伝統的なレシピ

ビル・ボッグスのコーナーテーブル:パッツィのイタリアンレストラン

ビル・ボッグスのコーナーテーブル:パッツィのイタリアンレストラン

テレビの司会者とジャーナリストが有名なニューヨークのレストランに向かいます

シェフSalScognamilloとのボッグス

Patsy's ほぼ70年間力強く成長しており、その数十年の間、元のPatsy、息子のJoe、現在はJoeの息子のSalScognamilloの3人のシェフしかいませんでした。場所は多くの有名人のたまり場です。私はそこで一度食事をしました、そしてジョージ・クルーニーは彼のお父さんと一緒に私の後ろに座っていました。別の夜、トニー・ベネットとジョン・トラボルタが後ろのテーブルにいました。

料理は真っ直ぐな南イタリア料理で、多くの人にとってアメリカの快適な料理を表しています。 Patsy'sのレッドソースの世界であり、彼らのソースはより良いスーパーマーケットで入手できます。場所は、ドレスアップしてニューヨークに行って大きくした、信頼できる近所の市松模様のテーブルクロスイタリアンレストランのようなものです。

ナポリの伝統を持つクラシックがたくさんあります—詰め物をしたカラマリ、リングイネマレキアーレ(ニンニク、ハーブ、トマトのタッチで殻からアサリ)、エビのスカンピ、スピエディーニアラロマーナ(パンとモッツァレラの層、揚げてアンチョビバターソースを添えて) )、リガトニソレンティーノ(トマトソース、モッツァレラチーズ、リコッタ、パルミジャーノレッジャーノで焼いたもの)、ピーマンのソーセージピッツァイオラ。当時のシナトラのお気に入りは、薄く叩いた子牛のピカタでした。

メニューで特に注目されるのは、群衆を喜ばせるロブスターfra diavoloです。これは、分割され、フライパンで焼かれ、スパイシーなマリナーラソースで煮込まれ、リングイネとともに提供されます。

Patsy'sでいつも私にとって際立っていたのは、家族の伝統です。ジョーと彼のいとこフランクはドアを操作し、あなたを座らせます。ジョーの素敵な妻ローズがレジにいます。サルがキッチンに戻ってきました。 2回目の予約でPatsy'sに電話すると、彼らはあなたを知っています。 3回目に入ると、抱擁が得られます。 Scognamillo家は、西58丁目にある居心地の良い場所について、「行くレストランと戻るレストランがあります」と自慢しています。


Patsyのフランクシナトラのお気に入りのレストランがトリビュートを支払う

フランクシナトラのお気に入りのレストランとして知られるPatsy'sof New Yorkイタリアンレストランは、1998年5月14日に亡くなってから20年後のフランクシナトラの遺産に敬意を表します。伝説的なニューヨークシティのイタリアンレストランでは、フランクシナトラの死後20周年を記念して、5月19日土曜日の午後12時30分から午後3時30分まで。

この祝賀会は、エミー賞を4回受賞したテレビ司会者のビルボッグスが主演します。音楽業界で最も偉大な名前のいくつかにインタビューすることで知られるボッグスは、フランク・シナトラがカメラで彼にインタビューすることを可能にするのに十分信頼した最初のトークショーのホストでした。

「私は20世紀の最も偉大なパフォーマーの遺産の一部であることを光栄に思います。彼が亡くなってから20年になるかもしれませんが、彼は今まで以上に関連性が高くなっています。彼の才能は、長い間、何世代にもわたるミュージシャンに影響を与え続けます。彼は平等と包摂に対する彼の信念を含め、常に時代を先取りしていました」と、ニューヨークイタリアンレストランのPatsy’sのオーナーであるSalScognamilloは述べています。

お祭りには、フランク・シナトラがいつも彼のお気に入りのレストランから注文した料理、彼をよく知っている人々からの素晴らしい話、そして思い出に残るビデオクリップをフィーチャーした4コースの食事が含まれます。 「シナトラ:歌はあなたです」、ウォールストリートジャーナルの音楽とポップカルチャーの作家、バニティフェア、プレイボーイの作家ウィルフリードヴァルトは、トニーベネットが書いた新しいフォワードをフィーチャーした彼の再リリースされた本のコピーに署名します。

Patsy’s of New Yorkイタリアンレストランに参加し、フランクシナトラの遺産を追体験するためのチケットは、1人あたり125ドルで購入できます。ご購入・ご予約は、(212)247-3491までお電話ください。


最高のニューヨークシティのレストラン&バー

非接触型決済を受け入れることで、スタッフと顧客を安全に保ちます。非接触型決済を使用すると、顧客カードに物理的に触れることなく、あなたとあなたのスタッフが支払いを処理できます。

ニューヨークで最も典型的なユダヤ人スタイルのレストランの1つは、24時間年中無休で営業しており、閉店することはありません。

ニューヨーク市で最高のイタリアンダイニング体験の1つであるNYCは、IlCortileで見つけることができます。リトルイタリーの中心部にあるマルベリーストリートに位置し、

シアターディストリクトの中心部にある9,000平方フィートのクラシックなスタイルのステーキハウスで、特別に調理されたステーキとゲームのクラシックでありながら現代的なメニューを提供しています。


サンデーソース

若いフランクシナトラ&#8230。ニュージャージー州ホーボーケン

フランク・シナトラ

&#8220Come Fly with Me&#8221。

PATSY&#8217S&#8220Franks Favorite Restaurant&#8221

フランクの世界で最も好きなレストランは、ウェスト56thストリートのパッツィーでした ニューヨークのタイムズスクエア近くのシアターディストリクトで..フランクのお気に入りは、カームズポジッリポ、スパゲッティポモドーロ、子牛のミラネス(極薄&クリスピー)、スパゲッティ&ミートボールでした。

PATSY&#8217Sは、そのウェブサイトでSINATRA&#8212と最も関連性の高いレストランであり、レストランは、フランクシナトラが有名になったレストランとして長年知られていると述べています。&#8221古い学校を注文することもできます。そこはイタリア料理ですが、2階の予約テーブルに座るために特別なドアから入ったと言われているシナトラとまったく同じ経験はないかもしれません。シナトラは、1年間の感謝祭の単独予約を行った後、レストランがその日に閉店する予定であることに気づかずに、レストランに特に忠実になりました。 Patsy Scognamilloはシナトラを引き離したくなかったので、予約を許可しました。彼はまた、シナトラにレストランが彼のためだけに開かれたことを知られたくなかったので、スタッフ全員に家族を連れてきて場所を埋めさせました。これは、シナトラが数年後まで学ばなかったことです。 。レストランは今でもシナトラとのつながりを祝っています。右側では、2002年に、ジョー・スコグナミロがシナトラに扮した俳優のビル・ボッグスに仕えました。 (236 West 56th St.)

