伝統的なレシピ

ゴルフ仲間

ゴルフ仲間

お父さん、おじいちゃん、または別の重要な父親の人物が世紀の変わり目に最初に誇り高きパパになったのか、2013年に、一人一人に飲み物があります。私たちはゴルフカートが好きでした。

材料

  • 1/2カップアビオンシルバー
  • フレッシュレモンジュース1/2カップ
  • 1/2カップのシンプルなシロップ
  • ソーダ水

大統領への挑戦。しかしゴルフコースでのみ

ワシントン— 4歳のとき、マーヴィンニコルソンは、父親がオンタリオ州の家族の農場の前に刈り込んだ9ホールのコースで最初のゴルフボールを打ちました。 7歳までに、彼は地元のパブリックコースでホールインワンを獲得したことでカナダドライジンジャーエールのトロフィーを獲得しました。彼は大学を卒業し、ナンタケットでジョン・ケリー上院議員のクラブを運び、2004年の大統領選挙でケリー氏のバッグをたくさん持ち歩いたため、「スタッフのチーフ」と刻印された名刺を配布しました。

10年後、ニコルソン氏はゴルフのルーツに戻り、オバマ大統領のスイングの秘書になりました。ニコルソン氏(42歳)は、大統領と約140回ゴルフをしたことがあり、政府内外の誰よりもはるかに多い。

オバマ大統領の大統領時代、政治、国家安全保障、および仕立ての批評家が「あなたはそれを間違っている」と唱えているとき、ホワイトハウスの旅行ディレクターを正式な肩書きとするニコルソン氏は、良い雰囲気の信頼できる情報源です。西オンタリオ大学の地理学専攻であるニコルソン氏は、大統領のダブルボギーやシリアでの彼の変化する赤い線を決して疑うことのない非判断的な人物であり、大統領のフォーサムを締めくくり、彼のほつれた気持ちを和らげます。

オバマ氏は土曜日の電話インタビューで、「すべての大統領は、彼が静かで、ゆるく、普通に感じることができるスペースを必要としている」と述べた。 「そして私がマーヴィンと一緒にいるとき、私たちがビールを飲んでボールを叩き回しているほんの数人の男だった場合と同じように話すことができます。」

ニコルソン氏の鎮静効果は大統領だけにとどまりません。ニコルソン氏の元ガールフレンドでオバマ氏の元副首席補佐官であるアリッサ・マストロモナコは、次のように述べています。ニコルソン氏は大統領の出張を監督するのに効果的ですが、「マーブには議題がない」と述べたため、野心に満ちた職場環境で際立っています。

彼と大統領がゴルフコースにとるレクリエーションのアプローチ—「私が外に出ることができるのはそれが唯一の時間であり、私は街を長い散歩をするオプションがありません」とオバマ氏は言いました—ビル・クリントンとリンドン・B・ジョンソンのゴルフスクールの支持者を激怒させます。そこでは、グリーンが政治のための緑豊かなセルです。

政府関係者、工作員、ドナー、ロビイストが大統領の顔の時間を空想している町で、オバマ氏はゴルフパートナーのあまり政治的でないグループのためにそれらを迂回しました。彼らには、アロンゾ・モーニング、引退したバスケットボールのスター、アマド・ラシャド、ヴァレリー・ジャレットとデートした元ミネソタ・バイキングのワイドレシーバー、ホワイトハウスの前のホワイトハウスの仲間であるマーティン・ネスビット、エリック・ウィテカー、マイク・ラモス、ボビー・ティットコム、そしてESPNのパーソナリティであるトニーが含まれますコーンハイザーとマイケルウィルボン。ニコルソン氏の兄であるウォルターは、12回以上参加しています。

オバマ氏が政権のメンバーとゴルフをするとき、彼はしばしば、栄養政策に関する大統領の上級政策顧問でありオバマ家のシェフであるサム・カスを含む、比較的低レベルでハンディキャップの低い会社の閣僚を追い越します。

しかし、ニコルソン氏は不変です。オバマ氏がゴルフコースで政治を演じたまれな機会の1つ—彼とオハイオ州のジョンA.ベーナー議長が、オハイオ州のジョセフR.バイデンジュニア副大統領とジョンR.ケーシック知事を引き継いだとき—ニコルソン氏そこにも、カートに乗って後ろに乗っていました。ワシントンの電力ブローカーであるバーノン・ジョーダンとニューヨーク市の前市長であるマイケル・R・ブルームバーグとの外出中、オバマ氏はほとんど彼らと話をせず、彼のコメントのほとんどをニコルソン氏に向けた、と語った人によるとお出かけ。

18ハンディキャップがニコルソン氏より10ストローク高いオバマ氏は、「彼が私のゲームを改善したかどうかはわかりません」と述べました。しかし、ケリー氏に会ったときにマサチューセッツ州のウィンドサーフィンショップで働いていたニコルソン氏について、政治家が魅力を感じるものは他にもあります。 「彼は風変わりで冒険的な生活を送ってきました」とオバマ氏は言いました。 「しかし、それは彼が多くのことについて多くを知っていることを意味します。」

ニコルソン氏はこの記事へのコメントを拒否したが、彼のアメリカ生まれの母親、エリザベスビーティは、彼を「常に一緒に行き、誰もが幸せで親しみやすいことを確認することを決意した」と述べた。

