伝統的なレシピ

US News&World Reportによると、毎日の料理:Whole30、Paleo、Dukanが最悪の食事です

US News&World Reportによると、毎日の料理:Whole30、Paleo、Dukanが最悪の食事です

US News&World Reportによると、Whole30、Paleo、Dukanは最悪の食事療法です

にとって U.S. News&World Report’s 年間ダイエットランキング、専門家 最も人気のあるダイエッ​​トの38位 彼らがどれほど簡単に従うかに基づいて;短期的および長期的な体重減少をもたらす能力。それらの栄養の完全性;彼らの安全;予防と管理の可能性 糖尿病心臓病。 1つの全体的な食事は ダッシュ (高血圧を止めるための食事療法)、これは塩分摂取量を減らし、繊維消費量を増やすことによって血圧を下げることに焦点を当てています。 NS 地中海式ダイエット全粒穀物、野菜、そしてたっぷり 健康的な脂肪 オリーブオイルのように—2番目に来ました。リストの一番下にウイルスがありました Whole30 砂糖、アルコール、穀物をすべて厳密に排除する30日間の「チャレンジ」で知られるダイエッ​​ト。 NS パレオ 過去数年間で最も人気のある栄養ライフスタイルの1つであるダイエッ​​トは、38のうち36にランク付けされました。

Smarterが消費者のお金と食べ物を節約する新しいガジェット「FridgeCam」をデビュー

今年は、全米家電協会の年次会議で ラスベガス、Smarterは「FridgeCam」をデビューさせました。 消費者を追跡して通知するワイヤレス冷蔵庫カメラ のSmarterアプリを介して 期限切れが近づいている食品、会社によると Webサイト。その他の機能には、冷蔵庫の内容を追跡し、不足しているときにショッピングリストに追加して、提供する機能が含まれます。 レシピ 賞味期限が近づいているアイテムが含まれます。 「私たちは、人々のお金、時間、エネルギーを節約するだけでなく、取り組むためにFridgeCamを作成しました。 食品廃棄物 Smarterの作成者であるChristianLaneは、声明の中で述べています。 FridgeCamは現在利用可能です オンライン 約$ 125の予約注文で、2017年春に正式に発売されます。

オプラは彼女の最初の料理本を出版し、ウェイトウォッチャーの旅を強調します

オプラの最初の料理本 彼女の食事の旅と42ポンドの減量の詳細が火曜日にリリースされ、タイトルが付けられました 食べ物、健康、幸福:素晴らしい食事とより良い生活のための115のオンポイントレシピ。タイトルは一口かもしれませんが、本はかみ傷がたくさんあります。 USAトゥデイによると、 でも ウィンフリーウェイトウォッチャー 広報担当者と各レシピには、人気のある減量プログラムのポイント値が付属しています。この本は、簡単なダイエットクックブックというよりも、彼女の生涯にわたる食品との関係について書かれています。 「これで、ようやくルールを内部化できました。 きれいに食べる (最小限に加工された食品)、私は自分自身にそれらの規則を破らせました!」ウィンフリーは本の中で言っています。 「私はそれを頻繁に行うことはなく、無意識に行うこともありません。目標は、私の耽溺を意図的にすることです。わざと目指します。私は退廃を計画しています。」

コカ・コーラが甘い飲み物の「誤った誤解を招くマーケティング」で訴えられた

健康アドボカシー監視組織である公益科学センターが訴訟を起こした コカコーラ わざと 砂糖飲料に関連する健康上のリスクについて一般の人々を誤解させる, BusinessInsiderが報告しました。 CSPIの訴訟では、コカコーラと アメリカ飲料協会 長い間軽視してきた 砂糖の 肥満の急増レベルにおける役割。科学者たちは最近、社会の長年の嫌悪感を覆しました 高脂肪食品、それを主張する 適度な量の脂肪はあなたに良いです そしてその砂糖は本当に社会の健康問題の多くのせいです。訴訟では、コカ・コーラとABAが、高甘味飲料の潜在的な健康リスクに関する情報の開示、公衆衛生キャンペーンへの資金提供、子供向けの広告の終了、および誤解を招く健康強調表示を含むマーケティングキャンペーンを要求しました。

オーストラリアのワイン会社は、新しいレッドブレンドで「暗くて神秘的な」ミレニアル世代をターゲットにしています

今週、陰気なミレニアル世代は ワイン の発売で彼らのためだけに作られました オーストラリアの 希望は終わる レッドブレンド、世界中を移動する家族の逆境に触発されたワイン。このワインは、オーストラリアで最も古いワイン製造家の1つであるアンゴーブからのもので、去った後にワイン製造事業に参入しました。 ロンドン 新たな始まりを期待して、「陰気な」ポートミザリーに落ち着くためだけに、 南オーストラリア、19世紀には、 プレスリリース。ホープスエンドのなめらかなグレースケールの美学は 25〜35歳のワインを飲む人を引き付けるために作成されました 「暗く、神秘的で、本物の物語を持つブランドに興味をそそられる人」は、Angove家の物語によく似ています。ホープスエンドレッドブレンドは、 我ら。 とオーストラリアの希望小売価格は11.99ドルです。


庭からの食べ物

それで、私たちの多くが気象条件や長引くパンデミックのために立ち往生している寒い冬の日に、私たちは何をしましたか?今回は、私たちの生活の中にあったものが何であれ、すべての混乱がなくなることを期待して、より多くの食べ物を口に詰めることを求めましたか?それとも、うつ病に隣接するブルースのケースが原因で、私たちは食べるのをやめたり、食べ過ぎたりしたのでしょうか?