FRANK&AVA GARDNER
マンジアベネ。

シナトラのように食べたいですか?素晴らしいフランシス・アルバート・シナトラの足跡をたどり、フランクのお気に入りの場所で食事をしたり、ぶらぶらしたりするのはとても楽しいことです。 21クラブに行って、有名な21バーガーを食べて、ジャックダニエルを手に入れて、シナトラのお気に入りの飲み物でした。

また、The 21 Clubからそれほど遠くなく、はるかに手頃な価格のPJ Clarke&#8217sは、52 ndStreetの3rdAvenueにあります。彼らのおいしいハンバーガーの1つを手に入れてください、フランクは彼らを愛していました。繰り返しになりますが、フランクのように、ジャックダニエルを注文してください。これは、シナトラの最も愛されている曲の1つである&#8220One For My Baby&#8221を書いたときに、JohhnyMerverとHaroldArlenが考えていた場所です。

ニューヨークの2287ファーストアベニューにあるPatsy&#8217s PizzeriaのFrank&#8217s FavoritePizzaでイーストハーレムに行きます。

そして、8番街とブロードウェイの間の西56番街に別のパッツィがあります。いいえ、Patsyのピッツェリアとは何の関係もありません。 W. 56thのPatsy&#8217sは本格的なイタリアンレストランで、ほとんどの人が知っているように、これはシナトラのお気に入りのレストランでした。それはまだ40年代にフランクのために料理を始めた同じ家族によって運営されています。入ってフランクのように食べなさい。フランクと同じように、アサリのポシリポ、スパゲッティポモドーロ、コトレッタアッラネーゼを注文します。

そして、あなたが自分の家の快適さでシナトラのようにそれをしたいなら、あなた自身にダニエル・ベリーノの素晴らしい本SUNDAYSAUCEのコピーを手に入れてください

DOLLY SINATRA&#8216SMEATBALLSとITALIAN-AMERICANSUNDAY SAUCE GRAVY&#8230のレシピでいつでも好きなときにSinatra一族のように食べることができます。ミートボールとサンデーソースを調理し、キャンティの素敵なボトルを手に入れ、シナトラLPをいくつか投げると、あなたはあなた自身の小さなシナトラ天国にいるでしょう。 &#8220それより良いものは何ですか?&#8221

3rd AVENUE、マンハッタンのミッドタウン

SINATRA&#8216Sオールタイムお気に入りのバー/サロン

FRANK&#8217S FAVORITE ITALIAN BREAD&#8230 PARISI on MOTT STREET、LITTLE ITALY、New York、NY

FRANK&#8217Sお気に入りのイタリアンパン

PARISI BAKERY MOTT STREET

リトルイタリー、ニューヨークニューヨーク

FRANK&#8217S FAVORITE PIZZA&#8220PATYSY&#8217S&#8221
イーストハーレム

FRANKS FAVORITE PIZZA

EAST HARLEMのPATSY&#8217S

56番街のPATSY&#8217Sとは関係ありません

JILLY&#8217SニューヨークのSINATRAと友達と娘のNANCYとTINA

フランクは、近くのパルジリーリゾ&#8217Sニューヨークレストランジリー&#8217Sに行くのが大好きでした。そこでフランクは中華料理を食べ、物語を語り、ジャックダニエルを朝の未明に飲みました&#8230

ディーン・マーティンは、サミー・デイビス・ジュニアがフランク・ジャック・ダニエルを注ぐのを見ています

ジャックダニエルとフランクシナトラ

FRANK SINATRA with Cigarette&amp JACK DANIELS

Dom of DOM&#8217S BAKERYホーボーケン、ニュージャージー

フランク・シナトラはDOMに彼にパンをカリフォルニア州パームスプリングスに送ってもらいました

DOM&#8217SBAKERYのFOCCACIA

GRANDMA BELLINO&#8217Sクックブック

&#8220私のシチリアのノンナからのレシピ&#8221

ダニエル・ベリーノ&#8220Z&#8221

著者のダニエル・ベリーノ&#8220Z&#8221は、フランク・シナトラと同じ祖先のシチリアのルーツと、レルカラ・フリッディ・シチリアで生まれたチャールズ&#8220ラッキー&#8221ルチアーノ、フランク・シナトラの父マルティーノ・セヴェリーノ・シナトラとベリーノ&#8216sを持っています1904年にレルカラフリッディからエリス島を通ってニューヨークに移住した母方の祖父母ジュセピーナサレーミとフィリポベリーノ。 1906年、若いチャーリー(サルヴァトーレ)が9歳のときに、ルチアーノの両親はニューヨークのローワーイーストサイドに移住して定住しました。

チャールズ&#8220ラッキー&#8221ルチアーノ

SINATRA&#8217Sお気に入りのピザ。

PATSY&#8217S in Eats Harlem、New York NY

22871stアベニューきちんとした117thストリート

PatsyLancieriによって1933年にオープン

21クラブ

何年もの間お気に入りのSINATRAの出没

シナトラがジャクリーン・ケネディ・オナシスと共に21クラブに到着

仲良しでボディーガードのジリー・リゾと米国シークレットサービスのエージェント

7.レキシントンアベニューのGINO&#8217S(2010年に閉鎖)

8. PATSY&#8217S PIZZERIA&#8230ニューヨーク州イーストハーレム(まだオープン)


新市長はシンプルなレッドソースが好き

ニューヨークの市長は、しばしばコーナーテーブルから統治しているように見えました。

エドワードI.コッチは、北京ダックハウスからフォーシーズンズまで、彼の動脈をほとんど気にせずに、ポルケッタと脂肪の多いパストラミで食事をする、市内のレストランを広範囲に渡りました。 (2009年に4回のバイパスが成功した後、彼は20人の医師とその配偶者をピータールーガーステーキハウスで夕食に連れて行きました。)ルドルフW.ジュリアーニは、リトルイタリーとアッパーイーストサイドにお気に入りのスポットを持っていました。ほとんどの夜を外食するマイケル・R・ブルームバーグ市長は、クアトルゼ・ビス、ニッポン、シュン・リー・パレスなどのクラブ施設を支持しています。

そして、ビル・デブラシオ市長エレクト?彼の食生活は元旦の誓いで獲得する力と特典によって変わるかもしれませんが、それらはかなりうまく設定されています。彼のお気に入りのニューヨークのレストランは、彼の正義の人々の飾り気のないスタイルに合わせて、ブルックリンのパークスロープにある彼の家から数ブロック以内のいくつかの控えめな場所でした。

彼と彼の家族(妻のチャーレーンマクレイと子供たちのキアラとダンテ)がグレイシーマンションに引っ越している今、彼らが最も有名な顧客の何人かにほろ苦い別れを告げているにもかかわらず、それらの地元のたまり場は注目を集めています。

引っ越しの決定を発表した声明の中で、デブラシオはブルックリンにできるだけ頻繁に戻って、6番街と11番街の角にあるカジュアルなイタリアンレストランのバートトのような場所を訪れることを強調しました。パトカーは現在、デブラシオの長屋の前に残っています。 Bar Totoは、12年前にオープンして以来、家族の生活の定番となっています。デブラシオ氏は家族の夕食や商談のためにそこに行き、近所の問題について耳を傾ける他の常連客の話を辛抱強く聞いています。

「彼が市長に立候補することはわかっていたので、人々はいつも「次の市長がいる」、「次の市長が来る」と言うでしょう」と、レストランでバーをする傾向がある女優のジョディ・ウォルターは言いました。 「もちろん、楽しかったですが、実現しました。」

彼女は家族に頻繁に会うのを見逃すだろうが、彼女は彼らがグレイシーマンションに引っ越すことを理解したと言った。 「どうしますか?」彼女は言いました。 「あなたが投げることができるパーティーを考えてください。」

de Blasiosにパーティーがある場合は、家庭料理を期待しないでください。

結婚の初期には、マクレイさんはよく料理をし、デブラシオさんの母親から受け継がれたイタリアのレシピ、ほうれん草のパイ、パスタエファジョーリ、マクレイさんのお気に入りの玉ねぎ、トマト、コショウ、ジャガイモのバッカラを使って料理をしていました。しかし、近年、McCray氏は、キャンペーンは料理の時間をほとんど残していないと述べました。彼女はデブラシオ氏に会う前はパークスロープフードコープに所属していましたが、メンバーが自分たちの労働を志願するという厳しい要求に追いつくことができなかったことを知って、カップルは決して一緒になりませんでした。