才能のあるゴルファーであるニコルソン氏の父親が亡くなってから数週間後、少年は毎朝、テイスターズチョイスコーヒーを母親のベッドに持ち込み始めました。彼女が再婚して家族をブリティッシュコロンビア州ビクトリアの郊外に移したとき、3人の息子の真ん中のマーヴィンはセントマイケルズ大学学校で自信と無私の友人としての評判を得ました、そこで彼は映画のキャラクターフェリスを引用しましたBueller —「人生はかなり速く動きます。たまに立ち止まって見回さないと、見逃してしまうかもしれません。」 —彼の年鑑で。

画像

「彼は常にパーティーの生涯であり、100パーセントでした」とビクトリアでバーとグリルを所有し、学校のゴルフチームでニコルソン氏と遊んだジェレミー・ペッツィングは言いました。 「彼はポジションテイカーではありませんでした。彼は決して実際に味方することはありませんでした。彼はとても気さくで、ひよこたちは彼をただ愛していたのです。」

2001年から2005年までニコルソン氏のガールフレンドであったマストロモナコ氏は、ケリー氏のために働いていたとき、ニコルソン氏の電話(「マーブは男のように聞こえる」)と彼らの散歩を楽しみにしていると述べた。キャピトルヒルでは、彼は非常に多くの人々の名前を知っていたため、彼女は彼を「市長」と呼んだ。彼女はまた、中に隠された職人を発見しました。

「彼は絵を描く」とマストロモナコさんは言った。 「彼は物を作ります。」ニコルソン氏が塗装されたフェンスピケットから作った13つ星のアメリカ国旗は、彼女が夫であるネバダ州上院議員ハリーリード上院議員の首席補佐官であるデビッドクローネと共有する家に飾られています。 (木曜日に、夫と元は一緒にゴルフをしました。)

ケリー氏の参謀長であり、ニコルソン氏の2004年大統領選挙期間中の2年間の同居人であるデビッド・ウェイド氏も、国務省のエグゼクティブスイートに掲げられているニコルソン氏の旗を所有しています。ウェイド氏と他の人々は、ニコルソン氏を、眠っている間に咳止め薬を拾うためにドラッグストアに滑り込んだり、仕事中に裏庭でグリルを組み立てるために現れたりする、簡単な会話主義者で良心的な友人であると説明しています。

ニコルソン氏はオバマ氏と親密な関係にありますが、ケリー氏は父親の人物と見なされています。 「ケリーはいつもそれが兄弟関係だと冗談を言っていました」とウェイド氏は言いました。 「他の人々はいつもそれがもっと父息子だと言いました。おそらくケリーは、60代であることを認めたくなかったので、兄弟と呼んでいました。非常に、非常に近いです。」

ケリー氏は、ニコルソン氏の弟であるピーターが2009年に肺塞栓症で亡くなったとき、特に親密でした。彼とニコルソン氏は最近、マストロモナコ氏の家に立ち寄る前に、ワシントンのレストランカフェミラノで一緒に食事をしました。

当時のオバマ上院議員にニコルソン氏を雇うよう促したのはマストロモナコ氏でした。ケリー氏の祝福を受けた後、ニコルソン氏がその仕事に就きました。早い段階で、彼は2008年のキャンペーンイベントで、保守的なテレビパーソナリティであるビルオライリーをかわすために彼の大きなフレームとバスケットボールのスキルを使用しました。すぐに彼は大統領側の備品になりました。

ホワイトハウスの写真家であるピート・ソウザは、ニコルソン氏がシカゴのソルジャーフィールドで夕食後にフィールドゴールを蹴ったときに、ニコルソン氏が体重を量り、腕を空中に撃ちながら、オバマ氏がひそかに体重計に足を置いているのを捕らえました。 2012年NATO高官と。

ニコルソン氏の前のオバマ氏の多目的個人秘書であるレジー・ラブは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校での2013年の講演で、海軍シールがオサマ・ビンラーディンを殺害した日に、ほとんどの最高幹部が状況にあったと述べた。大統領の部屋は、「私はそうではない、私はそこに行くつもりはない、私はこのすべてを見ることができない」のようでした。スーザ氏とニコルソン氏は「15ハンド、15ゲームのスペードをプレイしたに違いない」。

ニコルソン氏の母親は、オバマ氏が大統領としての最後のドライブを打った後、息子がどこにいるのか少し心配しています。 「それは64ドルの質問です」と彼女は言いました。 「私は彼に多分彼自身のために少しの時間を与えて欲しいです。」

古い彼氏が新しい関係にあると言われているマストロモナコさんも同様の懸念を抱いていました。 「一般的に、他に多すぎるかどうかはわかりません」と彼女は言いました。また、一週間中働き、週末に大統領とゴルフをしたり、時々ホームデポに画材を買いに行ったりしました。

「彼が次に何をするのかわからない」と彼女は言い、「マーブの夢を実現するために何が起こるのだろうか」と時々疑問に思うと付け加えた。

マーブの夢のものが妻と子供であるならば、オバマ氏は量り込むのを嫌がります。

「私は絶対にそれに触れるつもりはない」と彼は言った。しかし、フェアウェイの将来に関しては、オバマ氏は切望された招待状を出しました。 「私がゴルフをしている限り、マーヴィンはローテーションに入るだろう」と大統領は言った。


スコットランドがバディトリップバケットリストのトップに君臨

中年の誕生日を祝う準備をしていると、何かが起こります。私たちの何人かは赤いコンバーチブルを買いに行きます。他の人は内省的になり、彼らの回想録の概要を密かに書きます。