最新の栄養やダイエットのニュースを読んでいるかどうかにかかわらず、私たちのほとんどはより健康的な食事をしたいと思っており、私たちの多くは5ポンド以上を失いたいと思っています。特別食が良いのか悪いのかわからないことがあります。 US News and World Reportによって選択されたものなどの専門家からの編集物は、私たちの健康のための最良および最悪の食事の要約を提供します。前回のブログでは、最も健康的だと考えられているダイエッ​​トについて見てきました。ニュースパネルは、体重を減らすためだけでなく、心臓の健康、糖尿病などの他の健康状態のために39の食事療法をランク付けしました。

最下位の減量ダイエット3

評価された食事療法のうち、特定の健康問題に関連する食事療法は、体重管理ではなく他の条件を目的としていたため、ベスト減量食事療法のスコアが低い可能性があります。

  • グリセミック指数(GI)ダイエットは、血糖値(糖)レベルへの影響に応じて食品中の炭水化物を識別します。消化管が低いほど、食物の消化、吸収、代謝が遅くなります。それは、#32で、減量と健康的な食事で宣伝された、より有名な古ダイエットと結びついています。
  • 出産する食事療法(#35)は、その名前が示すように、減量を目的としたものではありませんでした。しかし、委員会はそれが高価で、不便で、労働集約的であると考えました。それは人気のあるWhole30ダイエットと結びついています。
  • AIP(自己免疫プロトコルダイエット)は、炎症を軽減し、自己免疫疾患のある人を助けるように設計されています。
  • GAPSダイエット(腸と心理学症候群)は、2つの最低ランクのAIPと結びついた除去ダイエットです。

良いか悪いかにかかわらず、ほとんどの減量ダイエットは私たちが数ポンドを失うのを助けます。ただし、不健康な場合や、無期限に継続することが難しいように構成された食事療法である場合があります。ニュースパネルの39の評価から、ここに逆の順序で上位5つの敗者があります。

  • ファストダイエット(#30)は、5:2ダイエットと呼ばれることが多い食事のパターンを反映しています。通常、週の5日間は食事をし、連続しない2日間はカロリーを通常の摂取量の約4分の1に減らします。食事療法は、断食していない日の健康的な食事についてのガイダンスを提供することができませんでした。
  • パレオダイエット(GIと結びついた#32)には強い支持があります。洞窟人がそれを食べなかったなら、私たちも食べてはいけないという前提があります。食事療法は健康的な食事計画には制限が多すぎると考えられています。精製された砂糖、豆類、穀物、乳製品を制限し、肉、魚、鶏肉、果物、野菜を含みます。
  • デュカンダイエット(#34)は、いくつかのカテゴリーで最低にランクされ、全体的にベストダイエットで最後になりました。支持者は、食事療法士が最初の週に10ポンド、次の週に2〜4ポンドを失うと主張しています。これが実際に減量ダイエットであるかどうかという疑問もあります。パネルはそれが機能しないと述べ、そしてそれをばかげていると呼ぶ人がいた。ルールは厳しく、プロトコルに従うのは難しいです。
  • 開発者によると、Whole30ダイエット(#35)は、ダイエット、減量計画、または迅速な解決策ではありません。それはおそらくあなたの人生を変えるでしょう。 30日間、ダイエット(またはライフチェンジャー)は砂糖、乳製品、穀物、アルコールを制限します。この食事療法は心臓の弱い人にはお勧めできず、炭水化物に関する政府の基準を満たしていません。
  • アルカリ性食(#37)には、多くの規則があり、研究はほとんどありません。ある専門家のパネリストはそれをばかげていると説明しました。理論は、アルカリ性は良いです-酸は悪いです。食事は、7.0を中性として0から14のpHスケールで測定されます。 7.0を超える数値が高いほど、物質のアルカリ性が高くなります。同様に、7.0未満の数値が小さいほど、酸性度が高くなります。私たちが食べるものは、血液の通常のpHである7.35〜7.45(わずかにアルカリ性)にはほとんど影響しません。この食事療法に従う人々は、適切なタンパク質とカルシウムの摂取量を維持するのが難しいかもしれません、そして食事療法は最終的に血中pHレベルの問題を引き起こす可能性があります。

ダイエットが人気があるからといって、それが良い選択にならないことを私たちが理解するために、ランクの低い減量ダイエットを指摘します。体重を減らすのに助けが必要な場合は、体重管理に堪能な登録栄養士に相談してください。これは 国民栄養月間 ですから、どんな食事を選んだとしても、それが有益で害がないことを確認してください。


庭からの食べ物

それで、私たちの多くが気象条件や長引くパンデミックのために立ち往生している寒い冬の日に、私たちは何をしましたか?今回は、私たちの生活の中にあったものが何であれ、すべての混乱がなくなることを期待して、より多くの食べ物を口に詰めることを求めましたか?それとも、うつ病に隣接するブルースのケースが原因で、私たちは食べるのをやめたり、食べ過ぎたりしたのでしょうか?

最新の栄養やダイエットのニュースを読んでいるかどうかにかかわらず、私たちのほとんどはより健康的な食事をしたいと思っており、私たちの多くは5ポンド以上を失いたいと思っています。特別食が良いのか悪いのかわからないことがあります。 US News and World Reportによって選択されたものなどの専門家からの編集物は、私たちの健康のための最良および最悪の食事の要約を提供します。前回のブログでは、最も健康的だと考えられているダイエッ​​トについて見てきました。ニュースパネルは、体重を減らすためだけでなく、心臓の健康、糖尿病などの他の健康状態のために39の食事療法をランク付けしました。

最下位の減量ダイエット3

評価されたダイエットのうち、特定の健康問題に関連するダイエッ​​トは、体重管理ではなく他の条件を対象としているため、ベスト減量ダイエットのスコアが低い可能性があります。

  • グリセミック指数(GI)ダイエットは、血糖値(糖)レベルへの影響に応じて食品中の炭水化物を識別します。消化管が低いほど、食物の消化、吸収、代謝が遅くなります。それは、#32で、減量と健康的な食事で宣伝された、より有名な古ダイエットと結びついています。
  • 出産する食事療法(#35)は、その名前が示すように、減量を目的としたものではありませんでした。しかし、委員会はそれが高価で、不便で、労働集約的であると考えました。それは人気のあるWhole30ダイエットと結びついています。
  • AIP(自己免疫プロトコルダイエット)は、炎症を軽減し、自己免疫疾患のある人を助けるように設計されています。
  • GAPSダイエット(腸と心理学症候群)は、2つの最低ランクのAIPと結びついた除去ダイエットです。

良いか悪いかにかかわらず、ほとんどの減量ダイエットは私たちが数ポンドを失うのを助けます。ただし、不健康な場合や、無期限に継続することが難しいように構成された食事療法である場合があります。ニュースパネルの39の評価から、ここに逆の順序で上位5つの敗者があります。