代わりに、彼らは白トリュフのリゾットやボッタルガのフェットチーネなどを見つける可能性が低い、落ち着いた近所の場所であるバートトのようなレストランで食事をしました。食べ物はシンプルです。いくつかの基本的なパスタ、ピザ、パニーニ、ハンバーガーに加えて、フムスのような奇妙な非イタリア料理があり、15ドルを超える料理はほとんどありません。

画像

Bar Totoが料理の区別に欠けているかもしれないものは、親しみやすさで補います。 McCray氏がオーナーのPeterSclafaniに、エビのグリルサラダをメニューに追加して、別の軽いオプションがあるように頼んだとき、彼は義務付けました。 Sclafani氏と一部のBarTotoの常連客は、毎年恒例のブロックパーティーを開催し、deBlasiosがよく訪れるスパゲッティプッタネスカと自家製ワインを提供しています。

そして11月の選挙の前夜、スクラファニ氏が政治コンサルタントと一緒にバーで食事をしているデブラシオ氏を見つけるために立ち入ったとき、スクラファニ氏はプロセッコのボトルを数本引き出し、レストラン全体を率いて次の市長を乾杯しました。

今週末の料理

サムシフトンは週末のメニューの提案をしています。 New York Times Cookingであなたを待っている料理については、何千ものアイデアがあります。

    • ガブリエルハミルトンのランチェロソースは、ウェボスランチェロス、ポーチエビ、メカジキの立方体に最適です。
    • グリルを計画している場合は、タラゴンとヨーグルトを添えたチキンの串焼きを検討してください。なすのグリルサラダも。
    • または、トッピングや調味料が豊富なシンプルなホットドッグパーティーはどうですか?
    • シンプルなストロベリータルト、シェパニースのブルーベリーコブラー、またはアプリコットブレッドプディングを作るのに良い日です。
    • アミガサタケがあれば、シェフのアンジーマーのクリームソースでこの驚くほどおいしいパンローストチキンを試してみてください。

    デブラシオ氏は、温かい雰囲気と料理、特にグリルチキンサラダ、そして自分を甘やかす気分になったときは、焼きナスとスモークモッツァレラチーズのリガトーニを賞賛しました。 「それはまさにそこにある南イタリアのソウルフード料理です」と彼は言いました。

    バーテンダーのウォルター氏は、デブラシオ氏はしばしばイタリアのペールラガーであるモレッティ、またはイタリアの赤であるネロダヴォラのグラスを持っていると言いました。

    de Blasiosには、昔ながらの方法で電話でテイクアウトを訪れたり注文したりするお気に入りのレストランが他にもいくつかあります。 (食事注文のウェブサイトSeamless.comを使用したかどうか尋ねられたとき、デブラシオ氏は「それは何ですか?」と答えました。)

    彼らは、9番街の7番街にあるSmilingPizzeriaの常連です。デブラシオ氏は、12番街の7番街にあるダイナーであるリトルピュリティで朝食会を開くことがよくあります。家族は、5番街にある家庭的なレストランであるタコスヌエボメキシコにモーレポブラノやその他の料理を注文します。セブンスアベニューの少し北にあるファラフェル氏は、まだドアに「市長のためのデブラシオ」の看板を掲げています。オーナーのアラジンハビブは、デブラシオが20年近くそこに来ていたと言いました。 「彼らはとても健康的な食事をします」と彼は言いました。

    昨秋のある訪問の間に、彼は思い出しました、次のテーブルの人々はキャンペーンについての質問でデブラシオ氏にペラペラし始めました。 「私は、 『みんな、彼が食事を終えるまで待ってください』と言いました」とハビブ氏は言いました。

    さらに特別な日には、デブラシオ氏が静かであると称賛した5番街にあるイタリア料理とポルトガル料理のレストランであるコンビビウムオステリアに行きます。彼らはそこでウィリアム・J・ブラットンと彼の妻、リッキー・クリーマンと食事をしました。その直前に、デブラシオ氏がブラットン氏を警察長官に指名しました。 (デブラシオは、5番街にあるイタリアの主力であるアルディラトラットリアも好きですが、デブラシオ氏は、その予約なしの方針がそれを難し​​い選択にしていると述べました。)

    deBlasiosがグレイシーマンションの近くに新しいたまり場を見つけるかどうかはまだ分からない。フィオレロラガーディアからジュリアーニ氏まで市長が愛用しているレストランPatsy’s Pizzaは、イーストハーレムの30ブロック先にあります。

    エブリマンスタイルにもかかわらず、街の最初の家族であるという要求は、フルタイムのシェフを雇うように彼らを誘うかもしれません。そうでない場合は、シームレスの使用方法を学びたいと思うかもしれません。


    ラスベガスでシナトラの生誕100周年をスタイリッシュに祝う方法

    ティナシナトラは、ジョンレジェンドとジェイミーフォックスが12月2日に砂漠を襲い、父親のスターがちりばめられた100周年を祝うことを確認しました。この100周年は、後にCBSで2時間のコンサートスペシャルとして放映されます。

    ローリー・ブルキンズ

    • Facebookでこの記事を共有する
    • この記事をTwitterで共有する
    • この記事をメールで共有する
    • 追加の共有オプションを表示する
    • 印刷でこの記事を共有する
    • コメントでこの記事を共有する
    • Whatsappでこの記事を共有する
    • Linkedinでこの記事を共有する
    • Redditでこの記事を共有する
    • Pinitでこの記事を共有する
    • Tumblrでこの記事を共有する

    • Facebookでこの記事を共有する
    • この記事をTwitterで共有する
    • この記事をメールで共有する
    • 追加の共有オプションを表示する
    • 印刷でこの記事を共有する
    • コメントでこの記事を共有する
    • Whatsappでこの記事を共有する
    • Linkedinでこの記事を共有する
    • Redditでこの記事を共有する
    • Pinitでこの記事を共有する
    • Tumblrでこの記事を共有する

    この物語は、The HollywoodReporter誌の12月4日号に最初に掲載されました。雑誌を受け取るには、ここをクリックして購読してください。

    フランクシナトラは1998年に亡くなりましたが、伝説のクルーナーが100歳になった12月12日頃にラスベガスで行われた祝賀会からはわかりません。オル&#8216ブルーアイズ&#8217スピリットは生き続けており、砂漠のオアシスでも。 &#8220お父さんがいなければ、ラスベガスの歴史は大きく異なります&#8221は、シナトラの3人の子供の末っ子であるティナシナトラは言います。 &#8220彼は、1950年代と&#8216 60年代にラスベガスに真の影響を与えたライフスタイルと魅力のアイデアを象徴しています。&#8221

    その影響は、ウィンラスベガスのアンコールシアターのスターがちりばめられた展示にあります。そこでは、&#8220シナトラ100&mdashオールスターグラミーコンサート&#8221が12月2日を2時間の特別な12月6日としてCBSで放映します。 。ティナは、シナトラの長年の家族弁護士であるボブフィンケルスタインとともに、2年前にCBSコーポレーションの社長兼CEOであるレスリームーンブスにコンサートのアイデアをもたらしました。トニー・ベネット、レディー・ガガ、ガース・ブルックスは、ティナが独占的に確認したように見えるように設定されているものの中にあります THR ジョン・レジェンドが「ヤング・アット・ハート」を演奏し、ジェイミー・フォックスが「ウィ・スモール・アワーズ」で歌います。どちらもネルソン・リドルのオリジナルのアレンジを使用します。 &ldquoこれらは史上最高のアレンジメントの一部です&rdquoは、レコーディングアカデミーの社長兼最高経営責任者であるニールポートナウは述べています。 &ldquoネルソンリドルとクインシージョーンズによるオリジナルのアレンジメントを使用することは、真に本物の体験を生み出すために私たちが望んでいた多くの要素の1つでした。&rdquo

