, "Blabberin' blatherskite," unaware of the second word being the trigger word for the suit, and officially became Gizmoduck for the first time. From then on, Fenton always uses "blabberin' blatherskite" to become Gizmoduck, despite only needing the second word it is possible that he does not realize he doesn't have to say the entire phrase.

Once the Gizmosuit has been donned, the only way to extricate oneself from it is to intercept the electronic signal sent to a television by a television remote control. Fenton discovers this while standing in front of his mother's television, after having previously been made to sleep in the carport.

Aside from Fenton, several other DuckTales characters have also worn the Gizmosuit at least once. In the third part of "Super DuckTales", Fenton's mother accidentally ended up wearing the suit when she shouted her son's catch phrase after he accidentally destroyed her TV. She would wear the suit again in "The Duck Who Knew Too Much". Launchpad McQuack has also worn the Gizmosuit at least twice, in the episode "A Case of Mistaken Secret Identity" and the Disney Adventures comic story "A Switch in Time" (in which Scrooge had Fenton and Launchpad switch jobs). Additionally, in "New Gizmo-Kids on the Block", Mrs. Crackshell accidentally shrank the Gizmosuit, which also somehow resulted in the code word being shortened to "blah." Due to this, Huey, Dewey, Louie, and Webby all ended up wearing the suit over the course of the episode.

Darkwing Duck

When Gizmoduck appeared on Darkwing Duck, the Gizmosuit had a noticeably altered design it was somewhat smaller and lacked the black coloring in the upper arms. This may be because, in the DuckTales episode "Attack of the Metal Mites", the suit was eaten by Flintheart Glomgold's Metal Mites, and thus it was slightly redesigned when it was repaired.

DuckTales (2017)

The rebooted version of the Gizmosuit.

The Gizmosuit reappears in the 2017 DuckTales reboot series. It is noticeably bulkier than the iterations from the original continuity, and also noticeably lacks the TV screen on the front, but also has a "G" emblem like the one from the "quack 2" Gizmosuit seen in Darkwing Duck #8 (see below). The end of the episode "The Great Dime Chase!" shows Gyro pondering about making the suit under the name "Project Blatherskite".

In "Beware the B.U.D.D.Y. System!", Gyro has gotten around to making the suit, but it is still in its prototype stage and refuses to let anyone (aside from his interns) see it. Like before, whoever says the suit's code word will activate the suit and become the suit's wearer currently, however, it only responds to Fenton's voice. Ώ] When Fenton needed to save Gyro and company from an out-of-control robot, he utters the code phrase to summon the suit, becoming Gizmoduck for the first time. Gizmoduck has trouble on using the suit as it has not been tested before. Fortunately, the suit has an assistance program to warn Gizmoduck and respond to his requests. Launchpad, Dewey, and Gyro are made aware that Fenton used the suit. After returning the suit, Gyro has Fenton agree to keep the project under wraps but can use the suit whenever he is Gizmoduck. However, Mark Beaks takes a dark interest in the suit for his own.

In "Who is Gizmoduck?!", Fenton attempts to use the suit to stop a bank robbery, but due to not having mastered the suit, accidentally destroys the bank. During a test run at Gyro's lab, Fenton excuses himself with a lab break so he can master its abilities on his own. However, Gyro and Huey discover Fenton, and Fenton accidentally fires a missile at Beaks's helicopter. After Fenton saves Beaks, Beaks proposes that Fenton work for Waddle as Waddleduck. Fenton refuses, but he is soon fired by Gyro, so he accepts Beaks's proposal. With the Gizmosuit rebranded as the Waddleduck suit, Fenton "aids" Duckburg citizens in mundane tasks. During one such task, he attempts to stop a Beagle Boy heist on his own, but is overridden. He decides to quit the job, but Beaks steals the suit and the mantle of Waddleduck for his own. As Beaks unveils himself as Waddleduck, Fenton tries to warn him, but Beaks ignores Fenton and the suit goes haywire. Donning the suit himself, and with Huey making Fenton's brain the core processor, Fenton seemingly sacrifices himself. In the hospital, however, Scrooge and Gyro present a new Gizmosuit for him to don and save Duckburg under Scrooge.