  • ファストダイエット(#30)は、5:2ダイエットと呼ばれることが多い食事のパターンを反映しています。通常、週の5日間は食事をし、連続しない2日間はカロリーを通常の摂取量の約4分の1に減らします。食事療法は、断食していない日の健康的な食事についてのガイダンスを提供することができませんでした。
  • パレオダイエット(GIと結びついた#32)には強い支持があります。洞窟人がそれを食べなかったなら、私たちも食べてはいけないという前提があります。食事療法は健康的な食事計画には制限が多すぎると考えられています。精製された砂糖、豆類、穀物、乳製品を制限し、肉、魚、鶏肉、果物、野菜を含みます。
  • デュカンダイエット(#34)は、いくつかのカテゴリーで最低にランクされ、全体的にベストダイエットで最後になりました。支持者は、食事療法士が最初の週に10ポンド、次の週に2〜4ポンドを失うと主張しています。これが実際に減量ダイエットであるかどうかという疑問もあります。パネルはそれが機能しないと述べ、そしてそれをばかげていると呼ぶ人がいた。ルールは厳しく、プロトコルに従うのは難しいです。
  • 開発者によると、Whole30ダイエット(#35)は、ダイエット、減量計画、または迅速な解決策ではありません。それはおそらくあなたの人生を変えるでしょう。 30日間、ダイエット(またはライフチェンジャー)は砂糖、乳製品、穀物、アルコールを制限します。この食事療法は心臓の弱い人にはお勧めできず、炭水化物に関する政府の基準を満たしていません。
  • アルカリ性食(#37)には、多くの規則があり、研究はほとんどありません。ある専門家のパネリストはそれをばかげていると説明しました。理論は、アルカリ性は良いです-酸は悪いです。食事は、7.0を中性として0から14のpHスケールで測定されます。 7.0を超える数値が高いほど、物質のアルカリ性が高くなります。同様に、7.0未満の数値が小さいほど、酸性度が高くなります。私たちが食べるものは、血液の通常のpHである7.35〜7.45(わずかにアルカリ性)にはほとんど影響しません。この食事療法に従う人々は、適切なタンパク質とカルシウムの摂取量を維持するのが難しいかもしれません、そして食事療法は最終的に血中pHレベルの問題を引き起こす可能性があります。

ダイエットが人気があるからといって、それが良い選択にならないことを私たちが理解するために、ランクの低い減量ダイエットを指摘します。体重を減らすのに助けが必要な場合は、体重管理に堪能な登録栄養士に相談してください。これは 国民栄養月間 ですから、どんな食事を選んだとしても、それが有益で害がないことを確認してください。


庭からの食べ物

それで、私たちの多くが気象条件や長引くパンデミックのために立ち往生している寒い冬の日に、私たちは何をしましたか?今回は、私たちの生活の中にあったものが何であれ、すべての混乱がなくなることを期待して、より多くの食べ物を口に詰めることを求めましたか?それとも、うつ病に隣接するブルースのケースが原因で、私たちは食べるのをやめたり、食べ過ぎたりしたのでしょうか?

最新の栄養やダイエットのニュースを読んでいるかどうかにかかわらず、私たちのほとんどはより健康的な食事をしたいと思っており、私たちの多くは5ポンド以上を失いたいと思っています。特別食が良いのか悪いのかわからないことがあります。 US News and World Reportによって選択されたものなどの専門家からの編集物は、私たちの健康のための最良および最悪の食事の要約を提供します。前回のブログでは、最も健康的だと考えられているダイエッ​​トについて見てきました。ニュースパネルは、体重を減らすためだけでなく、心臓の健康、糖尿病などの他の健康状態のために39の食事療法をランク付けしました。

最下位の減量ダイエット3

評価された食事療法のうち、特定の健康問題に関連する食事療法は、体重管理ではなく他の条件を目的としていたため、ベスト減量食事療法のスコアが低い可能性があります。

  • グリセミック指数(GI)ダイエットは、血糖値(糖)レベルへの影響に応じて食品中の炭水化物を識別します。消化管が低いほど、食物の消化、吸収、代謝が遅くなります。それは、#32で、減量と健康的な食事で宣伝された、より有名な古ダイエットと結びついています。
  • 出産する食事療法(#35)は、その名前が示すように、減量を目的としたものではありませんでした。しかし、委員会はそれが高価で、不便で、労働集約的であると考えました。それは人気のあるWhole30ダイエットと結びついています。
  • AIP(自己免疫プロトコルダイエット)は、炎症を軽減し、自己免疫疾患のある人を助けるように設計されています。
  • GAPSダイエット(腸と心理学症候群)は、2つの最低ランクのAIPと結びついた除去ダイエットです。

良いか悪いかにかかわらず、ほとんどの減量ダイエットは私たちが数ポンドを失うのを助けます。ただし、不健康な場合や、無期限に継続することが難しいように構成された食事療法である場合があります。ニュースパネルの39の評価から、ここに逆の順序で上位5つの敗者があります。

  • ファストダイエット(#30)は、5:2ダイエットと呼ばれることが多い食事のパターンを反映しています。通常、週の5日間は食事をし、連続しない2日間はカロリーを通常の摂取量の約4分の1に減らします。食事療法は、断食していない日の健康的な食事についてのガイダンスを提供することができませんでした。
  • パレオダイエット(GIと結びついた#32)には強い支持があります。洞窟人がそれを食べなかったなら、私たちも食べてはいけないという前提があります。食事療法は健康的な食事計画には制限が多すぎると考えられています。精製された砂糖、豆類、穀物、乳製品を制限し、肉、魚、鶏肉、果物、野菜を含みます。
  • デュカンダイエット(#34)は、いくつかのカテゴリーで最低にランクされ、全体的にベストダイエットで最後になりました。支持者は、食事療法士が最初の週に10ポンド、次の週に2〜4ポンドを失うと主張しています。これが実際に減量ダイエットであるかどうかという疑問もあります。パネルはそれが機能しないと述べ、そしてそれをばかげていると呼ぶ人がいた。ルールは厳しく、プロトコルに従うのは難しいです。
  • 開発者によると、Whole30ダイエット(#35)は、ダイエット、減量計画、または迅速な解決策ではありません。それはおそらくあなたの人生を変えるでしょう。 30日間、ダイエット(またはライフチェンジャー)は砂糖、乳製品、穀物、アルコールを制限します。この食事療法は心臓の弱い人にはお勧めできず、炭水化物に関する政府の基準を満たしていません。
  • アルカリ性食(#37)には、多くの規則があり、研究はほとんどありません。ある専門家のパネリストはそれをばかげていると説明しました。理論は、アルカリ性は良いです-酸は悪いです。食事は、7.0を中性として0から14のpHスケールで測定されます。 7.0を超える数値が高いほど、物質のアルカリ性が高くなります。同様に、7.0未満の数値が小さいほど、酸性度が高くなります。私たちが食べるものは、血液の通常のpHである7.35〜7.45(わずかにアルカリ性)にはほとんど影響しません。この食事療法に従う人々は、適切なタンパク質とカルシウムの摂取量を維持するのが難しいかもしれません、そして食事療法は最終的に血中pHレベルの問題を引き起こす可能性があります。