ただし、ゴルファーは特別なバディ旅行を計画しています。楽しいものですが、ゴルフコースで真剣に努力し、おいしい料理、飲み物、そして同じような心の仲間を連れて、毎年訪れることはないかもしれませんが、できればいいのですが。私の友人の50人目の一人が地平線に迫ったとき、彼はスコットランドを選び、私に旅をするように誘いました。

ゴルフ発祥の地への巡礼は、印象的で記憶に残る成功を収めました。私たちは7日間で10ラウンドをプレーし、国を西から東に横断しました。経験豊富なゴルフツアー会社がすべての面倒を解決しました。私たちはよく食べ、時々吸収し、側面にいくつかの光景を見て、すべての経験を完全に楽しんだ。これが旅行の日々の要約です。

初日

JFKからの赤目の後、早朝にエジンバラ空港に到着し、運転手に会いました。運転手は国の西海岸のトルーンに連れて行ってくれます。クライド湾とアラン島の素晴らしい景色を望む、親密な9ベッドルームのロッジであるハイグローブハウスホテルにチェックインします。ちょっとした昼食で、ゴルフの最初のラウンドの準備が整いました。

私たちは少し不機嫌なので、残りの旅行でプレイするような残忍なAリストコースを受講したくないので、近くのGailesLinksに向かいます。これはによって運営されている2つのコースの1つです。 1892年にコースを取得したグラスゴーゴルフクラブ。1912年に設計したウィリーパークの作品に忠実な、純粋なリンクスコースです。

フェアウェイは驚くほどタイトで、リンクスコースのグリーンは小さいので、グラウンドゲームの距離と方向のコントロールは非常に重要です。もちろんバンカーも要因であり、ラウンドを盛り上げて先のことを味わうのにちょうどいい数のブラインドショットがあります。

二日目

翌朝、トランプターンベリーのアイルサコースで始まります。トランプターンベリーは、壮大な砂丘に出入りする海辺の宝石です。アルサクレイグは海抜1200フィートの高さにそびえ立ち、遠い地平線を指揮しています。ターンベリー灯台とロバート1世の城の遺跡がいくつかの穴から見えています。

コースは大幅に改造されましたが、トムワトソンとジャックニクラウスが全英オープンのローターに参加した最初の年である1977年に有名な「決闘の太陽」と戦うことは想像に難くありません。未確認ですが、コースの所有者がホワイトハウスを離れた後、コースが再びオープンを主催すると考えられています(または期待されています)。

スコットランドの緯度の大きな利点の1つは、真夏の日没が遅いことです。輝かしい晴れた日は、その日の午後にプレストウィックをプレイする時間を与えてくれます。プレストウィックは、1860年から1925年の間に24回開催された全英オープンの発祥の地です。多彩なものは、由緒あるリンクで形が再生される風景を説明し始めていません。

パウバーンが敷地内を流れ、背の高い砂丘が敷地の中心を示しています。プレストウィックで最も有名なホールは、533ヤードのドッグレッグの右にある不可解なパー5の3番目のホールです。ホールは簡単に始まりますが、フェアウェイはティーから約300ヤードのところに消え、少なくとも50ヤードの幅で枕木に面したバンカーに降ります。

運が悪くて着地できない場合は、キャディがリカバリーショットのために与えるラインに細心の注意を払ってください。反対側に到達しようとしているフェアウェイが見えないからです。

トランプターンベリーのアイルサコースにあるターンベリー灯台

三日目

プレストウィックのすぐ北にあるロイヤルトルーンは、1923年に最初の全英オープン選手権を開催し、2016年にはヘンリクステンソンがトーナメントの9回目の優勝を果たしました。風変わりなグリーンと長いホールは、一流のリンクでエキサイティングなゴルフを作ります。

すべてのオープン会場の中で最も短いホールは、123ヤードのパー3の8番ホールで、「切手」と名付けられています。小さなグリーンはわずか2,600平方フィートを覆い、急な砂丘の隣に止まります。それは5つの掩蔽壕に囲まれており、最悪の掩蔽壕には「棺桶」という不吉な名前が付けられています。

朝のラウンドの後、東に向かってガレインのグレイウォールズホテルに向かいます。そこで、伝説のミュアフィールドの隣にあるエドワード朝のカントリーハウスにチェックインし、翌日プレーします。私たちの部屋は10番目のティーを見下ろし、ホテル自体は大西洋を渡る価値があります。

ベッドルームは年代物のスタイルで装飾され、共用エリアにはゴルフの記念品があり、レストランChezRouxでは受賞歴のあるコンチネンタル料理を提供しています。ホテルの図書館への訪問は必見です。

4日目

エジンバラゴルファーの名誉ある会社、別名ミュアフィールドは1744年に組織され、今日私たちがプレーするコースは、1891年にオールドトムモリスによって設計されました。これは、ジャックニクラウスのリンクで16回の全英オープンが行われたゴルフの壮大なテストです。 「英国で最高のゴルフコース」と評されています。

これはスコットランドのユニークなリンクスコースであり、そのほとんどはクラブハウスに9ホール出て、9ホール戻ってルーティングされますが、ミュアフィールドには時計回りと反時計回りの2つの9ホールループがあるため、事実上すべてのホールが異なるプレーをします。風向き。そしてリンクスゴルフでは、風がとても重要です!