In "The Shadow War!", Fenton summons the Gizmosuit to stop his shadow once Magica summons every Duckburg citizen's shadow. However, his shadow dons the suit and incapacitates Fenton before joining Magica. Fenton's shadow, still in the suit, later confronts Donald Duck in the Money Bin. The suit is never seen afterwards.

The suit's operating system was voiced by Jim Rash.

This section of the article is a stub. You can help Disney Wiki by expanding it.


Appearances

DuckTales

After being forced to move his Money Bin to a location farther away from his mansion, Scrooge McDuck requested Gyro to build a robot who could guard the Bin from robbers. After Gyro's first attempt, the GICU-2 proved to be それも efficient at preventing anyone, including Scrooge, from getting close to the Money Bin, Scrooge ordered Gyro to build a new security guard that would have a brain. Gyro proceeded to build a cybernetic suit that would be "bulletproof, fireproof, and knuckleproof." However, due to Scrooge saying that he wanted a security guard with a brain, they would need to hire a person to wear the suit. And to prevent the suit from falling into the wrong hands, Gyro programmed it to be activated by use of a secret code word that he figured nobody but the wearer would ever use - "blatherskite."

Fenton becomes Gizmoduck for the first time.

As fate would have it, Scrooge's new accountant, Fenton Crackshell was at the moment having trouble trying to retrieve Scrooge's Number One Dime after it was stolen by the Beagle Boys. Upon overhearing Scrooge and Gyro talking about it, Fenton decided to borrow the Gizmosuit and use it against the Beagles. In his attempt to put the suit on, Fenton uttered his catchphrase, "Blabberin' blatherskite," unaware of the second word being the trigger word for the suit, and officially became Gizmoduck for the first time. From then on, Fenton always uses "blabberin' blatherskite" to become Gizmoduck, despite only needing the second word it is possible that he does not realize he doesn't have to say the entire phrase.

Once the Gizmosuit has been donned, the only way to extricate oneself from it is to intercept the electronic signal sent to a television by a television remote control. Fenton discovers this while standing in front of his mother's television, after having previously been made to sleep in the carport.

Aside from Fenton, several other DuckTales characters have also worn the Gizmosuit at least once. In the third part of "Super DuckTales", Fenton's mother accidentally ended up wearing the suit when she shouted her son's catch phrase after he accidentally destroyed her TV. She would wear the suit again in "The Duck Who Knew Too Much". Launchpad McQuack has also worn the Gizmosuit at least twice, in the episode "A Case of Mistaken Secret Identity" and the Disney Adventures comic story "A Switch in Time" (in which Scrooge had Fenton and Launchpad switch jobs). Additionally, in "New Gizmo-Kids on the Block", Mrs. Crackshell accidentally shrank the Gizmosuit, which also somehow resulted in the code word being shortened to "blah." Due to this, Huey, Dewey, Louie, and Webby all ended up wearing the suit over the course of the episode.

Darkwing Duck

When Gizmoduck appeared on Darkwing Duck, the Gizmosuit had a noticeably altered design it was somewhat smaller and lacked the black coloring in the upper arms. This may be because, in the DuckTales episode "Attack of the Metal Mites", the suit was eaten by Flintheart Glomgold's Metal Mites, and thus it was slightly redesigned when it was repaired.

DuckTales (2017)

The rebooted version of the Gizmosuit.

The Gizmosuit reappears in the 2017 DuckTales reboot series. It is noticeably bulkier than the iterations from the original continuity, and also noticeably lacks the TV screen on the front, but also has a "G" emblem like the one from the "quack 2" Gizmosuit seen in Darkwing Duck #8 (see below). The end of the episode "The Great Dime Chase!" shows Gyro pondering about making the suit under the name "Project Blatherskite".