ダイエットが人気があるからといって、それが良い選択にならないことを私たちが理解するために、ランクの低い減量ダイエットを指摘します。体重を減らすのに助けが必要な場合は、体重管理に堪能な登録栄養士に相談してください。これは 国民栄養月間 ですから、どんな食事を選んだとしても、それが有益で害がないことを確認してください。


庭からの食べ物

それで、私たちの多くが気象条件や長引くパンデミックのために立ち往生している寒い冬の日に、私たちは何をしましたか?今回は、私たちの生活の中にあったものが何であれ、すべての混乱がなくなることを期待して、より多くの食べ物を口に詰めることを求めましたか?それとも、うつ病に隣接するブルースのケースが原因で、私たちは食べるのをやめたり、食べ過ぎたりしたのでしょうか?

最新の栄養やダイエットのニュースを読んでいるかどうかにかかわらず、私たちのほとんどはより健康的な食事をしたいと思っており、私たちの多くは5ポンド以上を失いたいと思っています。特別食が良いのか悪いのかわからないことがあります。 US News and World Reportによって選択されたものなどの専門家からの編集物は、私たちの健康のための最良および最悪の食事の要約を提供します。前回のブログでは、最も健康的だと考えられているダイエッ​​トについて見てきました。ニュースパネルは、体重を減らすためだけでなく、心臓の健康、糖尿病などの他の健康状態のために39の食事療法をランク付けしました。

最下位の減量ダイエット3

評価された食事療法のうち、特定の健康問題に関連する食事療法は、体重管理ではなく他の条件を目的としていたため、ベスト減量食事療法のスコアが低い可能性があります。

  • グリセミック指数(GI)ダイエットは、血糖値(糖)レベルへの影響に応じて食品中の炭水化物を識別します。消化管が低いほど、食物の消化、吸収、代謝が遅くなります。それは、#32で、減量と健康的な食事で宣伝された、より有名な古ダイエットと結びついています。
  • 出産する食事療法(#35)は、その名前が示すように、減量を目的としたものではありませんでした。しかし、委員会はそれが高価で、不便で、労働集約的であると考えました。それは人気のあるWhole30ダイエットと結びついています。
  • AIP(自己免疫プロトコルダイエット)は、炎症を軽減し、自己免疫疾患のある人を助けるように設計されています。
  • GAPSダイエット(腸と心理学症候群)は、2つの最低ランクのAIPと結びついた除去ダイエットです。

良いか悪いかにかかわらず、ほとんどの減量ダイエットは私たちが数ポンドを失うのを助けます。ただし、不健康な場合や、無期限に継続することが難しいように構成された食事療法である場合があります。ニュースパネルの39の評価から、ここに逆の順序で上位5つの敗者があります。

  • ファストダイエット(#30)は、5:2ダイエットと呼ばれることが多い食事のパターンを反映しています。通常、週の5日間は食事をし、連続しない2日間はカロリーを通常の摂取量の約4分の1に減らします。食事療法は、断食していない日の健康的な食事についてのガイダンスを提供することができませんでした。
  • パレオダイエット(GIと結びついた#32)には強い支持があります。洞窟人がそれを食べなかったなら、私たちも食べてはいけないという前提があります。食事療法は健康的な食事計画には制限が多すぎると考えられています。精製された砂糖、豆類、穀物、乳製品を制限し、肉、魚、鶏肉、果物、野菜を含みます。
  • デュカンダイエット(#34)は、いくつかのカテゴリーで最低にランクされ、全体的にベストダイエットで最後になりました。支持者は、食事療法士が最初の週に10ポンド、次の週に2〜4ポンドを失うと主張しています。これが実際に減量ダイエットであるかどうかという疑問もあります。パネルはそれが機能しないと述べ、そしてそれをばかげていると呼ぶ人がいた。ルールは厳しく、プロトコルに従うのは難しいです。
  • 開発者によると、Whole30ダイエット(#35)は、ダイエット、減量計画、または迅速な解決策ではありません。それはおそらくあなたの人生を変えるでしょう。 30日間、ダイエット(またはライフチェンジャー)は砂糖、乳製品、穀物、アルコールを制限します。この食事療法は心臓の弱い人にはお勧めできず、炭水化物に関する政府の基準を満たしていません。
  • アルカリ性食(#37)には、多くの規則があり、研究はほとんどありません。ある専門家のパネリストは、それをばかげていると説明しました。理論は、アルカリ性は良いです-酸は悪いです。食事は、7.0を中性として0から14のpHスケールで測定されます。 7.0を超える数値が高いほど、物質のアルカリ性が高くなります。同様に、7.0未満の数値が小さいほど、酸性度が高くなります。私たちが食べるものは、血液の通常のpHである7.35〜7.45(わずかにアルカリ性)にはほとんど影響しません。この食事療法に従う人々は、適切なタンパク質とカルシウムの摂取量を維持するのが難しいかもしれません、そして食事療法は最終的に血中pHレベルの問題を引き起こす可能性があります。

ダイエットが人気があるからといって、それが良い選択にならないことを私たちが理解するために、ランクの低い減量ダイエットを指摘します。体重を減らすのに助けが必要な場合は、体重管理に堪能な登録栄養士に相談してください。これは 国民栄養月間 ですから、どんな食事を選んだとしても、それが有益で害がないことを確認してください。


庭からの食べ物

それで、私たちの多くが気象条件や長引くパンデミックのために立ち往生している寒い冬の日に、私たちは何をしましたか?今回は、私たちの生活の中にあったものが何であれ、すべての混乱がなくなることを期待して、より多くの食べ物を口に詰めることを求めましたか?それとも、うつ病に隣接するブルースのケースが原因で、私たちは食べるのをやめたり、食べ過ぎたりしたのでしょうか?