    アンコールのロビーには、ウィンが2012年に3,370万ドルで購入したジェフクーンズ&rsquo&#8216Tulips&#8217があります。

    関連記事

    ジョン・レジェンド、アリシア・キーズ、アダム・レヴィーンがCBS&#039フランク・シナトラ・グラミーコンサートに出演

    コンサートの場所は自然でした。ラスベガスでは、スティーブウィンほどシナトラの遺産を尊重している人はほとんどいません。家族の協力を得て、2008年にアンコールリゾートにレストランシナトラをオープンしました。家族から貸与された他の記念品の中には、1953年のシナトラのオスカーがあります。 ここから永遠へ ここ。エンターテイナーとのウィンの歴史は1980年代にさかのぼります。このとき、シナトラはアトランティックシティのウィンのゴールデンナゲットカジノで年に4回、合計16回の公演を行い、当時の王子様の総額は5万ドルでした。見せる。 &#8220それは小さくて親密な部屋で、たった500席でした&#8221はウィンを覚えています。 &#8220フランクは、私が彼にそんなにお金を払う余裕がある方法を理解できませんでした。私は彼に、&#8216I&#8217mは人々に請求するつもりはない、それは招待制になるだろうと言った。フランク・シナトラがショールームにいるので、私はカジノでそれを補います。&#8217&#8221 2年目に、シナトラはディーン・マーティンがショーに参加できるかどうか尋ねました。 &#8220ショールームにいるフランク・シナトラとディーン・マーティン?冗談ですか?&#8221ウィンは考えたことを思い出します。

    レジェンドは、シナトラを歌に紹介したネルソンリドルの編曲を使用して、トリビュートコンサートで&ldquoYoung at Heart&rdquoを歌います。

    Sinatra at Encoreでは、2015年を通して一連のディナーが開催され、「Ossobuco My Way」やカスタムの「SinatraSmash」、「Jack Daniel」など、フランクのお気に入りの中で上位にランクされたイタリア料理が提供されています。 4コースの定食メニュー(1人あたり195ドル)を備えた2つの特別な&#8220Sinatra 100&#8221席が、午後6時に予定されています。午後9時12月12日。

    関連記事

    初見:フランク・シナトラの孫娘が新しい本からの珍しい、親密な写真を共有します

    1958年以来ストリップのすぐ西にあるサハラアベニューにあるゴールデンステアステーキハウスで12月31日まで、食事をする人はシナトラのお気に入りのブースに座ることができます。アサリのカジノとニューヨークのストリップステーキが含まれ、1人あたり100ドルです。 12月12日、表22は、午後4時30分、午後7時30分に、3席のみの4人予約で1,000ドルで予約できます。午後10時30分夜にはライブエンターテイメントが含まれます。ラットパック時代の基準は、同様にデラノのフランクリンで見つけることができます。そこでは、&#8220フランク&#8217sドリンク&#8221(ジャックダニエルの2本の指、4つの角氷、水しぶき)が記念グラスで提供されます。 15ドル。

    ラスベガスでのシナトラの生活は、ラスベガスコンベンションセンターでの写真展でも探求されています。 &#8220Sinatra&#8217s Centennial&#8221(5月31日まで無料で一般公開)には、ラスベガスコンベンション&ビジターズオーソリティ&#8217sニュースビューローのアーカイブからの、めったに見られない120枚の写真が含まれています。 &#8220収集した何百万もの画像をデジタル化する取り組みの中で、私たちが持っているとは知らなかった写真に出くわしました」と、ニュースビューローのディレクターであるリサジェイコブは説明します。 &#8220You&#8217llは、Sandsでのパフォーマンスと象徴的なRat Packの瞬間からのアウトテイクを認識しますが、彼がめったに議論しなかった側面、コミュニティに真の貢献をした静かな慈善活動も示します。&#8221

    ガガ(写真)、アッシャー、アダム・レヴィーン、アリシア・キーズ、キャリー・アンダーウッドも出演します。

    関連記事

    バズ・ラーマンがマイアミのホテルの設計を手伝ったときの様子

    会長&rsquos No. 1NYCハングアウト

    何十年もの間、ニューヨーク市の西56丁目に1954年以来位置しているPatsy&rsquosイタリアンレストランでフランクシナトラを見つけることは珍しくありませんでした。その場所は彼のために2階のテーブルを持っていて、詮索好きな目から部分的に隠されていて、彼が他に計画がないと言ったときに感謝祭で有名に開かれました。歌手の死後、レストランは毎年彼の誕生日を祝い、フィレディポモドーロとコトレッタアッラのフジッリを含む彼のお気に入りの料理を、彼が好きなように非常に薄くスライスしたメニューで祝っています。 Pasquale&ldquoPatsy&rdquoScognamilloとキッチンを指揮する第3世代。 2014年のシナトラの99歳の誕生日には、トニーダンザ、ダニーアイエロ、ヴィンセントパストア、ニックジョナス、マーキーラモーン(そう、これらのラモーンズのうち)が登場し、シリウスXM&rsquos&ldquoSiriusly Sinatra&rdquoのオンサイト放送にはマイケルブーブル、フランキーへのコールインインタビューが含まれていましたValliとFrankSinatra Jr.の今年の100歳の誕生日のお祝いに対する需要は、ある時点で非常に激しくなり、待機リストは500を超えたため、Scognamilloはイベントを12月7日と12月11〜14日の5つの日付に拡大することを決定しました。 -フィックスメニューは1人あたり175ドルです。 12月12日の予約には遅すぎます、とScognamillo&mdash Sinatra&rsquosの誕生日は昨年から売り切れていると言います。

    俳優のヴィンセントパストーレ(左)とテレビ司会者のビルボッグスがシナトラの99歳の誕生日を迎えました。


    「ビル・ボッグス」とタグ付けされたすべての投稿

    2015年には、ニューヨーク市で演劇の世界記録が樹立されました。メトロポリタンルームは粉砕の希望を持っていました。

    ビル・ボッグスは、COVID-19に伴う退屈で、彼のパームビーチの住居に閉じ込められる可能性があります。

    フランクシナトラのお気に入りのレストランとして知られるPatsy’s of New Yorkイタリアンレストランは、に敬意を表します。

    ティーンアイドルオンザロックス&#8211セカンドチャンスの物語はボビーライデルの自伝であり、エミー賞を受賞したトークショーのホストであるビルボッグスは、&#8220ボビーライデルとの夕べ&#8221の間にフリアーズクラブで彼にインタビューしましたビデオをチェックしてください