また、ミュアフィールドのクラブ規則もユニークです。この規則では、クラブのどのパブリックルームでもゴルフの服装は許可されておらず、ダイニングルームでは午前10時以降にジャケットとネクタイを着用する必要があります。何よりも、訪問者は午前のラウンドで4つのボールマッチしかプレイできませんが、午後は代替ショットのマッチのために厳密に予約されています。

これはゴルフの完璧な一日になりますが、朝のラウンドの後にお酒を飲みながら豪華なビュッフェランチ(ジャケットとネクタイに着替えることを忘れないでください!)と午後のチームプレーの速くて楽しいラウンドが可能になるためです。

疲れ果てて爽快な私たちはセントアンドリュースに向かい、そこでホテルデュヴァンにチェックインします。オールドコースとR&ampAクラブハウスまで徒歩1分以内です。

5日目

スコットランドのすべてのゴルフコースが機関車の発明以前のものであるとは限りません。また、特にセントアンドリュースの旧市街にいる場合は、毎日夜明けから夕暮れまでゴルフをする必要はありません。この日はのんびりとカジュアルで、午前中はキングスバーンズで、午後は特別な目的地でラウンドを行います。キングスバーンズはわずか20年前にオープンしましたが、何世紀にもわたってそこにあったようにプレイします。北海の海岸線を取り囲み、海の上または横に7つの穴があります。

その日のハイライトは、旅行ではないにしても、友人の友人を通して寛大なおもてなしを手配したクラブのメンバーと役員の会社のR&ampAクラブハウスへの訪問です。彼は、ダイニング、会議、社交、ロッカールームを案内してから、通りを渡って英国ゴルフ博物館に行き、おそらくこれまでに描かれた中で最も有名なゴルフシーンであるゴルファーのプライベートビューイングを行います。

6日目

朝は灰色と霧雨の夜明けになり、私たちはオールドコースに取り組むために厳粛に体を完全な雨具で身に着けます。レンジで少しウォームアップしてから、パッティンググリーンでロールをテストし、順番が来るのを待ちます。最初のティーに呼ばれると、雨が止み、笑顔が広がります。それはゴルフの素晴らしい日になるでしょう。

写真が撮られ、冗談めかしてスターターの指示が出され、ゴルフでおそらく最も神経質なティーショットが撮られます。あなたがどれだけゴルフをしたか、どれだけ疲れているかは重要ではありません。オールドコースの最初のティーの地面にペグを置くことは常に電気的な瞬間です。ボールをアウトオブバウンズにスライスするという究極の困惑を避けるために、私たちは左に、つまり左に向かって狙っています。 4つのボールが安全にプレーされているとき、私たちは共同の呼気を失い、フェアウェイを歩きます。

バンカーはパー、ウィンド、フェスクへの願望を破壊し、ハリエニシダは彼らの犠牲を払う、唇をしたパットはうめき声と呪いを呼び起こすが、そのどれもその驚異の日を奪うことはない。ゴルフで最も神聖な場所を踏んだときのスコアは関係ありませんが、11番ホールで作った不可能なバーディーと17番と18番のフィニッシュパーを決して忘れません。

私たちの午後のラウンドは、125歳であるため「新しい」新しいコースの隣にあります。それはその日の完璧な第2ラウンドを作る楽しいリンクスコースです。

7日目

よく構成された交響曲のように、スコットランドへの私たちの旅行はクレッシェンドで終わります。私たちはカーヌスティに直面します。これは、旅行の中で最も要求の厳しいコースです。プレーする1年前に、フランチェスコ・モリナーリが全英オープンで優勝しました。このコースで最初に行われた全英アマチュア選手権は1947年で、ウェストチェスターのアマチュアゴルフの伝説であるウィリーターネサが優勝しました。

太陽は輝いていますが、この日は風が強く吹くため、カーヌスティの容赦なく狭いフェアウェイをティーから見つけるのは非常に困難です。コースの複雑なグリーンと懲罰的なバンカリングも私たちを罰しますが、ラウンドは私たちの旅行の完璧なフィナーレです。


最高のゴルフGPS時計は何ですか(2020年のゴルフバディ時計)

ゴルフバディGB9WTX +スマートウォッチゴルフGPS(最高のバッテリー寿命と品質)

ゴルフバディGB9WTX +は、最初から手頃な価格で最高のゴルフGPS時計を探しています。これは、手頃な価格で入手できる最も手頃な時計の1つです。

シンプルで高速なタッチセンシティブなユーザーインターフェースを備えており、驚くべき38,000のコースがプリロードされておらず、無料で更新されます。

スリムなデザインの軽量時計は非常に愛らしく魅力的です。この時計をスマートフォンと同期して、電話、テキスト、またはスマート通知を受け取ることができます。これはあなたにとって非常に重要です。

そのBluetooth範囲は最も強力なものの1つであり、穴を認識して自動的にコースを進む能力があり、グリーン上のハザードの距離を含むバック、フロント、センターまでの距離を簡単に読み取ることができます。バッテリー寿命が長く、非常に明白です。あなたは確かにそれらを愛するだろうと

バッテリー寿命が長持ち

38,000のコースがプリロードされています

誰かがGPS時計がスタイリッシュであると不満を言ったが、機能しなかった

GPSが起動する前に2つまたは3つの穴までかかる場合があります

ゴルフバディWTXスマートゴルフGPS(最高のユーザーフレンドリーで快適)