最新の栄養やダイエットのニュースを読んでいるかどうかにかかわらず、私たちのほとんどはより健康的な食事をしたいと思っており、私たちの多くは5ポンド以上を失いたいと思っています。特別食が良いのか悪いのかわからないことがあります。 US News and World Reportによって選択されたものなどの専門家からの編集物は、私たちの健康のための最良および最悪の食事の要約を提供します。前回のブログでは、最も健康的だと考えられているダイエッ​​トについて見てきました。ニュースパネルは、体重を減らすためだけでなく、心臓の健康、糖尿病などの他の健康状態のために39の食事療法をランク付けしました。

最下位の減量ダイエット3

評価された食事療法のうち、特定の健康問題に関連する食事療法は、体重管理ではなく他の条件を目的としていたため、ベスト減量食事療法のスコアが低い可能性があります。

  • グリセミック指数(GI)ダイエットは、血糖値(糖)レベルへの影響に応じて食品中の炭水化物を識別します。消化管が低いほど、食物の消化、吸収、代謝が遅くなります。それは、#32で、減量と健康的な食事で宣伝された、より有名な古ダイエットと結びついています。
  • 出産する食事療法(#35)は、その名前が示すように、減量を目的としたものではありませんでした。しかし、委員会はそれが高価で、不便で、労働集約的であると考えました。それは人気のあるWhole30ダイエットと結びついています。
  • AIP(自己免疫プロトコルダイエット)は、炎症を軽減し、自己免疫疾患のある人を助けるように設計されています。
  • GAPSダイエット(腸と心理学症候群)は、2つの最低ランクのAIPと結びついた除去ダイエットです。

良いか悪いかにかかわらず、ほとんどの減量ダイエットは私たちが数ポンドを失うのを助けます。ただし、不健康な場合や、無期限に継続することが難しいように構成された食事療法である場合があります。ニュースパネルの39の評価から、ここに逆の順序で上位5つの敗者があります。

  • ファストダイエット(#30)は、5:2ダイエットと呼ばれることが多い食事のパターンを反映しています。通常、週の5日間は食事をし、連続しない2日間はカロリーを通常の摂取量の約4分の1に減らします。食事療法は、断食していない日の健康的な食事についてのガイダンスを提供することができませんでした。
  • パレオダイエット(GIと結びついた#32)には強い支持があります。洞窟人がそれを食べなかったなら、私たちも食べてはいけないという前提があります。食事は健康的な食事計画には制限が多すぎると考えられています。精製された砂糖、豆類、穀物、乳製品を制限し、肉、魚、鶏肉、果物、野菜を含みます。
  • デュカンダイエット(#34)は、いくつかのカテゴリーで最低にランクされ、全体的にベストダイエットで最後になりました。支持者は、食事療法士が最初の週に10ポンド、次の週に2〜4ポンドを失うと主張しています。これが実際に減量ダイエットであるかどうかという疑問もあります。パネルはそれが機能しないと述べ、そしてそれをばかげていると呼ぶ人がいた。ルールは厳しく、プロトコルに従うのは難しいです。
  • 開発者によると、Whole30ダイエット(#35)は、ダイエット、減量計画、または迅速な解決策ではありません。それはおそらくあなたの人生を変えるでしょう。 30日間、ダイエット(またはライフチェンジャー)は砂糖、乳製品、穀物、アルコールを制限します。この食事療法は心臓の弱い人にはお勧めできず、炭水化物に関する政府の基準を満たしていません。
  • アルカリ性食(#37)には、多くの規則があり、研究はほとんどありません。ある専門家のパネリストは、それをばかげていると説明しました。理論は、アルカリ性は良いです-酸は悪いです。食事は、7.0を中性として0から14のpHスケールで測定されます。 7.0を超える数値が高いほど、物質のアルカリ性が高くなります。同様に、7.0未満の数値が小さいほど、酸性度が高くなります。私たちが食べるものは、血液の通常のpHである7.35〜7.45(わずかにアルカリ性)にはほとんど影響しません。この食事療法に従う人々は、適切なタンパク質とカルシウムの摂取量を維持するのが難しいかもしれません、そして食事療法は最終的に血中pHレベルの問題を引き起こす可能性があります。

ダイエットが人気があるからといって、それが良い選択にならないことを私たちが理解するために、ランクの低い減量ダイエットを指摘します。体重を減らすのに助けが必要な場合は、体重管理に堪能な登録栄養士に相談してください。これは 国民栄養月間 だからあなたが選ぶ食事療法が何であれ、それが有益で害がないことを確認してください。


庭からの食べ物

それで、私たちの多くが気象条件や長引くパンデミックのために立ち往生している寒い冬の日に、私たちは何をしましたか?今回は、私たちの生活の中にあったものが何であれ、すべての混乱がなくなることを期待して、より多くの食べ物を口に詰めることを求めましたか?それとも、うつ病に隣接するブルースのケースが原因で、私たちは食べるのをやめたり、食べ過ぎたりしたのでしょうか?