    昨夜、Le Cirqueは、そのクリエーターであるSirioMaccioniが伝説的なレストランに戻ってきたことを歓迎しました。シリオの多くの友達。

    イブニングウィズ…は、エンターテインメントの世界で最も強力な3つの言葉です。

    トミーチューン、サニーセッサ、ビリーボッグスに囲まれて、私たちの残りの部分をほとんど見ることができません。

    ベン・ヴェリーンは後に、チタがテキストメッセージを送り始めたときに何かが起きていることを知っていたと述べました。

    その言葉が広まり、ビル・ボッグスはル・シルクの家を問題なく梱包しました。

    映画が終わったとき、ロングアイランドの映画ファンには驚きがありました。ノーマンリアが登場しました。

    フェイスブック

    T2Cは、観光客にとって最高の秘密と最新の最新情報を提供する場所ですが、ヘルズキッチン、クリントン、タイムズスクエアにとってはこの地域です。タイムズスクエアは北アメリカの観光のホットスポットかもしれませんが、ニューヨークの住民は都市生活を生き、呼吸し、熱心な読者を作るコミュニティメンバーです。


    ラオの家に足を踏み入れた方法

    昨夜はニューヨーク市で、ひょうが降って寒くて雨が降っていました。小さい頃からやりたかったこと、ラオスで食べるのはおやすみのようでした。

    私は母が家で作ったパスタでレストランの有名なボトル入りトマトソースを食べて育ちました。5年前にニューヨークに引っ越して、 ニューヨーク 雑誌、私は119歳の家族経営のイーストハーレム機関でテーブルを手に入れることがどれほど不可能であるかについて聞いた。 「この賢者のイタリア人の共同で適切な予約をするよりも、ホワイトハウスでの夕食に招待されるほうが幸運だろう」 ニューヨーク 報告。

    ガールフレンドのエマと私はドレスアップして、114thストリートとプレザントアベニューまでタクシーで行きました。タクシーの運転手は、私たちがレストランに行くかどうか尋ねました。以前は、同じような服を着た常連客をそこに運んでいたようです。

    「過去38年間、すべてのテーブルが毎晩予約されています。」

    幸いなことに、レストランは開いていました(以前にこれを試みたときは閉店していました)。その日の早い時間に電話をかけたとき、電話が混んでいたか、通りかかったときに、「ありがとう2015年の予約は締め切らせていただきました。申し訳ございませんが、お電話でのご予約やお店への直接のご予約は承っておりません。お電話ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。季節と幸せで健康な新年。」

    実際にそこで夕食をとるという見通しは良くなかったようですが、それでも一撃の価値があると思い、素晴らしく寛容なガールフレンドは私と一緒に冒険に出かけました。私たちが背を向けた場合、Patsy'sPizzeriaはまともなバックアップであると考えました。 (キリマンジャロ山に登るタンザニアに3週間滞在するので、2、3日で追加する必要があるので、これはちょっとした特別な別れの夕食でした。)

    入って最初に気付いたのは、その場所の明るさです。それは私が今まで行った中で最も明るい高級ダイニング施設かもしれません。私が次に気付いたのは、すべてのクリスマスの飾りでした(私が読んだ話では、それらは一年中起きていると言われていました)。すべてのテーブルのすべての椅子がいっぱいで、バーは混雑していました。眼鏡をかけた年配の男性が隅の椅子に座って部屋を調査し、隣に開いている2つの椅子に座っていることを提案しました。

    「あなたはどちらのテーブルにいますか?」彼は尋ねた。私たちはテーブルにいないので、飲み物を求めて立ち寄ったと言いました。 (私が知っていたように、テーブルはすべて、自分で来たり、友達を招待したり、予約だけが定期的に数千ドルで売られているチャリティーオークションにテーブルを寄付したりする常連客によって「所有」されています)。

    私たちが落ち着いてネグローニと白ワインを注文した後、白髪の男は私たちがその場所についてどのように聞いたのか尋ねました。 「どうして聞いたことがないの?」私は答えた。子供の頃からトマトソースを食べていたと説明しました。

    「ソースは私たちにとってうまくいった」と彼は言った。これが知る価値のある男であることは明らかでした。彼は所有者の一人であるフランク・ペレグリーノとして自己紹介しました(彼は多くの予約要求を断らなければならないので、彼は「フランキー・ノー」として知られていると聞きました)。彼は、息子が管理しているラスベガスとハリウッドのラオの場所を訪れている西海岸にいるときを除いて、毎週夜にそこにいると言いました(ラオは土曜日と日曜日は休業です)。

    予約ポリシーについて尋ねたところ、フランクは、からの3つ星のレビューの後、安定した顧客にテーブルを割り当て始めたと言いました。 ニューヨーク・タイムズ'1977年のミミシェラトンは、需要に対処することをほぼ不可能にしました。

    テーブルは常連によって「所有」されており、「誰もそれらをあきらめません」と、ラオの所有者フランク・ペレグリーノは言います。 「3か月ごとに、すべてのクライアントに会います。そして今、私は彼らの子供と孫を扱っています。」

    「誰も彼らをあきらめません」と彼は言います。 「過去38年間、すべてのテーブルが毎晩予約されています。毎週、隔週、毎月、四半期ごとに予約されているため、3か月ごとにすべてのクライアントに会います。そして今、私は彼らの子供と孫を扱っています。 「」

    では、どうやって誰かがテーブルを手に入れるのでしょうか?

    フランクは部屋を見回した。 「その最初のテーブルで、彼らはバーでこのグループにテーブルを渡しました。これらの人はすべてペプシコの幹部です。テーブルがあれば、友達、仕事仲間、またはチャリティーオークションに渡すことができます。私はボビー・フレイ、マイケル・ロマーノ、先週たくさんの大きなシェフがいましたが、彼らが来るとは知りませんでした。誰が来るのかわかりません。それが素晴らしい理由です。それは偶然です。壮大なデザインや計画はありません。唯一の注意点は、あなたが自分のテーブルを使用せず、他の誰もそのテーブルを使用しない場合です。それはあなたが私に電話するときです。」

    ただし、フランクと連絡を取るのは特に簡単ではありません。彼は携帯電話を持っておらず、「コンピューターに触れない」。ですから、人々が彼に連絡したいとき、「彼らは私に関係している他のすべての人に電話をかけ、それから彼らは来て、 『フランキー、いわゆる』と言います。彼らへ。'"

    部屋を調査します。 「これらは私の4つの大きなテーブルで、6つのブースがあります。」

    ツートップは1つだけですよね?

    "One deuce," Emma&mdashwho's in graduate school and until recently worked part-time as a restaurant hostess&mdashcorrects me.

    "One deuce," Pelligrino said. "And if you're willing to wait, I'll feed you at that deuce."

    There's only one table for two in the restaurant. "And if you're willing to wait, I'll feed you at that deuce," Pellegrino says.

    ハレルヤ! Fifteen minutes at the bar with Frank Pelligrino, and we'd cracked the impossible code of getting a table at Rao's.

    We were in for a wait, but didn't care. We'd been promised a table.

    "This is Vinny Sciortino," Frank says. "He's my tailor. Vinny makes all my clothes. He's great." (Frank's herringbone jacket is especially handsome.) Sciortino, who has tailor shops in Red Bank, NJ, and New York City, says he's making suits for Frank for 27 years.

    "He's like a second father," Sciortino says.

    "I am that old! I could be your father!" says Frank, who will celebrate his 70th birthday this year.

    Sciortino, who recently celebrated his 50th birthday at Rao's in Los Angeles, gets a table about once a month, but the days vary. Tonight he has a Monday. Next month he has a Thursday. Like the rest of the table owners, he gets his assignments at the beginning of the year. He's been coming here&mdash"coming home," as he calls it&mdashfor 25 years.

    "And this is Tony Tantillo. He's on CBS every day, cooking with his daughter," Frank says, introducing us to another friend who's come up to the bar. "Listen, Tantillo. I gotta tell you. You're too good-looking. You're too handsome."