In "Beware the B.U.D.D.Y. System!", Gyro has gotten around to making the suit, but it is still in its prototype stage and refuses to let anyone (aside from his interns) see it. Like before, whoever says the suit's code word will activate the suit and become the suit's wearer currently, however, it only responds to Fenton's voice. Ώ] When Fenton needed to save Gyro and company from an out-of-control robot, he utters the code phrase to summon the suit, becoming Gizmoduck for the first time. Gizmoduck has trouble on using the suit as it has not been tested before. Fortunately, the suit has an assistance program to warn Gizmoduck and respond to his requests. Launchpad, Dewey, and Gyro are made aware that Fenton used the suit. After returning the suit, Gyro has Fenton agree to keep the project under wraps but can use the suit whenever he is Gizmoduck. However, Mark Beaks takes a dark interest in the suit for his own.

In "Who is Gizmoduck?!", Fenton attempts to use the suit to stop a bank robbery, but due to not having mastered the suit, accidentally destroys the bank. During a test run at Gyro's lab, Fenton excuses himself with a lab break so he can master its abilities on his own. However, Gyro and Huey discover Fenton, and Fenton accidentally fires a missile at Beaks's helicopter. After Fenton saves Beaks, Beaks proposes that Fenton work for Waddle as Waddleduck. Fenton refuses, but he is soon fired by Gyro, so he accepts Beaks's proposal. With the Gizmosuit rebranded as the Waddleduck suit, Fenton "aids" Duckburg citizens in mundane tasks. During one such task, he attempts to stop a Beagle Boy heist on his own, but is overridden. He decides to quit the job, but Beaks steals the suit and the mantle of Waddleduck for his own. As Beaks unveils himself as Waddleduck, Fenton tries to warn him, but Beaks ignores Fenton and the suit goes haywire. Donning the suit himself, and with Huey making Fenton's brain the core processor, Fenton seemingly sacrifices himself. In the hospital, however, Scrooge and Gyro present a new Gizmosuit for him to don and save Duckburg under Scrooge.

In "The Shadow War!", Fenton summons the Gizmosuit to stop his shadow once Magica summons every Duckburg citizen's shadow. However, his shadow dons the suit and incapacitates Fenton before joining Magica. Fenton's shadow, still in the suit, later confronts Donald Duck in the Money Bin. The suit is never seen afterwards.

The suit's operating system was voiced by Jim Rash.

This section of the article is a stub. You can help Disney Wiki by expanding it.


Appearances

DuckTales

After being forced to move his Money Bin to a location farther away from his mansion, Scrooge McDuck requested Gyro to build a robot who could guard the Bin from robbers. After Gyro's first attempt, the GICU-2 proved to be それも efficient at preventing anyone, including Scrooge, from getting close to the Money Bin, Scrooge ordered Gyro to build a new security guard that would have a brain. Gyro proceeded to build a cybernetic suit that would be "bulletproof, fireproof, and knuckleproof." However, due to Scrooge saying that he wanted a security guard with a brain, they would need to hire a person to wear the suit. And to prevent the suit from falling into the wrong hands, Gyro programmed it to be activated by use of a secret code word that he figured nobody but the wearer would ever use - "blatherskite."

Fenton becomes Gizmoduck for the first time.

As fate would have it, Scrooge's new accountant, Fenton Crackshell was at the moment having trouble trying to retrieve Scrooge's Number One Dime after it was stolen by the Beagle Boys. Upon overhearing Scrooge and Gyro talking about it, Fenton decided to borrow the Gizmosuit and use it against the Beagles. In his attempt to put the suit on, Fenton uttered his catchphrase, "Blabberin' blatherskite," unaware of the second word being the trigger word for the suit, and officially became Gizmoduck for the first time. From then on, Fenton always uses "blabberin' blatherskite" to become Gizmoduck, despite only needing the second word it is possible that he does not realize he doesn't have to say the entire phrase.

Once the Gizmosuit has been donned, the only way to extricate oneself from it is to intercept the electronic signal sent to a television by a television remote control. Fenton discovers this while standing in front of his mother's television, after having previously been made to sleep in the carport.