最新の栄養やダイエットのニュースを読んでいるかどうかにかかわらず、私たちのほとんどはより健康的な食事をしたいと思っており、私たちの多くは5ポンド以上を失いたいと思っています。特別食が良いのか悪いのかわからないことがあります。 US News and World Reportによって選択されたものなどの専門家からの編集物は、私たちの健康のための最良および最悪の食事の要約を提供します。前回のブログでは、最も健康的だと考えられているダイエッ​​トについて見てきました。ニュースパネルは、体重を減らすためだけでなく、心臓の健康、糖尿病などの他の健康状態のために39の食事療法をランク付けしました。

最下位の減量ダイエット3

評価されたダイエットのうち、特定の健康問題に関連するダイエッ​​トは、体重管理ではなく他の条件を対象としているため、ベスト減量ダイエットのスコアが低い可能性があります。

  • グリセミック指数(GI)ダイエットは、血糖値(糖)レベルへの影響に応じて食品中の炭水化物を識別します。消化管が低いほど、食物の消化、吸収、代謝が遅くなります。それは、#32で、減量と健康的な食事で宣伝された、より有名な古ダイエットと結びついています。
  • 出産する食事療法(#35)は、その名前が示すように、減量を目的としたものではありませんでした。しかし、委員会はそれが高価で、不便で、労働集約的であると考えました。それは人気のあるWhole30ダイエットと結びついています。
  • AIP(Autoimmune Protocol Diet)は、炎症を軽減し、自己免疫疾患のある人を助けるように設計されています。
  • GAPSダイエット(腸と心理学症候群)は、2つの最低ランクのAIPと結びついた除去ダイエットです。

良いか悪いかにかかわらず、ほとんどの減量ダイエットは私たちが数ポンドを失うのを助けます。ただし、不健康な場合や、無期限に継続することが難しいように構成された食事療法である場合があります。ニュースパネルの39の評価から、ここに逆の順序で上位5つの敗者があります。

  • ファストダイエット(#30)は、5:2ダイエットと呼ばれることが多い食事のパターンを反映しています。通常、週の5日間は食事をし、連続しない2日間はカロリーを通常の摂取量の約4分の1に減らします。食事療法は、断食していない日の健康的な食事についてのガイダンスを提供することができませんでした。
  • パレオダイエット(GIと結びついた#32)には強い支持があります。洞窟人がそれを食べなかったなら、私たちも食べてはいけないという前提があります。食事は健康的な食事計画には制限が多すぎると考えられています。精製された砂糖、豆類、穀物、乳製品を制限し、肉、魚、鶏肉、果物、野菜を含みます。
  • デュカンダイエット(#34)は、いくつかのカテゴリーで最低にランクされ、全体的にベストダイエットで最後になりました。支持者は、食事療法士が最初の週に10ポンド、次の週に2〜4ポンドを失うと主張しています。これが実際に減量ダイエットであるかどうかという疑問もあります。パネルはそれが機能しないと述べ、そしてそれをばかげていると呼ぶ人がいた。ルールは厳しく、プロトコルに従うのは難しいです。
  • 開発者によると、Whole30ダイエット(#35)は、ダイエット、減量計画、または迅速な解決策ではありません。それはおそらくあなたの人生を変えるでしょう。 30日間、ダイエット(またはライフチェンジャー)は砂糖、乳製品、穀物、アルコールを制限します。この食事療法は心臓の弱い人にはお勧めできず、炭水化物に関する政府の基準を満たしていません。
  • アルカリ性食(#37)には、多くの規則があり、研究はほとんどありません。ある専門家のパネリストは、それをばかげていると説明しました。理論は、アルカリ性は良いです-酸は悪いです。食事は、7.0を中性として0から14のpHスケールで測定されます。 7.0を超える数値が高いほど、物質のアルカリ性が高くなります。同様に、7.0未満の数値が小さいほど、酸性度が高くなります。 What we eat has little effect on blood’s normal pH of 7.35 to 7.45 (slightly alkaline). Those following this diet may have difficulty maintaining adequate protein and calcium intake, and the diet could eventually cause problems with blood pH levels.

I point out lower ranking weight-loss diets for us to realize that just because a diet is popular doesn’t make it a good choice. If you need help in losing weight, consult with a registered dietitian proficient in weight management.これは National Nutrition Month so whatever diet you choose, make sure it will be helpful and not harmful.


FOOD FROM THE GARDEN

So, what did we do on those cold winter days with many of us stranded because of weather conditions or the lingering pandemic? Did this time call for stuffing more food into our mouths with hope that all the chaos —whatever that was in our lives—would go away? Or maybe a case of blues bordering on depression caused us to stop eating or to eat too much?

Whether or not we read the latest nutrition or diet news, most of us would like to eat healthier, and many of us would love to lose five pounds or more. Sometimes we don’t know if special diets are good or bad. Compilations from experts, such as those selected by US News and World Report, give a rundown of the best and worst diets for our health. In the last blog, we looked at diets considered the healthiest. The news panel ranked 39 diets for losing weight as well as for other health conditions such as heart health, diabetes, and others.

Lowest Ranking Weight-Loss Diets3

Of diets assessed, those related to specific health issues may have scored low for Best Weight-Loss Diets because they were intended for other conditions and not for weight management.

  • The Glycemic-Index (GI) diet identifies carbohydrates in foods according to their effect on blood glucose (sugar) levels. The lower the GI, the more slowly food is digested, absorbed, and metabolized. It tied with the better-known Paleo diet, touted for weight loss and healthy eating, at #32.
  • The Fertility diet (#35), as the name indicates, was never intended for weight loss. However, the panel considered it expensive, inconvenient, and labor intense. It tied with the popular Whole30 diet.
  • The AIP (Autoimmune Protocol Diet) is designed to reduce inflammation and help those with autoimmune disorders.
  • The GAPS Diet (Gut and Psychology Syndrome) is an elimination diet which tied with AIP for the two lowest ranks.

Most weight-loss diets, good or bad, will help us lose a few pounds. However, they may be unhealthy, or they are diets structured so that they’re difficult to continue indefinitely. From the 39 evaluations of the news panel, here are the top five losers in reverse order.

  • The Fast diet (#30) mirrors a pattern of eating often referred to as the 5:2 diet: you eat normally for five days of the week and reduce calories to about one-fourth of normal intake on two nonconsecutive days of the week. The diet failed to provide guidance on healthy eating for non-fast days.
  • The Paleo diet (#32 tied with GI) has a strong following. The premise is that if the caveman didn’t eat it, neither should we. The diet is considered too limited for a healthy eating plan. It restricts refined sugar, legumes, grains, and dairy and embraces meats, fish, poultry, fruits, and vegetables.
  • The Dukan diet (#34) ranked among the lowest in several categories and last for Best Diets Overall. Proponents claim dieters lose 10 pounds the first week and 2 to 4 pounds the following week. Some question whether this is actually a weight-loss diet. The panel stated it does not work, and one went so far to call it idiotic. Rules are stringent, and the protocol is hard to follow.
  • The Whole30 diet (#35), according to the developers, is not a diet, weight-loss plan, or quick fix. It supposedly changes your life. For 30 days dieters (or life changers) restrict sugar, dairy, grains, and alcohol. This diet isn’t recommended for the faint of heart and fails to meet government standards for carbohydrates.
  • The Alkaline diet (#37) comes with lots of rules and little research. One expert panelist described it as ridiculous. The theory is, alkaline is good—acid is bad. The diet is measured by a 0 to 14 pH scale with 7.0 as neutral. The higher the number above 7.0, the more alkaline a substance. Likewise, the lower the number below 7.0, the more acidic. What we eat has little effect on blood’s normal pH of 7.35 to 7.45 (slightly alkaline). Those following this diet may have difficulty maintaining adequate protein and calcium intake, and the diet could eventually cause problems with blood pH levels.