    "I'm not as debonair as you, Frank," says Tantillo, whose cooking segments appear on the 5 and 12 o'clock news. He and Frank spent time together in Italy, where Frank met some cousins for the first time. When Tantillo pointed out how beautiful Italy was, Frank said he'd rather be in East Harlem.

    "I need your help," he tells Tantillo. "You remember my cousin? He sent me an invitation to his son's wedding and I need you to interpret the letter. I want to send him them something." Tantillo speaks fluent Italian. Frank doesn't.

    "Anthony! This is Anthony Abbot," Frank says. "He's a member of Stanwich, a great golf club. He invites me to play golf with him." Abbot went on a golf trip with 11 other guys 20 years ago. Frank was one of them, and when names were drawn out of a hat, he and Abbot were matched up.

    "We laughed and cried for two days and at the end, he says to me, why don't you come by the restaurant?" Abbot tells me.

    In the old days, Abbot says, Frank used to open the reservation book on a quarterly basis and when he came by to get his table assignment, Donald Trump was waiting in line outside the door with other regulars.

    "This was in January, and Frank said, 'Can you come here May 6?' I didn't know anything. So he writes the date on a business card and hands it to me and says, 'Two things just happened: One, you got a reservation at Rao's which is no small deal. Two, you can always get a reservation at Rao's. I love you. [Abbot makes a kissing sound.] Both cheeks."

    Frank turns back to us and starts crooning Stevie Wonder: "I just called to say, I love you. I just called to say how much I care. I just called to say I love you, and I mean it from the bottom of my heart" he sings melodiously to Emma, who's clearly smitten.

    As it turns out, Frank sang in a group called the Holidaes in the 1960s. "I was an old doo-wop guy," he says. "I get Billy Joel, Sting, Jimmy Fallon in here. Jimmy Fallon loves to sing doo-wops! So whenever he's here, I start singing, and boom, he jumps up and starts singing. And before you know it the whole room is going nuts."

    After the musical interlude, Frank's back to making sure his guests are happy: "Give Tony a drink, give this guy a drink, give that guy a drink," he says to his bartender (who's also named Tony).

    "Tony, who's this kid?" he asks, pointing to a preppy young guy in a blazer sitting on the stool next to Frank's. "He's a neighborhood guy," Tony tells him. It turns out Kevin has lived five blocks away from Rao's for all 23 years of his life. He likes to come in for a drink from time to time.

    "Congressman! Does Hillary have a shot?" Frank asks U.S. Rep. Bill Pascrell, who represents the 9th District of New Jersey and is with a group that was given a table by its regular owner. "Bill is a Democrat like I am," Frank tells me. He points out his picture with Hillary Clinton on the wall, alongside the other photos of celebrities who have dined here. I say I don't think I've ever met a congressman out in the world. "Come here! You'll meet them!" he says.

    Last week U.S. Rep. Peter King, from New York, was in. He's a Republican, I point out.

    "Good guy. I like him. He's okay. I could sit with Peter King and say what I like and what I don't like. I'm a political junkie," Frank says. There's a letter from President George H.W. Bush on the wall. Frank doesn't discriminate.

    He checks in on another couple of tables: "How are you? Did you enjoy? Everything good?"

    It's 10:20 p.m. We've been here since 7:45, but the hours have gone by in a flash and I have no desire to give up my bar stool and leave the center of all the action.

    "Give my girlfriend a drink," Frank tells his bartender, referring to my actual girlfriend. "Give my friend a drink," he says, referring to me. Emma says she would come back here just so she could sit at the bar and hang out with Frank.

    "And you would be protected," he tells her. "I am a gentleman and I only allow gentlemen. If anybody is stupid, I would be right there. I only allow ladies and gentlemen. I don't want anything else."

    What about Frank's own companion?

    "I am married 46 years," he says. "Same woman. She's great. I love my wife. 46 years. Does she come here? No. I don't want her here. When I come here, I work. What am I going to do? Sit with her at the bar? I have people I have to talk to, things I have to do."

    "I say to my wife, 'I wish I had a Rao's to go to. I wish I had a Rao's to go hang out in, to go sit at the bar and meet wonderful people, and then sit down and have a wonderful meal," he says. I can see why.

    "Just think about what happened while you were here," he tells me, putting his hand on my forearm for emphasis. "You met my tailor. You met Tony Tantillo. You met Tony Abbot." (I met a trio of Tonys, if you include Tony the bartender.) "You met all these people. You met the congressman. You're seeing Rao's." And because it's so bright, which Frank says is because "it adds to the energy of the room," I really am seeing everything.

    Someone brings over two copies of the Rao's cookbook for Frank to sign, which he points out is the second best-selling cookbook in the history of Random House. It seems like an appropriate moment to ask what we should have for dinner.


    Guess Who’s Coming to Dinner?--the President : Restaurants: Chief executives usually give up dining out, but not this one. George Bush is known for roaring out of the Oval Office and into his favorite eatery.

    Read his lips: Sichuan Beef Proper, baked stuffed lobster, whiskey steak, chicken fajitas. There’s nothing like a good meal to chase those S&L blues away.

    George Bush, who never met a menu he didn’t like, eats out in restaurants about once a month--more than any President in recent history. Whenever he finds himself with a free evening and a craving for Chinese food, he slips out of the White House and into a corner table for a little Yan Chow fried rice. Just like your average all-American guy.

    Well, not exactly. Where the President is concerned, there’s no such thing as a casual dinner on the town.

    Your average guy doesn’t have someone who brings special bottled water for him to drink. Or salt, pepper and sugar for his table. Or an entourage of White House staff, Secret Service and reporters in tow.

    Not to mention the food taster.

    Yes, Virginia, the President does have a food taster. And no, the White House will not comment on food tasters--or anything else, for that matter--when it comes to protecting the Presidential palate.

    But whenever the chief executive goes out to eat, there’s a man in the kitchen standing over the food. Sometimes he just watches sometimes he digs right in.

    The night the First Couple went to I Ricchi, an Italian restaurant in downtown Washington, the food taster washed their plates, glasses and utensils before the meal and kept them in sight at all times tasted every dish to be served to the President watched as the food was put on the plates and served and uncorked and tasted the bottle of wine reserved exclusively for the President and Mrs. Bush.

    In April, right after traces of benzene were found in Perrier water, Bush joked with an audience in Indianapolis: “I’m sorry I couldn’t get over here to have lunch with you today I wasn’t allowed to. On the way over I was notified that the Secret Service had found my food taster face down in the salad. Somebody had washed my lettuce with Perrier.”

    Traditionally, Presidents give up public dining when they move into 1600 Pennsylvania Ave.

    Nixon occasionally strolled across Lafayette Square, Secret Service alongside, for dinner at Trader Vic’s at the Capital Hilton. Ford and Carter rarely dined out. The Reagans, especially after the assassination attempt in 1981, kept close to the White House for meals. When Nancy Reagan did venture out, she favored the cloistered atmosphere of the Jockey Club.

    But George Bush, determined to maintain as normal a lifestyle as possible, roars out of the Oval Office and into one of his favorite restaurants at the drop of a Daily Special.

    The restaurants love it, of course. It inevitably boosts business. And it’s a big thrill for other customers.

    But any spontaneous jaunt is a complicated logistical maneuver for the Secret Service. His security staff gets nervous when the President goes out in public and even more nervous when he does it unexpectedly. But these excursions are safer than his announced appearances in two respects: There’s the element of surprise--what the public doesn’t know can’t hurt him. And he goes out to restaurants so often, they’ve got the drill down pat.