あなたがゴルフのラウンドを始めるための堅実なゴルフクラブを探しているなら、これはあなたにとって最良の選択です、それらは非常に堅固で耐久性があり、腐敗や短い寿命のために別のものを手に入れることはありません

歩数計の存在により、ゲームの追跡が非常に簡単になり、Golf Buddy WTX Golf GPSWatchによってもたらされるすべてのエキサイティングな機能を使用してエキサイティングなゴルフラウンドを開始できます。

スリムで魅力的な時計は、コース外のスマートウォッチモードとコース上のゴルフGPSモードの両方を備えており、自分に最適なモードに簡単に切り替えることができます

38,000のコースがプリロードされており、Bluetoothをオンにしてスマートフォンと同期するだけで、スマートな通知、メッセージ、通話を受信できます。

彼らは穴とコースを自動的に認識します、これはあなたにそれと接触する前にあなたの前にあなたの前に危険の事前に知らされた情報を与えます

このGPSスマートウォッチを装備すると、ライフタイムの更新を無料で受信でき、充電前に10時間も持続する長いバッテリー寿命を体験できます

スリムで軽量で魅力的なデザイン

シンプルで応答性の高いユーザーインターフェイス

MACユーザー向けのアプリケーションも

ハザード画面のアイコンが小さすぎて表示できません

一部の機能は少し使いにくいです

Golf Buddy Voicex使いやすいスマートトーキングゴルフGPS(最高の追跡距離とバッテリー寿命)

このゴルフウォッチは、トーキングウォッチを愛する人に最適な時計です。内蔵のオーディオ機能は、声を出して距離を測定します。グリーンに近づくたびに、「あなたはグリーン側にいます」という声が聞こえます。

それは非常に魅力的で美しく、あなたがそれらを愛するであろう新しい鋭い人間工学的デザインを持っています、充電が必要になる前に長時間持続する長持ちするバッテリー寿命が付属し、そしてそれらは耐水性もあります、その大きなヘッドディスプレイはそれを作りますゴルフ仲間からの読みやすいゴルフウォッチの1つ

トーナメントに最適で、短距離と長距離を読むことができるこの素晴らしい時計は多言語対応です。つまり、さまざまな言語、正確には11言語で利用できるため、言語の好みを簡単に選択できます。

驚くべき38,000のコースがプリロードされており、無料のライフアップデートがあります。テキスト、通話、通知について心配する必要はありません。スマートフォンをこのデバイスに接続して、重要なすべての通知、通話、テキストを取得できます。

正確なヤード数で使いやすい

最大14時間持続する優れたバッテリー寿命

距離を追跡する機能

距離と危険に最適

誰かがGPSの問題について不平を言った

GolfBuddy Voice GPS距離計(応答性と距離記録に最適)

ゴルフバディからの素晴らしい偉業、確かにあなたが所有できる最高のゴルフバディボイスGPSウォッチの1つです。レビューをチェックしてください。レビューをチェックしてください。彼らは本当にその種の1つであり、カバーされた距離に関する情報があります。今あなたの指先で

高価ですが、価格に影響を与えるのではなく、機能と機能がどれだけ優れているかという理由で、価格を怖がらせることはありませんが、組み込みのオーディオ機能は、音声形式であなたまでの距離を読み取ります

自分に最適な言語を選択できる8つの異なる言語がプリロードされており、世界中で35,000のコースがプリロードされています。

彼らは本当に最高のものを望んでいるゴルファーにとって本当にバディです、彼らは非常に使いやすく、その種の他のいくつかのように複雑ではありません

バッテリー寿命が長く、耐水性があり、非常に耐久性があり、カラフルで、ぴったりとフィットします。このスマートテクノロジーウェアラブルを使用すると、事前情報を通じて危険や障害物の通知をすばやく簡単に受け取ることができます。

非常に使いやすく、十分な音量

任意の2点間の距離を記録する

充電用のマイクロUSBコードが付属しています

雨から守るプラスチックカバー付き

マルチリンガルで35,000コースがプリロードされています

GolfBuddy aim W10ゴルフGPSウォッチ(リニューアル)(最高のユーザーフレンドリーで無料アップデート)

より良く、よりスマートな機能のためにリニューアルされたGolfBuddy aim W10 Golf GPS Watchは、これまでよりも優れた効率性を備え、機能性、使いやすさ、応答性を向上させました。

それはすべてあなたのゲームの上にあるために必要な最新の機能をあなたに提供する新しい古典的なスタイルで来ます、この時計であなたは90日のバック保証(3ヶ月)を持っています

このバージョンはズームインされたバージョンであり、以前のバージョンを使用した顧客からさまざまな苦情を受けており、よりユーザーフレンドリーで非常にスマートな時計のプロトタイプを考案しました

シンプルなユーザーフレンドリーなインターフェースにより、フロントバックとセンターまでの距離を簡単かつ迅速に読み取ることができます。使いやすく耐久性があり、この時計を最初にレビューします

90日間の返金保証

ユーザーフレンドリーで使いやすい

さまざまな国からの30,000以上のコースがプリロードされています

長いバッテリー寿命と無料寿命の更新

ゴルフバディウォッチの必要性

ブランドゴルフバディは、ゴルフ用の素晴らしい素晴らしいゴルフウォッチの製造と製造に長い間取り組んできました。そうです、彼らはちょうどいい時計と、コースで最高のパフォーマンスを発揮するために必要なすべての機能を知っています。