I point out lower ranking weight-loss diets for us to realize that just because a diet is popular doesn’t make it a good choice. If you need help in losing weight, consult with a registered dietitian proficient in weight management.これは National Nutrition Month so whatever diet you choose, make sure it will be helpful and not harmful.


FOOD FROM THE GARDEN

So, what did we do on those cold winter days with many of us stranded because of weather conditions or the lingering pandemic? Did this time call for stuffing more food into our mouths with hope that all the chaos —whatever that was in our lives—would go away? Or maybe a case of blues bordering on depression caused us to stop eating or to eat too much?

Whether or not we read the latest nutrition or diet news, most of us would like to eat healthier, and many of us would love to lose five pounds or more. Sometimes we don’t know if special diets are good or bad. Compilations from experts, such as those selected by US News and World Report, give a rundown of the best and worst diets for our health. In the last blog, we looked at diets considered the healthiest. The news panel ranked 39 diets for losing weight as well as for other health conditions such as heart health, diabetes, and others.

Lowest Ranking Weight-Loss Diets3

Of diets assessed, those related to specific health issues may have scored low for Best Weight-Loss Diets because they were intended for other conditions and not for weight management.

  • The Glycemic-Index (GI) diet identifies carbohydrates in foods according to their effect on blood glucose (sugar) levels. The lower the GI, the more slowly food is digested, absorbed, and metabolized. It tied with the better-known Paleo diet, touted for weight loss and healthy eating, at #32.
  • The Fertility diet (#35), as the name indicates, was never intended for weight loss. However, the panel considered it expensive, inconvenient, and labor intense. It tied with the popular Whole30 diet.
  • The AIP (Autoimmune Protocol Diet) is designed to reduce inflammation and help those with autoimmune disorders.
  • The GAPS Diet (Gut and Psychology Syndrome) is an elimination diet which tied with AIP for the two lowest ranks.

Most weight-loss diets, good or bad, will help us lose a few pounds. However, they may be unhealthy, or they are diets structured so that they’re difficult to continue indefinitely. From the 39 evaluations of the news panel, here are the top five losers in reverse order.

  • The Fast diet (#30) mirrors a pattern of eating often referred to as the 5:2 diet: you eat normally for five days of the week and reduce calories to about one-fourth of normal intake on two nonconsecutive days of the week. The diet failed to provide guidance on healthy eating for non-fast days.
  • The Paleo diet (#32 tied with GI) has a strong following. The premise is that if the caveman didn’t eat it, neither should we. The diet is considered too limited for a healthy eating plan. It restricts refined sugar, legumes, grains, and dairy and embraces meats, fish, poultry, fruits, and vegetables.
  • The Dukan diet (#34) ranked among the lowest in several categories and last for Best Diets Overall. Proponents claim dieters lose 10 pounds the first week and 2 to 4 pounds the following week. Some question whether this is actually a weight-loss diet. The panel stated it does not work, and one went so far to call it idiotic. Rules are stringent, and the protocol is hard to follow.
  • The Whole30 diet (#35), according to the developers, is not a diet, weight-loss plan, or quick fix. It supposedly changes your life. For 30 days dieters (or life changers) restrict sugar, dairy, grains, and alcohol. This diet isn’t recommended for the faint of heart and fails to meet government standards for carbohydrates.
  • The Alkaline diet (#37) comes with lots of rules and little research. One expert panelist described it as ridiculous. The theory is, alkaline is good—acid is bad. The diet is measured by a 0 to 14 pH scale with 7.0 as neutral. The higher the number above 7.0, the more alkaline a substance. Likewise, the lower the number below 7.0, the more acidic. What we eat has little effect on blood’s normal pH of 7.35 to 7.45 (slightly alkaline). Those following this diet may have difficulty maintaining adequate protein and calcium intake, and the diet could eventually cause problems with blood pH levels.

I point out lower ranking weight-loss diets for us to realize that just because a diet is popular doesn’t make it a good choice. If you need help in losing weight, consult with a registered dietitian proficient in weight management.これは National Nutrition Month so whatever diet you choose, make sure it will be helpful and not harmful.


FOOD FROM THE GARDEN

So, what did we do on those cold winter days with many of us stranded because of weather conditions or the lingering pandemic? Did this time call for stuffing more food into our mouths with hope that all the chaos —whatever that was in our lives—would go away? Or maybe a case of blues bordering on depression caused us to stop eating or to eat too much?

Whether or not we read the latest nutrition or diet news, most of us would like to eat healthier, and many of us would love to lose five pounds or more. Sometimes we don’t know if special diets are good or bad. Compilations from experts, such as those selected by US News and World Report, give a rundown of the best and worst diets for our health. In the last blog, we looked at diets considered the healthiest. The news panel ranked 39 diets for losing weight as well as for other health conditions such as heart health, diabetes, and others.

Lowest Ranking Weight-Loss Diets3

Of diets assessed, those related to specific health issues may have scored low for Best Weight-Loss Diets because they were intended for other conditions and not for weight management.

  • The Glycemic-Index (GI) diet identifies carbohydrates in foods according to their effect on blood glucose (sugar) levels. The lower the GI, the more slowly food is digested, absorbed, and metabolized. It tied with the better-known Paleo diet, touted for weight loss and healthy eating, at #32.
  • The Fertility diet (#35), as the name indicates, was never intended for weight loss. However, the panel considered it expensive, inconvenient, and labor intense. It tied with the popular Whole30 diet.
  • The AIP (Autoimmune Protocol Diet) is designed to reduce inflammation and help those with autoimmune disorders.
  • The GAPS Diet (Gut and Psychology Syndrome) is an elimination diet which tied with AIP for the two lowest ranks.