    When George and Robert Tsui get a call from the Secret Service reserving Table N-17, they know exactly what to expect.

    By now, the two brothers who run the Peking Gourmet Inn in Falls Church are old hands at handling the hullabaloo that accompanies a visit from the First Customer--it’s the President’s favorite spot for a family dinner. Bush has been a VIP customer of the restaurant for the past five years and still stops by every couple of months: He came right before his inauguration, on the eve of the trips to Poland and Colombia, and to celebrate his son Marvin’s birthday, to name a few occasions.

    “They treat this, just like any other American family, as their little favorite Chinese restaurant,” says Robert Tsui. “We try to be as low-key as we can.”

    Low-key, all things considered. The President is brought in one of the restaurant’s seven doors it varies each time and is always a last-minute decision by the security detail. There are Secret Service agents and police both inside and surrounding the restaurant. Customers are waved with a portable metal detector when they arrive for dinner. And then there’s the taster . 。 。 er, make that “nutrition expert.”

    “When President Bush was vice president, he didn’t have a nutrition expert in the kitchen,” says George Tsui. “After he became President, the nutrition expert stays in the kitchen to understand what he’s eating.”

    The President sits at a big round table in a partitioned area that has a bulletproof window installed by the Tsuis. The Secret Service waits right on the other side of the partition, and only the Tsuis and waiter Tak Chung Pang--all wearing official pins--are allowed past. Bush reportedly wields a mean chopstick and is partial to the Sichuan Beef Proper, a spicy shredded-beef dish with roasted sesame seeds Peking duck and the giant spring onions the Tsuis grow on their Virginia farm.

    After dinner the President comes into the dining room to greet customers. “There’s no better attraction than the No. 1 man--wherever you go,” says Robert Tsui. “Whether they are Democrat or Republican, whether they politically agree with the man or not, they always love the fact that they’re dining with him.”

    An “above average” tipper (20%), Bush pays most of the time by check, which the Tsuis cash. “The thing is, it would be abusing the privilege not to cash the check, because the check may be more valuable uncashed,” Robert explained. “We cash them out of respect to the President.”

    But elsewhere in the country, there’s at least one Bush check on display: “George Bush, Business Account, The White House"--now hanging on the wall of Patsy Clark’s restaurant in Spokane, Wash.

    House Speaker Tom Foley invited Bush, who was visiting Washington state for its centennial celebration, to join him, his wife, Heather, and Environmental Protection Agency Director Bill Reilly for dinner there last fall. Foley had intended to pick up the tab, but the President pulled rank and paid the $121 bill with a check for $140.

    The next morning, a newspaper article said owner Tony Anderson planned to keep and frame the check as a souvenir. “About 2 p.m. that day, a Secret Service guy showed up at the restaurant with an envelope,” says Anderson. “It was a thank-you note from Bush with $140 in cash enclosed. He wanted to pay for dinner. He was insistent on it.”

    Anderson only had 20 minutes’ notice of the Presidential supper, which had been reserved under the name of an assistant to the President. There were Secret Service agents “everywhere--35 or 40 guys” including, says Anderson, the one who brought salt, pepper, sugar and bottled water for the table in a shopping bag. The food taster watched, but did not sample, the President’s medium-rare Jack Daniel’s whiskey steak. Anderson found out later that the Secret Service had been visiting his restaurant for two weeks, posing as regular customers, and had the place thoroughly staked out.

    “He was a wonderful person to have as a customer,” says Anderson. But having both Bush and Foley under his roof was nonetheless nerve-racking. “I was thinking, ‘These guys are two of the most powerful people in the world. What if something happens?’ I was actually sort of relieved when they left.”

    Until it happens, no restaurant can imagine what goes into a visit from the President.

    The operative word is secret .

    Palm owner Wally Ganzi, who is also a personal friend of the President, knew several weeks in advance that the Bushes would join him and his wife, Reva, along with actress Cheryl Ladd and her husband, Brian Russell, for sirloin steak, onion rings and cheesecake last November. But his staff was told only the day before, when the Secret Service arrived to inspect the premises.

    “Someone should pay the Secret Service a compliment,” says Ganzi. “They really try their best in every possible way. They’re not rude, very courteous. They really try not to disturb your business. They don’t strong-arm you.” The one thing they really concentrate on is egress--the quickest way to get the President out if there’s a problem.

    Christianne and Francesco Ricchi, on the other hand, got the shock of their lives when I Ricchi’s owners found out they’d be cooking for a very VIP guest--only one month after the restaurant opened last year.

    “My husband approached me and said, ‘You will never guess who’s coming to dinner,’ ” says Christianne Ricchi. “The Secret Service flashed their badges and says, ‘Are you the owner?’ He thought it was immigration.”

    The couple only had two hours’ notice to prepare for the presidential appearance at the dinner, hosted by former Bush speech writer Vic Gold. “Our concern was making sure that everything was absolutely perfect,” says Christianne Ricchi.

    Meanwhile, the Secret Service searched the restaurant, brought in bomb-sniffing dogs, stationed men outside all the entrances and on the roof across the street, and brought in the food taster, who played an unusually active role--sampling all the food and wine.

    Time and security were equally tight in May when the Bushes joined former Republican National Committee chairman Dean Burch and his wife, Pat, for dinner at La Chaumiere in Georgetown. Antoine de Ponfilly, who served the Presidential party, found out at 5 p.m. that “someone important” was coming that night, but the Secret Service would not say who it was.

    The Secret Service chose the private room upstairs for the President and then positioned two men on the roof, two in the back, three on the stairs and “a lot” in front of the tiny French restaurant, de Ponfilly says.

    When the Bushes went up to eat, customers were inspected with portable metal detectors but didn’t find out who was in the restaurant until Bush came downstairs after dinner.

    It was more down-home last July at Rio Grande Cafe, the Tex-Mex restaurant in Bethesda, when Bush and fellow Texan Robert Mosbacher, the secretary of commerce, came in for quesadillas, cheese enchiladas, beef and chicken fajitas and the specialty of the house: mesquite-broiled quail.

    Manager Jerry Green noticed two police cars in front of the restaurant when he arrived at 3 p.m. Three hours later, the Secret Service toured the restaurant and picked a table for Bush in a back corner.

    The food taster asked Green to point out what food would be served to the Presidential party. Green pointed to the 40 pounds of beef already cooking on the grill.

    “He got the same old stuff that everybody gets here,” says Green. “Honestly, I’m not going to change my food just for the President. But I did give him an extra quail. I figured I could do that much for him.”

    The party lasted two hours and everyone else in the restaurant lingered to watch Bush tackle his fajitas since he sat facing the front, the customers could get a good look.

    “Nobody would leave,” says Green. “The Secret Service finally closed the door when we were filled to capacity with a two-hour wait.”

    After Mosbacher paid the bill with his American Express card, Green grabbed the chair Bush had been sitting in “right after he finished with it.” Within two days it was back on the floor--painted red, white and blue.

    When Mabel Hanson of Mabel’s Lobster Claw Restaurant in Kennebunkport, Me., curls her hair, you know something’s up.

    “The President said, ‘Hiya, Mabel. How are you? What are you all dressed up for?’ ” says Hanson, who just happened to be spiffed up when Bush dropped by last year. “I cried when he came--just a few sniffles. I can’t help it. It’s the President coming through your door.”