ここに簡単な要約があります。すべてのゴルファーは、ゲームの分析、追跡、およびコースを読んで便利なマップを使用して簡単にナビゲートできるようにするためのGPSウォッチを持っている必要があります

ゴルフバディは、お気に入りのゴルフGPSウォッチメーカーの1つであり、ゲームのトップを維持するために必要なすべての機能を備えた、高品質で見栄えの良いスマートGPSウォッチを愛するゴルファー愛好家に最適です。


ゴルフバディLR7Sの特徴

初見

私たちは、あなたがこの距離計の外観の美しさを一目見ただけで驚かれることでしょう。その人間工学に基づいたボディデザインと仕様は、ほとんどのゴルファーに高く評価されています。これは、超近代的なデザインの素晴らしい距離計です。とにかく、見通しはとてもキャッチーでかなりクールなので、それに向かってあなたを引き付けるでしょう。

さらに、それは息をのむような異なる色のインテリアと最もユーザーフレンドリーな機能が付属しています。これは、初心者や上級者に関係なく、すべてのゴルファーがこのゴルフバディLR7Sを購入リストのトップに置いた理由の1つです。あなたはそれがあなたの通常のゴルフのより良い結果を得るためにあなたにいくつかの究極の利点をどのように与えるかを知るでしょう。

続きを読む&#8230

すべての製品は、あなたの好みのリストにそれを持っていったものは何でも、いくつかの独特の機能を持っている必要があります。そして、ゴルフバディLR7Sはそのルールと同じです。それは、ユーザーフレンドリーな利点のほとんどをカバーすることによって、ゴルファーにとって驚くべき利点をレンジファインダーします。

それをチェックしよう!ゴルフバディLR7Sがこれまでで最もファッショナブルで豪華で便利なゴルフ距離計として評価された理由。このブランドの距離計は、次の機能を備えた究極のマッチです。

はい!次に、知っておく必要のある注目すべき機能について、以下で詳細を調査します。

ターゲティングモード:

ゴルフバディピンファインダーを使用すると、ピンをロックすると、デバイスが少しの振動で通知し、距離もロックされます。また、最後に使用した設定が次回の起動時のデフォルトになります。

レーザー距離計を使用して、旗、木、レイアップターゲット、または何か新しいものをターゲットにする予定は他にありますか? LR7Sには簡単に作成できるモードがあり、探している距離を取得するのに役立ちます。 GolfBuddyのLR7Sには、目的のターゲットを固定するのに役立つ4つのターゲットモードが導入されています。詳細をチェックしてみましょう!

GolfBuddyのLR7S4つの独自のターゲティングモードは、非常に正確なヤード数をもたらし、傾斜調整された距離の精度を高めます。

標準モード:

この機能を使用すると、画面の下部に表示される直接の距離と高さを取得できます。ターゲットまでの距離と、メイン番号で表示される傾斜調整距離を示します。

スキャンモード:

さまざまなターゲット内の距離をスクリーニングするために10秒間継続的にスキャンするターゲティング手法のアクションを指します。主な数値は、画面の下部に表示される傾斜調整距離、直接距離、および高さです。

ピンモード:

さまざまなターゲットまでの距離を表示するために10秒間連続スキャンすることを指します。表示される距離は、近くのターゲットまでです。表示される主な数値は、画面の下部に表示される傾斜調整距離の直接距離と高さです。

ピンファインダーモード:

さまざまなターゲットまでの距離を表示するために10秒間連続スキャンを参照します。近くのターゲットまでの距離を表示し、わずかな振動で確認します。表示される主な数値は、画面の下部に表示される傾斜調整距離の直接距離と高さです。

スロップ調整距離の計算

スロップ調整距離は、直線計算ではなく、ヤード/メートルの観点から上り坂または下り坂の位置平均を使用して即座に計算するターゲットを参照します。

これにより、穴までの実際の距離と調整された傾斜距離が提供されます。これにより、距離計が距離を計算します。このプロセスは、土地の傾斜に応じて、20〜50ヤードの範囲でヒットの距離に影響を与える可能性があります。

GolfBuddy LR7Sは、上り坂または下り坂の位置平均を使用して、より高い精度で計算された傾斜調整距離を提供します。逆に言えば、LR7Sは標高の変化を考慮して距離を計算します。

長距離公演

遠距離恋愛の場合、距離計は最大880ヤードの距離に到達できます。アクティブなゴルファーのほとんどは、コースでの目覚ましいパフォーマンスのためにGolfBuddyLR7Sを推奨しました。すべてのタイプのユーザーにとってのもう1つの優れた機能は、LR7Sのスロープ補正機能です。

レンジファインダーとGPS

レンジファインダーとGPSは正確な情報を提供します。また、使いやすく、耐久性と信頼性の遺産があります。複数の異なる撮影スタイルを測定するには、LR7Sをポイントし、ボタンを押すだけで、LR7Sがすべてを行います。

その他の重要な機能:

  • LR7は、あらゆるタイプの天候での使用を可能にする耐水性距離計です。
  • 人間工学に基づいたボディデザインにより、しっかりとしたグリップと手間のかからない使用が可能です
  • 自動シャットオフ機能は、デバイスを放置すると10秒後に有効になります。
  • デフォルトは&#8216last used&#8217設定です。これは、最後に使用した設定が次回の起動時のデフォルトになることを意味します。
  • 微調整ディスプレイを備えた視度接眼レンズ調整機能により、明瞭さ、改善された視覚、および快適さが可能になります。
  • 2Kのバッテリー寿命が付属しています

使いやすさ

誰もがユーザーフレンドリーな距離計を好みます。また、私たちは別の役割を果たしていません。簡単に言えば、他の距離計よりもゴルファーに最大の利便性を提供するカートを選びます。

ゴルフバディLR7Sは、ゴルファーがゲームの改善でより良い結果を得ることができるという顕著な競争上の優位性を特徴としていました。まず第一に、これはよく構造化されたコンパクトな距離計です。

Moreover, it is more comfortable to use than other rangefinders available in the market.