Most weight-loss diets, good or bad, will help us lose a few pounds. However, they may be unhealthy, or they are diets structured so that they’re difficult to continue indefinitely. From the 39 evaluations of the news panel, here are the top five losers in reverse order.

  • The Fast diet (#30) mirrors a pattern of eating often referred to as the 5:2 diet: you eat normally for five days of the week and reduce calories to about one-fourth of normal intake on two nonconsecutive days of the week. The diet failed to provide guidance on healthy eating for non-fast days.
  • The Paleo diet (#32 tied with GI) has a strong following. The premise is that if the caveman didn’t eat it, neither should we. The diet is considered too limited for a healthy eating plan. It restricts refined sugar, legumes, grains, and dairy and embraces meats, fish, poultry, fruits, and vegetables.
  • The Dukan diet (#34) ranked among the lowest in several categories and last for Best Diets Overall. Proponents claim dieters lose 10 pounds the first week and 2 to 4 pounds the following week. Some question whether this is actually a weight-loss diet. The panel stated it does not work, and one went so far to call it idiotic. Rules are stringent, and the protocol is hard to follow.
  • The Whole30 diet (#35), according to the developers, is not a diet, weight-loss plan, or quick fix. It supposedly changes your life. For 30 days dieters (or life changers) restrict sugar, dairy, grains, and alcohol. This diet isn’t recommended for the faint of heart and fails to meet government standards for carbohydrates.
  • The Alkaline diet (#37) comes with lots of rules and little research. One expert panelist described it as ridiculous. The theory is, alkaline is good—acid is bad. The diet is measured by a 0 to 14 pH scale with 7.0 as neutral. The higher the number above 7.0, the more alkaline a substance. Likewise, the lower the number below 7.0, the more acidic. What we eat has little effect on blood’s normal pH of 7.35 to 7.45 (slightly alkaline). Those following this diet may have difficulty maintaining adequate protein and calcium intake, and the diet could eventually cause problems with blood pH levels.

I point out lower ranking weight-loss diets for us to realize that just because a diet is popular doesn’t make it a good choice. If you need help in losing weight, consult with a registered dietitian proficient in weight management.これは National Nutrition Month so whatever diet you choose, make sure it will be helpful and not harmful.


FOOD FROM THE GARDEN

So, what did we do on those cold winter days with many of us stranded because of weather conditions or the lingering pandemic? Did this time call for stuffing more food into our mouths with hope that all the chaos —whatever that was in our lives—would go away? Or maybe a case of blues bordering on depression caused us to stop eating or to eat too much?

Whether or not we read the latest nutrition or diet news, most of us would like to eat healthier, and many of us would love to lose five pounds or more. Sometimes we don’t know if special diets are good or bad. Compilations from experts, such as those selected by US News and World Report, give a rundown of the best and worst diets for our health. In the last blog, we looked at diets considered the healthiest. The news panel ranked 39 diets for losing weight as well as for other health conditions such as heart health, diabetes, and others.

Lowest Ranking Weight-Loss Diets3

Of diets assessed, those related to specific health issues may have scored low for Best Weight-Loss Diets because they were intended for other conditions and not for weight management.

  • The Glycemic-Index (GI) diet identifies carbohydrates in foods according to their effect on blood glucose (sugar) levels. The lower the GI, the more slowly food is digested, absorbed, and metabolized. It tied with the better-known Paleo diet, touted for weight loss and healthy eating, at #32.
  • The Fertility diet (#35), as the name indicates, was never intended for weight loss. However, the panel considered it expensive, inconvenient, and labor intense. It tied with the popular Whole30 diet.
  • The AIP (Autoimmune Protocol Diet) is designed to reduce inflammation and help those with autoimmune disorders.
  • The GAPS Diet (Gut and Psychology Syndrome) is an elimination diet which tied with AIP for the two lowest ranks.

Most weight-loss diets, good or bad, will help us lose a few pounds. However, they may be unhealthy, or they are diets structured so that they’re difficult to continue indefinitely. From the 39 evaluations of the news panel, here are the top five losers in reverse order.

  • The Fast diet (#30) mirrors a pattern of eating often referred to as the 5:2 diet: you eat normally for five days of the week and reduce calories to about one-fourth of normal intake on two nonconsecutive days of the week. The diet failed to provide guidance on healthy eating for non-fast days.
  • The Paleo diet (#32 tied with GI) has a strong following. The premise is that if the caveman didn’t eat it, neither should we. The diet is considered too limited for a healthy eating plan. It restricts refined sugar, legumes, grains, and dairy and embraces meats, fish, poultry, fruits, and vegetables.
  • The Dukan diet (#34) ranked among the lowest in several categories and last for Best Diets Overall. Proponents claim dieters lose 10 pounds the first week and 2 to 4 pounds the following week. Some question whether this is actually a weight-loss diet. The panel stated it does not work, and one went so far to call it idiotic. Rules are stringent, and the protocol is hard to follow.
  • The Whole30 diet (#35), according to the developers, is not a diet, weight-loss plan, or quick fix. It supposedly changes your life. For 30 days dieters (or life changers) restrict sugar, dairy, grains, and alcohol. This diet isn’t recommended for the faint of heart and fails to meet government standards for carbohydrates.
  • The Alkaline diet (#37) comes with lots of rules and little research. One expert panelist described it as ridiculous. The theory is, alkaline is good—acid is bad. The diet is measured by a 0 to 14 pH scale with 7.0 as neutral. The higher the number above 7.0, the more alkaline a substance. Likewise, the lower the number below 7.0, the more acidic. What we eat has little effect on blood’s normal pH of 7.35 to 7.45 (slightly alkaline). Those following this diet may have difficulty maintaining adequate protein and calcium intake, and the diet could eventually cause problems with blood pH levels.

I point out lower ranking weight-loss diets for us to realize that just because a diet is popular doesn’t make it a good choice. If you need help in losing weight, consult with a registered dietitian proficient in weight management.これは National Nutrition Month so whatever diet you choose, make sure it will be helpful and not harmful.


ビデオを見る: . News Live: Doing Business and Doing Good: Corporate Social Responsibility for Community Health (1月 2022).