    Mabel’s has been a Bush family favorite for almost 20 years. There’s a whole wall devoted to the Bushes: lots of pictures of George and Barbara, a few of George and Mabel, a portrait of the President with “He’s Our George” above it and a banner from the President’s inauguration--Mabel’s first trip ever to Washington.

    You can usually pick out the Secret Service: They’re the only guys in Kennebunkport wearing suits.

    Bush sits at his favorite corner table, where he usually has lobster stuffed with sea scallops. He’s “not too much for desserts” but occasionally treats himself to butter-crunch ice cream or Mabel’s famous peanut butter ice cream pie.

    “These people couldn’t change if they tried,” she says. “They’re as natural as grass growing.”

    Earlier this month, the Bushes and daughter Dorothy Bush LeBlond went to the Breakwater Inn in Kennebunkport with Bush golfing buddy Spike Heminway, his wife, Betsy, and daughter Alex. Unlike most dinner visits, owner Carolyn Lambert got advance word when Heminway made the reservation the night before and said the Bushes would be joining them.

    “It was very important to me that this didn’t get out of hand,” Lambert says. “I told my employees when they came in the next night, ‘If you told any of your friends to come down here and hang around, call them back and tell them not to come.’ ”

    In the morning, the Secret Service and a White House staffer showed up and told Lambert, “There need to be people in the dining room. If Mr. Bush felt you were going to lose business because of him, he would be unhappy.”

    The restaurant, not surprisingly, was full of the inn’s regular customers and a few enterprising reporters who had wheedled reservations that afternoon for the remaining tables. Except for the food taster in the kitchen, it was a typical Sunday-night dinner in Maine. The President had the pan-fried chicken breast special and mud pie.

    When Bush goes to his other hometown, he usually makes a beeline for Otto’s Barbecue in Houston, where he chows down on pork ribs or link sausage with beans.

    On his first visit there as President, the Secret Service checked out the bathrooms and sneaked Bush through the back door into the back dining room. “But the customers knew something was up,” says manager June Sofka. “Then the President came in the main dining room and shook hands with everybody. It was just exhilarating.”

    “I was busy running around so I didn’t get my picture taken with the President. But I picked up his plate and the silverware and took it home. I still have it.”


    $50 Veal Parm and Why Carbone Is New York's Hottest Restaurant Right Now

    An actual person answers the phone at Carbone and tells you that they book tables 30 days out. The person is even affable. This is notable because Carbone, on the premises of an old Italian-American joint named Rocco's in Greenwich Village, is easily the hottest restaurant of the moment in New York and getting a reservation is only slightly less difficult than getting an audience with the new Pope, which says a lot more about a kind of feeding frenzy driven by two sectors: the food media that hyped Carbone's opening for months in advance, and those people who always need to be the first to say, "Yeah, I've been."

    iPhones snap fuzzy photos tweeted on the spot. Bloggers boast, "u GOTTA have the meat-a-balls," and "veal parm is 50 freaking dollars but AWESOME!" And this is before NS ニューヨーク・タイムズ has even reviewed the place.

    Did you catch that price? Fifty bucks for veal parmigiana? That's right. And it's good, too. But its quality is almost beside the point. The food overall has gotten mixed reviews thus far &mdash some fantastic, some decidedly un-fantastic &mdash but the stratospheric prices have been causing sticker shock.

    Plenty of new places get their three months of hype, but not since Keith McNally opened Minetta Tavern around the corner has a restaurant been as eagerly awaited as if Tom Brady were coming to the Jets.

    Carbone's owners, Rich Torrisi and Mario Carbone, have been the food media's darlings since debuting their tiny storefront Torrisi Italian Specialties on Mulberry Street, where their excellent five-course meal started out costing only fifty bucks. They refused to use any imported products, not even prosciutto, and the media proclaimed Torrisi's a welcome antidote to the high-priced Italian ristoranti in the city like Del Posto, Babbo, SD26, and Marea. Torrisi and Carbone then opened Parm, a little shop selling veal parm for $25 and baked ziti for $12. Once again the media raved that the food was cheap and delicious &mdash just the way Italian-American food したほうがいい be! Not like those uptown truffle-oiled $26 pastas and $40 caviar-topped branzinos. This, despite the fact that the same media have largely ignored popular Italian-American restaurants like Patsy's and Il Mulino in Manhattan and a slew of others in Queens, the Bronx, and Brooklyn.

    So why is Carbone getting such attention? It's certainly not the location or the décor. The premises certainly didn't cost millions of dollars to renovate and Greenwich Village rents are not (yet) as high as they are in midtown. Carbone did not cost $20 million to build like Lincoln Ristorante at Lincoln Center did. And they're not paying $22 an hour to union dishwashers. Yet Torrisi and Carbone, who once championed good, inexpensive Italian food, are now charging $50 for veal parm, $28 for penne primavera, and $33 for chicken scarpariello &mdash not to mention $78 and up for lobster fra diavolo.

    According to Torrisi and Carbone, they really just wanted to showcase and refine the old-fashioned, out-of-fashion red sauce Italian-American restaurants of the post-war period, where families shared a cold antipasto plate, got a big plate of spaghetti with meatballs and expected a side order of spaghetti with the veal parm, watched the waiter whip up zabaglione tableside, and finished off with drip-pot espresso with a lemon peel and a bottle of Sambuca on the side.

    And they want people to have fun. There's a neon sign outside, and inside there are three small, cramped, loud rooms, made to look like stage sets. The waiters are outfitted in shiny maroon Zak Posen tuxedoes and Adidas sneakers. The rear room (supposedly the VIP section, made to look like one where goombahs would meet) has no windows, just brick walls, and tables so close you have to move them to get out. It's a certain kind of aesthetic that borrows equally from a nostalgia for Little Italy eateries like Angelo's (where veal parmigiana sells for $24) and S.P.Q.R. (where linguine with clam sauce goes for $18) and the cool modernism &mdash Carbone's artwork was curated by Vito Schnabel. There are white tablecloths &mdash three of them &mdash on each table. The menu is about three feet wide. The huge wine list has very few red bottlings under $95. They play 1960s doo-wop. You get Sambuca at meal's end.

    I ate at Carbone last week and had a pretty swell time. Everybody was cordial, and the crowd seemed giddy to be there. There were tables of women dining together, tables with raucous Wall Street guys in shirtsleeves slugging back $400 bottles of Barolo, and a table of slouching Eastern Europeans with Sharapova wannabes. At 6:30, the place was packed, and it hadn't let up when we got up to leave three hours later.

    We had some excellent langoustines in a "scampi" sauce, glorious carpaccio, a first-rate Caesar salad, and the $50 veal parm was terrific, though not enough so to make me forget plenty of other versions at half the price. Not everything clicked: a nugget of Parmesan cheese was served cold salty, smoky Kentucky ham was bewildering in an Italian-American restaurant "spicy rigatoni vodka" was good but insanely rich ravioli Caruso with chicken livers swam in a pool of butter, and the lobster fra diavolo, de-shelled and put back, sat in a puddle.

    Was any of it transformative? Does Carbone make a strong case that Italian-American food したほうがいい cost as much as French haute cuisine? At this point I'd say no, not because Torrisi and Carbone aren't using top-quality ingredients but because for our bill of $543.41 for two people that night (including two cocktails, one inexpensive bottle and one glass of wine, and the tip), I should have been blown away by food way better than any Italian restaurant's in New York.


    ビデオを見る: 石垣島グルメ散歩ランチイタリアン大人の秘密基地 (1月 2022).