The golfer can handle it easily according to their intent. The well-structured design contributes a lot to provide much more convenience and accurate calculation to the golfer also with the batter slop adjusted distance.

Warranty

Not only you! almost every user prefers such a rangefinder which ensures them a long term warranty.

In this way, you can shortlist the rangefinder for a long warranty period. The rangefinder is durable, so it can be used for a more extended period.

In any means, if there is any manufacturing problem arises, for such a long time warranty, it can fix it up easily. So, don’t take stress about its warranty. You will get 1 full year warranty from the manufacturer.

Design

In every case, the design impacts on the driver durability. Because water-resistant device with ergonomic body design among the rangefinders and makes it convenient and functional. Also, the design increase the rangefinders’ lifetime. The Golf Buddy LR7S has a well-established heritage for long durability.

The Golf Buddy LR7S is well designed and manufactured which impacts the targeting and slop adjustment distance calculation. In a word, we can say this rangefinder designed to deliver the golfers with a premium blend of clarity and accuracy.

Durability

we already said that this is a smart rangefinder that delivers the golfer long-time durability and convenience. To increase This Golf Buddy LR7S is a water-resistant rangefinder with an ergonomic body design that makes the rangefinder durable and convenient years after years and beyond.

Premium technology and top of the line performance with low prices.

4 unique targeting modes bring extremely accurate yardages and allow greater accuracy for slope-adjusted distance.

Slope Compensation function.

Not one-button operation featured.

Personal Experience with The Golf Buddy LR7S

A few days ago I had a chance to use this product. At the very first time of my uses, The 4 unique targeting system I found a bit critical than I expect. Other than that, it produces accurate calculation, slops adjustment distance calculation and elegant feel!

Is it user-friendly?

we have discussed earlier in this review, that most of the active golfers are recommending this The Golf Buddy LR7S because of its user-friendliness. Also on our investigation, we found other recommendations of this rangefinder for the same advantages. So you can feel free to decide about this driver.

Is the product worth your money?

We must agree that it’s a sensible question. Before purchasing your preferred rangefinder you must consider your budget. And Sincerely saying, no matter whatever your budget is still, you can choose this rangefinder without any hesitation, because you can use the rangefinder years after years also can buy at a low price. So, It’s clear that comparing the product’s features this product has greater value than its price.


Help fund Monitor journalism for $11/ month

Already a subscriber? Login

Monitor journalism changes lives because we open that too-small box that most people think they live in. We believe news can and should expand a sense of identity and possibility beyond narrow conventional expectations.

Our work isn't possible without your support.


Tiger Woods Takes Aim at Jupiter

If his latest real-estate deal goes through, Tiger Woods won't have to look far for a golfing buddy. The game's all-time money winner, 29 years old, has agreed to buy a Florida house on Jupiter Island, in the same gated community as fellow golfers Greg Norman and Jesper Parnevik, people with knowledge of the deal say.

Mr. Woods has a special history with Mr. Parnevik -- the Swedish-born star introduced the American golfer to model Elin Nordegren, whom Mr. Woods married in 2004. (Ms. Nordegren had worked as a nanny for Mr. Parnevik.)

A purchase price for the house couldn't be determined, but it's listed for $18 million. Mark Steinberg, an agent for Mr. Woods at International Management Group, declined to comment. The 16,000-square-foot house has six bedrooms, and the 10-acre property includes a beach cottage and guest house and tennis and basketball courts. Jupiter Island, about 25 miles north of Palm Beach, has about 600 residents and has long attracted families from the Doubledays to the Fords and duPonts.

Mr. Woods made an earlier real-estate deal this year. In February, the three-time Masters champion bought land at a golf-club development under construction in Jackson, Wyo. The size and price couldn't be determined, but people familiar with that deal said Mr. Woods bought an "estate home" site. Such properties run from 2.5 to five acres and cost from $1.2 million to $4.5 million, according to a sales director at the development. Mr. Woods also owns a home at a private golf community in Windermere, Fla., near Orlando.

Stephen Garofalo, founder and former chief executive of fiber-optics company Metromedia Fiber Networks, agreed to sell the Jupiter property to Mr. Woods. Mr. Garofalo, who didn't return calls seeking comment, paid $12.3 million for the property in 2003, public records show. Metromedia, a onetime telecommunications highflier, filed for bankruptcy-court protection from creditors in 2002, emerged from proceedings in 2003 and took the name AboveNet.


The Golf-and-More-Golf Buddy Trip

The first tee at Machrihanish.

John Paul Newport

Two weeks ago, as a purely personal vacation, I took my first-ever overseas golf buddy trip. I wasn't necessarily going to write about it—I went for fun, on my own dime—but I did learn a few things that might be useful. First, every trip needs a golf daddy. Second, there can be such a thing as too much golf. Third, too much golf, at least on links courses, morphs into a new kind of golf experience and can actually be pretty great.