Aside from Fenton, several other DuckTales characters have also worn the Gizmosuit at least once. In the third part of "Super DuckTales", Fenton's mother accidentally ended up wearing the suit when she shouted her son's catch phrase after he accidentally destroyed her TV. She would wear the suit again in "The Duck Who Knew Too Much". Launchpad McQuack has also worn the Gizmosuit at least twice, in the episode "A Case of Mistaken Secret Identity" and the Disney Adventures comic story "A Switch in Time" (in which Scrooge had Fenton and Launchpad switch jobs). Additionally, in "New Gizmo-Kids on the Block", Mrs. Crackshell accidentally shrank the Gizmosuit, which also somehow resulted in the code word being shortened to "blah." Due to this, Huey, Dewey, Louie, and Webby all ended up wearing the suit over the course of the episode.

Darkwing Duck

When Gizmoduck appeared on Darkwing Duck, the Gizmosuit had a noticeably altered design it was somewhat smaller and lacked the black coloring in the upper arms. This may be because, in the DuckTales episode "Attack of the Metal Mites", the suit was eaten by Flintheart Glomgold's Metal Mites, and thus it was slightly redesigned when it was repaired.

DuckTales (2017)

The rebooted version of the Gizmosuit.

The Gizmosuit reappears in the 2017 DuckTales reboot series. It is noticeably bulkier than the iterations from the original continuity, and also noticeably lacks the TV screen on the front, but also has a "G" emblem like the one from the "quack 2" Gizmosuit seen in Darkwing Duck #8 (see below). The end of the episode "The Great Dime Chase!" shows Gyro pondering about making the suit under the name "Project Blatherskite".

In "Beware the B.U.D.D.Y. System!", Gyro has gotten around to making the suit, but it is still in its prototype stage and refuses to let anyone (aside from his interns) see it. Like before, whoever says the suit's code word will activate the suit and become the suit's wearer currently, however, it only responds to Fenton's voice. Ώ] When Fenton needed to save Gyro and company from an out-of-control robot, he utters the code phrase to summon the suit, becoming Gizmoduck for the first time. Gizmoduck has trouble on using the suit as it has not been tested before. Fortunately, the suit has an assistance program to warn Gizmoduck and respond to his requests. Launchpad, Dewey, and Gyro are made aware that Fenton used the suit. After returning the suit, Gyro has Fenton agree to keep the project under wraps but can use the suit whenever he is Gizmoduck. However, Mark Beaks takes a dark interest in the suit for his own.

In "Who is Gizmoduck?!", Fenton attempts to use the suit to stop a bank robbery, but due to not having mastered the suit, accidentally destroys the bank. During a test run at Gyro's lab, Fenton excuses himself with a lab break so he can master its abilities on his own. However, Gyro and Huey discover Fenton, and Fenton accidentally fires a missile at Beaks's helicopter. After Fenton saves Beaks, Beaks proposes that Fenton work for Waddle as Waddleduck. Fenton refuses, but he is soon fired by Gyro, so he accepts Beaks's proposal. With the Gizmosuit rebranded as the Waddleduck suit, Fenton "aids" Duckburg citizens in mundane tasks. During one such task, he attempts to stop a Beagle Boy heist on his own, but is overridden. He decides to quit the job, but Beaks steals the suit and the mantle of Waddleduck for his own. As Beaks unveils himself as Waddleduck, Fenton tries to warn him, but Beaks ignores Fenton and the suit goes haywire. Donning the suit himself, and with Huey making Fenton's brain the core processor, Fenton seemingly sacrifices himself. In the hospital, however, Scrooge and Gyro present a new Gizmosuit for him to don and save Duckburg under Scrooge.

In "The Shadow War!", Fenton summons the Gizmosuit to stop his shadow once Magica summons every Duckburg citizen's shadow. However, his shadow dons the suit and incapacitates Fenton before joining Magica. Fenton's shadow, still in the suit, later confronts Donald Duck in the Money Bin. The suit is never seen afterwards.

The suit's operating system was voiced by Jim Rash.

This section of the article is a stub. You can help Disney Wiki by expanding it.