There are many types of perfectly legitimate golf trips to Scotland and Ireland: the grand tour of famous courses, husband-and-wife tours, golf and culture tours, golf-and-whiskey tours. Ours was a golf-and-more-golf tour. The itinerary called for 36 holes daily, all walking, except on two of the eight days, when transportation limited us to just one round.

My friend David Owen, a writer whose subject areas include golf, planned the trip, based on four previous journeys he and members of his club in rural Connecticut had taken together. At their club, most golfers walk all the time, either carrying their bags or using push carts, so the seaside links courses of Great Britain and Ireland were a natural match. Riding in carts on links courses is something of a sacrilege and often not even allowed, except with a doctor's letter.

One special feature of Dave trips is playing courses twice. It is a wonderful idea, especially on links courses, which typically require blind drives over dunes and approaches into funky greens that are wedged, perched or hidden in curious places. On the second go-round, you know what to aim for and hope to extract revenge. The replays, far from being boring, were often more fun than the first time around.

Our group of 12 guys, all in our 50s and 60s, had no leader, but it became apparent as we assembled off different flights at the Glasgow airport that someone needed to take charge. Instinctively we deferred to Dave—the person who had the most golf experience in Scotland and Ireland. Soon we were calling him our trip daddy. "Chop chop," he would say to laggards joining the bus each morning, and guys happily chopped—even the five lawyers in our midst.


Plan a Golf Buddy Trip to South Carolina’s Old 96 District

Devereaux Duffers Vernon DeHart, Barry Beasley, Gary Cannon and Bob Gillespie are long-time golfing buddies who recently played Hickory Knob and Savannah Lakes.

"Golf buddy" trips are a golfing tradition and a business-stoking phenomenon just ask course owners in Myrtle Beach, Charleston and Hilton Head. But trips with your playing pals don't have to be extravagant, or even to better-known destinations. All you really need are good courses and good companions - especially the latter.

知っている。 I've made past "buddy trips" with work colleagues and high school/college friends, though not on a regular basis. Now, in semi-retirement, I've found a trio of like-minded (and like-aged) individuals who enjoy short, usually weekend getaways to chase the dimpled ball. We call ourselves the Devereaux Duffers (for the Columbia street the other three live on), and the quality of companionship far exceeds that of our games - and we don't care.

Gary Cannon, Barry Beasley, Vernon DeHart and I have made day trips to North Augusta's River Course and Lancaster County's Edgewater Golf Course, but our first overnight jaunt - to McCormick's Hickory Knob State Resort Park Golf Course and neighboring Savannah Lakes' Tara Course - opened us to new possibilities.

First, Hickory Knob. One of two South Carolina state parks with golf courses, it also has both lodge rooms and cabins (we opted for two of the latter) that are a quick trip away from the park's Tom Jackson-designed golf course built alongside Lake Russell. For this trip, we booked 18 holes on a Saturday afternoon and afterward unwound in the pleasant accommodations before a pizza dinner in McCormick, about seven miles from the park.

I've played Hickory Knob before, and its surprisingly hilly terrain and ample fairways, plus water in play on both nines, make for a challenging and testing round. Particularly memorable: the par-5 second hole, which plays up a steep hill to the perched green the par-4 fourth (uphill, then over waste area and water) and the three-hole finish, notably the par-4 18th with its all-carry approach.

Tara, played the next morning, was a spectacular revelation, with sweeping uphill and downhill holes - both the 9th and 18th holes, which share a double green, sit next to the lake - and often-breathtaking vistas. Most memorable was the par-5 16th, which plummets downhill before soaring uphill to another impossible-to-reach-in-two green. Think roller coaster and you have a pretty good idea.

Gary, our best player, shot something in the mid- to high 70s the rest of us . well, suffice to say none of us felt we didn't get our money's worth (especially since Gary had a winner's prize that paid all our fees). The two-hour drive back to Columbia was filled with tales of woe and congratulations for good shots.

Best of all, a "Links on the Lake" package includes rounds at Hickory Knob, Tara and its sister Monticello course, plus two nights' accommodations.


A Round and a Round: A Cape and Islands Golf Vacation

Golf buddy trips are musts on bucket lists for many lovers of the small ball. Dreams of a getaway junket to Pebble Beach on California’s Monterey Coast or a vacation to the roots of the game in the British Isles would quench the thirst of anyone who lives to grip it and rip it. However, you need not travel far for terrific places to tee it up. From the bridges of the Upper Cape to the National Seashore on the Outer Cape, Cape Cod and the islands is a worthy golfing destination.

There are nearly three dozen public courses offering a variety of challenges. The area is rich in history, from one of the nation’s oldest courses to some of the most exclusive private clubs. President John F. Kennedy called Hyannis Port home. Presidents Bill Clinton and Barack Obama played on Martha’s Vineyard during summer vacations.

As a public service to visitors and year-rounders alike, we’re offering a vacation week sampler: Seven courses in seven days, highlighting locations across the Cape and islands. A word of advice: Make tee times in advance and check out the courses online.

So let’s play with this thought from the great golf ambassador Arnold Palmer: “What other people may find in poetry or art museums, I find in the flight of a good drive.”


ビデオを見る: ゴルフ仲間を撮ってみました  (1月 2022).